スポンサーリンク

麒麟・川島と佐久間宣行 ワイドショーのコメンテーター仕事を語る

麒麟・川島と佐久間宣行 ワイドショーのコメンテーター仕事を語る佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

麒麟・川島さんが2020年12月16日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間宣行さんとワイドショーのコメンテーターの仕事について話していました。

(佐久間宣行)続いての企画メールです。「生放送中のワイドショーにリモートで出演中、下半身を巨大アナコンダに飲み込まれても的確なコメントができるかを検証する常に冷静な川島にしかできない企画。『顔はZOOM、体は蛇の中のコメンテーター』」。フハハハハハハハハッ!

(川島明)フフフ、このタイトル、邦画でしょう(笑)。

(佐久間宣行)ヤバい邦画ですよね(笑)。

(川島明)『蛇の中のコメンテーター』って(笑)。いいですね。

(佐久間宣行)でも、こんな現場で……こんな荒れた場所でもコメンテーターしなきゃいけないんだとか、中継をやらなきゃいけないんだって仕事もやってきたでしょう?

(川島明)全然やってます。いや、それはだって『グッディ!』とやらせてもらってる時は「なんでお前、アメフトのタックル問題でそんな怒ってるんだ? お前、運動神経ゼロのくせに!」みたいな。それで「許せないですよ」みたいなのを言うてるのもやっぱりおかしいですもん(笑)。やっぱり。だから辞めさせてもらったんですよ。

(佐久間宣行)そうですね。言ってましたもんね。

(川島明)そんな、偉そうに。いや、政治家の話かもしてましたけど。逆にでも、そういうことですもんね。

(佐久間宣行)川島さん、なんか根っこの部分で気づいちゃったんだって。「あれ? 俺、どうでもいいかもしれない」っていう(笑)。「どうでもいいと思っていることにコメントをしちゃいけないな」っていう。

(川島明)いや、ホンマにこれはそうなんですけど。やっぱり今、仕事で楽しくやらせてもらっているのはなんか、うん。禅問答みたいなんですけど。楽しいからなんですよね。だから自分が楽しいと思えるところに自分を置かないと、脳が回らないんですよ。だからもう本当、『グッディ!』の時とか全く頭が変わってないんですね。自分が向いてなさすぎてね。

『グッディ!』は頭が回っていなかった

(佐久間宣行)『グッディ!』からゴッドタンに来た時、ハードな企画の時に「そっか、佐久間さん。これもうあと10分ぐらい、考える時間もらっていいですか? 1回、切り替えます」みたいな……(笑)。

(川島明)スイッチがちょっと、チューニングが合ってなくて。

(佐久間宣行)チューニングが合ってなさすぎて(笑)。

(川島明)それはだって、安藤優子さんからおぎやはぎに変わるわけですよ? それはチューニング、合わなかったですよ。だから僕はワイドショーは向いてないんです。

(佐久間宣行)そうですね。あれはだから、あれがどうっていうよりは、あれに向いてる人と向いていない人がいるっていうことですね。

(川島明)そう。僕はダメだったというね。

(佐久間宣行)小木さんぐらいね、なんでもいい人だったらなんでも言いますからね。

(川島明)でもそれも、この間の佐久間さんのイベントで「実は傷ついている」っていうことをカミングアウトしていましたもんね。

実は傷ついているおぎやはぎ・小木

(佐久間宣行)小木さん、カミングアウトしてる。最近、イベントを川島さんとか小木さんとやった時、「今年の反省をシャワーに乗せて言う」みたいなのがあって。小木さんが「ああーっ、またバイキングで言い過ぎちゃったな!」って(笑)。

(川島明)フハハハハハハハハッ! やっぱり本心じゃないところで。「相手が求めているんじゃないか?」みたいな感じのサービスで言ったら叩かれちゃうみたいな。結構傷付いたというね。

(佐久間宣行)その時もちょっとだけ言ったんだけど。俺、バイキングの後で小木さんと打ち合わせに行こうと思ってフジテレビに行ったのよ。そしたらね、バイキングのスタジオから出てきて自分の楽屋まで行く間に、若いマネージャーに「小木さん、なんであんなこと言ったんですか?」って怒られながら、しょげて楽屋に入る小木さんを見たことがあるよ(笑)。

(川島明)ハタチぐらいの女性に怒られながら(笑)。

(佐久間宣行)ハタチぐらいの女性に(笑)。「小木さん、あそこは常識ないですよ」って(笑)。「ごめんごめん! ごめんって!」っつって楽屋に入っていくっていう(笑)。反省しながら(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました