スポンサーリンク

磯山晶と宮藤官九郎『木更津キャッツアイ』の思い出を語る

磯山晶と宮藤官九郎『木更津キャッツアイ』の思い出を語る 宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど
スポンサーリンク

磯山晶さんが2021年8月13日放送のTBSラジオ『宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど』に出演。宮藤官九郎さんと『木更津キャッツアイ』の視聴率の話などをしていました。

(宮藤官九郎)あと、「視聴率のお話も」って書いてあるんですけど。

(磯山晶)したいですか? 視聴率の話を。

(宮藤官九郎)まあ一応軽くしておくと……どうですか? 最近は。

(磯山晶)最近は視聴率がいろいろ分かれていて。オールと世帯とコア。で、何で語るかが分かりづらいですから……。

(宮藤官九郎)気休めにはなりますよね。「コアが結構いいんです」とか言われると。

(磯山晶)そうですね。なんか視聴率の話は昔ほど……。

(宮藤官九郎)熱くなれない?

(磯山晶)うん(笑)。もう、通り過ぎてしまう。

(宮藤官九郎)通り過ぎた問題?

(磯山晶)あんなにヒリヒリして。泣いてたのに。数字が出た時に。

(宮藤官九郎)泣いてらっしゃいましたよね(笑)。

(磯山晶)毎週、泣いてて。「視聴率さえなければ、なんて楽しい仕事なんだろう」と思ってた。

(宮藤官九郎)それは、どれぐらいまでですか? 『ごめんね青春!』までですか?

(磯山晶)そうですね。

(宮藤官九郎)『ごめんね青春!』ぐらいまでは、そうでしたよね。

(磯山晶)はい。泣いてましたね。でも一番泣いたのは、やっぱり『木更津キャッツアイ』だと思います。リアルに泣いていたのは。

(宮藤官九郎)『木更津』ってでも1話は……あれって2話ですごい下がったんでしたっけ?

『木更津キャッツアイ』と視聴率

(磯山晶)そうですね。でもすごい覚えているのはとにかく木更津の駅前で電話で聞いて。宮藤さんが撮る氣志團の回の1個前の6話。『さよなら小津先輩』。それですごい下がって本当に泣いていたら、ディレクターの片山さんが駅前でパンを買ってくれて。私に。「これを食え」って。で、その日の夜、氣志團のライブの撮影があって。で、宮藤さんが来るから、「この数字を言うべきか?」っていうので。でも、テンションは絶対下がるし。「どうしよう、どうしよう?」って。

(宮藤官九郎)そうでしたっけ。『さよなら小津先輩』って、金子さんでしたっけ? 撮ったのは。

(磯山晶)そうです。で、金子さんもたぶん1人では家にいられなくなって。そのライブに来たんです。「僕、1人じゃ数字を抱えきれません!」って。

(宮藤官九郎)それ、覚えている。現場、関係ないのに現場に来ましたよね。横浜でしたっけ?

(磯山晶)横浜のライブハウスで。すごいその日のこと、覚えていて。朝からずっと木更津で撮っていて、横浜でライブのシーンを撮って、夜中までかかって。夜中の2時ぐらいに加藤鷹さんが……。

(宮藤官九郎)ああ、覚えてる! 加藤鷹さんが来て、すごい加藤鷹さんがいい調子でしゃべって。もうクタクタだし、身も心もボロボロだったから。「ちょっと加藤鷹、うるせえな」って(笑)。

(磯山晶)すごくテンションを上げてくださったのに(笑)。

ボロボロの中、加藤鷹さん登場

(宮藤官九郎)向こうは向こうで気を遣って。いつもの感じで求められている加藤鷹を演じているのに、こっちの調子があまりにも悪くて。申し訳なかったですね。あの時。

(磯山晶)申し訳なかった。その日のことは忘れられない。あの日が私と視聴率っていう日でした。

(宮藤官九郎)ああ、そうですか。へー! 「暗い話ばかりになってきたんで」って台本に書いてあるんで、その通りに言いますが(笑)。暗い話ばかりになってきたんで、ちょっと話題を変えましょう(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました