スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮藤官九郎 M-1グランプリ2019・ぺこぱを語る

宮藤官九郎 M-1グランプリ2019・ぺこぱを語る ACTION
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宮藤官九郎さんがTBSラジオ『ACTION』の中でM-1グランプリ2019のぺこぱについて話していました。

(宮藤官九郎)昨日のM-1は俺、全部見れていないんですよ。ただ、うちの家族は完全にぺこぱさんを推していて。で、帰った後に「どっちが勝ったと思う?」って言われて、両方を見せられて。で、俺もぺこぱが勝ったと思って。「いや、違うんだよ。ミルクボーイなんだよ」とかって言っていて。で、何回もそのネタを繰り返し繰り返し見て。ほら、「ナス」って言われて……「ナスって言われても否定できない色合い」っていう。あれ、新しいですよね?

(幸坂理加)新しい。ボケ突っ込まないスタイルですよね。

(宮藤官九郎)そうそう。今日、ずーっと午前中にそれを繰り返し見ていました。俺、ミルクボーイも面白かったからどっちでもよかったんですけどね。

(幸坂理加)かまいたちさんも面白かったですよね。

(宮藤官九郎)面白かったですよね。うん。でも、あれはたしかに「漫才はボケて突っ込む」っていうフォーマットがありきで、それをやらないというネタだから。たしかに大賞ではなかったかもしれないですけども。そう考えると、オードリーが実は大賞を取っていないじゃないですか。

(幸坂理加)そうですね。

漫才の枠組みを壊す笑い

(宮藤官九郎)漫才の枠組みを壊しちゃっているから。それを笑うという構造自体をひっくり返した笑いだから。たぶんその漫才のM-1では勝てなかったのかなっていう。それを、言ってもしょうがないのに子供に言いました(笑)。

(幸坂理加)アハハハハハハハハッ!

(宮藤官九郎)「じゃない?」って(笑)。

(幸坂理加)なんか木更津キャッツアイの猫田さんに似てませんでした? ぺこぱの……。

(宮藤官九郎)どっちですか?

(幸坂理加)ぺこぱの紫のスーツの方。

(宮藤官九郎)ああ、わかりました。阿部くんにそう言っておきます(笑)。やると思いますよ。頭をこういう……ヘタみたいなの。言えばやると思いますよ(笑)。

(幸坂理加)フフフ(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ACTION
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました