スポンサーリンク

THE ALFEE・高見沢俊彦と宮藤官九郎 特注ギターを語る

THE ALFEE・高見沢俊彦と宮藤官九郎 特注ギターを語る 宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど
スポンサーリンク

THE ALFEE・高見沢俊彦さんが2021年4月16日放送のTBSラジオ『宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど』に出演。宮藤官九郎さんと特注ギターについて話していました。

(宮藤官九郎)高見沢さん自体はもう最初からエレキだったんですか?

(高見沢俊彦)僕はエレキですよ。このグループに入った時にはアコースティックを弾きましたけどね。

(宮藤官九郎)最初に誰に憧れてエレキギターを?

(高見沢俊彦)やっぱり最初はね、ベンチャーズとか。あとね、加山雄三さんとか。やはりそのへんが小学校の時に身近で。その後はビートルズが小学校6年の時に来日したし。それからGSですよ。グループサウンズ。

(宮藤官九郎)全部ですね。そうすると。

(高見沢俊彦)グループサウンズはハマりましたね。小学生から。そして、最終的には高校1年の時にツェッペリンが来日して。見に行っちゃって。そこからもうストラップを長くして。弾けないのにこっちで弾いて……(笑)。

(宮藤官九郎)ハードロックで。

(高見沢俊彦)だからハードロックに行きましたね。

(宮藤官九郎)そこからでも、もうちょっと優しい音楽じゃなきゃっていう感じで。日本はまだその時、フォークが全盛で?

(高見沢俊彦)そうですね。フォーク全盛時代だったですね。だから僕はその、高校時代にフォーク全盛の時を通ってなかったんですよ。あんまり聞いてなかった。知ってはいたよ? 知ってはいたけど、ちゃんと聞いてなかったんですよ。で、坂崎に会って「こういうのを聞いてみろよ。これも……」って教えられて、ちょっとフォークの良さも知ったかなというか。

(宮藤官九郎)ああ、そうなんだ。僕がだからギターに興味持ち始めた時、高見沢さんがフライングVを持ってましたけどね。

(高見沢俊彦)ああ、フライングVね。

(宮藤官九郎)マイケル・シェンカーみたいな。持ってましたよね?

(高見沢俊彦)そうそう。持ってた、持ってた。Vがちょっと、なんか威嚇するにはいいかなと思ってね。

(宮藤官九郎)ちょっと、そうですね。攻撃的に(笑)。

(高見沢俊彦)攻撃的に見えるじゃない? なんかそういう、見た目でごまかそうと思って。

(宮藤官九郎)そうですね。首のところをこうやって押さえたりね。

(高見沢俊彦)もう拙いテクニックを見た目でごまかすギタリストっていう感じでね。

(宮藤官九郎)その後、最近はあれですか?

(高見沢俊彦)もう、大変なことになっちゃったね。

(宮藤官九郎)今、何本ぐらい所有しているんですか?

(高見沢俊彦)今、もう550を超えてるよ。全部で(笑)。

(宮藤官九郎)俺、初めて会った時、300ぐらいで。「1日1本弾いても1年かかりますね」みたいに言っていたのが……今はもう500?(笑)。

(高見沢俊彦)もう500で打ち止めにしようと思ったんだけど。バンドの40周年で。でも、この7人でまた50本、増えちゃったね。

(宮藤官九郎)それは作ってるんですか?

(高見沢俊彦)作ってるのと、買っているのもあるね(笑)。

(宮藤官九郎)ああ、やっぱりそうなんですね。

(高見沢俊彦)そうそう。作ってますね。

(宮藤官九郎)『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』っていう映画をやった時に……。

(高見沢俊彦)ああ、僕、見ましたよ。地獄に行くやつでしょう?

(宮藤官九郎)あれの時に鬼ギターを「これは高見沢さんのところで作らなきゃダメだ」って言われて。あれ、所沢のESPの工房に行って。エンジェルを作っている方に……こんな感じで、神社みたいなギターなんですけど。蛇が絡み付いていて、鬼の顔になっているあの鬼ギターを作ってもらったんですけども。

(高見沢俊彦)なるほど。

(宮藤官九郎)だから、やっぱりノウハウがあるんですね。

(高見沢俊彦)ありますよ。だってESPを育てたのは俺だからね。

(宮藤官九郎)「ESPを育てた」?

「ESPを育てたのは俺」(高見沢俊彦)

(高見沢俊彦)育てたよ。だって最初「こういうの、作って」って言ったら「うちはギター屋ですけど?」って言われて。難色を示していたもん。最初。そのうちもう平気になってきたけどね。

(宮藤官九郎)「エンジェルを作ったことあるから、大丈夫だよ」って言ってましたよ。話が早かったですよ(笑)。

(高見沢俊彦)ああ、本当に? 早かった?

(宮藤官九郎)「ああ、もうエンジェルで慣れていますから」「ケースはどれぐらいのやつを?」「ああ、ケース。これ、ありますよ」って。もう普通ないだろう?っていうぐらいでっかいケース! もう見たことない、畳1枚じゃ足りないですよね?

(高見沢俊彦)足りないですよ。

(宮藤官九郎)すっごいデカいギターのケースで。「これ、エンジェルのやつ。エンジェルもこれに入れてますから、大丈夫ですよ」っつって。「ああ、やっぱりそうなんだ」って思いましたね。

(高見沢俊彦)まあ、そうですね。ギターはかなりね、いろんなものを作ってきたね! ウルトラセブンとかね。

(宮藤官九郎)ウルトラセブン?

(高見沢俊彦)セブンのギター、あるよ。アイスラッガーが取れるやつ。ここに。

(宮藤官九郎)ウルトラセブンの形をしているんですか?

(高見沢俊彦)セブンの色を使った……赤と銀。シルバーと、それのVの感じ。

ウルトラセブンギター

(高見沢俊彦)あとは、シン・ゴジラとかね。

(宮藤官九郎)フハハハハハハハハッ!

(高見沢俊彦)シン・ゴジラはシン・ゴジラだけどね。光るやつとかね。

(宮藤官九郎)へー! それ、使っているんですか?

(高見沢俊彦)使っていますよ。まあ、でもそういうのを弾くとやっぱりみんな、喜ぶからね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました