スポンサーリンク

佐久間宣行とハナコ『有吉の壁』を語る

佐久間宣行とハナコ『有吉の壁』を語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

ハナコのお三方が2021年10月20日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間宣行さんと『有吉の壁』について話していました。

(佐久間宣行)じゃあ『有吉の壁』みたいなさ……俺、『有吉の壁』ってやっぱり革命だと思ってるのは、あれってさ、コント師がコント師の能力のままバラエティに出るっていう番組じゃん? 俺、あれが近年でやっぱり一番羨ましかったもんね。見た時にね。

『有吉の壁』の革命

(秋山寛貴)なかったですよね。得意技のまま行けるっていう。

(佐久間宣行)得意技のまま行けるバラエティってなかったじゃん?

(岡部大)たしかに。漫才師はやっぱりニンで行って。

(佐久間宣行)ニンで行けるから。だから、それはずっと悩みだったわけ。俺も。1回、ニンにコント師を落とさなきゃ平場でやれないっていうので。「それは時間がかかるな」と思っていて。「だから、そういうのが得意な人たちってどうしたらバラエティで活躍できるのかな?」と思っていて。『ゴットタン』の場合はコント企画とかを用意するっていう。

(秋山寛貴)わかります。めちゃくちゃありますよね。すごいありがたいです。

(佐久間宣行)コント企画を作るようにしたんだけど……まあ、コント企画のふりをしないコント企画ね。「○○王」とかってやったんだけど。それを短いスパンでボケとしてやるっていうのはあれ、発明だよね。あれはだから、コント師にとってすごい助かるっていうか。特別な番組でしょう?

(秋山寛貴)そうですね。本当にその得意なことで戦えるっていうのはなかなか他にないですね。

(佐久間宣行)しかも勝負できるんだよね? たくさんあるから。別に滑ってもね、大丈夫だから。だからあれでさ、めちゃくちゃ面白い先輩方ってたくさんいるもんね?

(岡部大)いや、しびれますね。毎回……。

(秋山寛貴)やっぱりその、刺激し合える場所がなかなかないんで。ああいうのって。上の世代の方とか、下の世代とか。あれ、貴重ですね。

コント師同士が刺激しあえる場

(佐久間宣行)なんだっけ? 4時集合とかなんでしょう?

(秋山寛貴)そうですね。5時とか……1回、入り時間早すぎて、ロケバスを降りって楽屋まで行く道が暗すぎて。みんな懐中電灯で道を照らして……。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(菊田竜大)スタッフさんが待っていてくれるんだよね。

(秋山寛貴)「次の光を目指してください!」とか言われて。その次の光を目指してあるいたら、また次の光、また次の光……って(笑)。

(岡部大)よみうりランドでね(笑)。

(佐久間宣行)おもしれえなー(笑)。

(秋山寛貴)そしたら、最後に入り口の光が見えて、そこに入って……みたいな。

(佐久間宣行)あのさ、『有吉の壁』のADでさ、タケウチっていう女の子がいるんだけど。若いディレクターかな? 女性ディレクターで。それが『東京03とスタア』もやってるんだけど。なんか、そいつがちょっと異常でさ。コント……とにかくお笑いが大好きで。『有吉の壁』の壁ラジオとかやってディレクターさんで。メガネの。

で、勝手に『東京03とスタア』のステッカーを自腹で作って、配ったりしているのね。で、この間、急にそのメイキングのディレクターだったんだけど。「ちょっと飯塚さん……昨日の『壁』の収録でエキストラとして他の芸人さんと絡んで私、演技を褒められたんで」「ああ、そうなんだ」「1回、見てもらっていいですか?」っつって(笑)。

(秋山寛貴)ええっ、演技を?

(佐久間宣行)演技を(笑)。で、飯塚さんも「あ、ああ……」って(笑)。で、見たら結構上手かったから「そのままで大丈夫」って(笑)。どういう塾をやっているんだか、よくわかんないんだけども(笑)。

(秋山寛貴)すごいなー。プレイヤーの気持ちも学ぼうっていう(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました