スポンサーリンク

R-指定 ANARCHY『Lisa』を語る

R-指定 ANARCHY『Lisa』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

ANARCHYさんが2021年8月10日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でANARCHY『Lisa』を紹介していました。

(R-指定)じゃあ、ちょっと曲に。だいぶ遅くなってしまって。本当はもっと早くこの曲を紹介したかったんですけども。出た時ぐらいとかに。それぐらい、なんか何週か曲が紹介できなかったじゃないですか。これ、紹介したかったやつで、もうアルバムごとなんですけども。ANARCHYさんの『NOISE CANCEL』というアルバムが非常に……。

(DJ松永)アルバム、めちゃくちゃよかったね。

(R-指定)めっちゃよくて! もう前作がいろんな人をフィーチャリングっていうANARCHYさんの作品やったんですけども、そこからまたガラリと、今度はワンマイク。ANARCHYさんだけでこの9曲入りの『NOISE CANCEL』という……しかも、非常にミニマムな作りなんですけども、ANARCHYさんの魅力が最大に爆発しているアルバムというか。

ANARCHY『NOISE CANCEL』

(DJ松永)わかる。もう本当に、なんすかね? もちろん、進化していて。新しいところもガンガン見せてもらえたけども。ANARCHYさんが好きな人も大満足みたいな感じだよね。

(R-指定)俺はこの、もちろん今の音像で作ってはるんやけども。やっぱりメロディーが……今回のアルバムってメロディーの曲とかが多いんですけども。やっぱりANARCHYさんイズムのメロディーセンスが爆発しているというか。で、それがね、なんか今のエフェクトをかけているメロディーもかっこいいんやけども、そうじゃない生々しさのあるANARCHYさんの……ラッパーの歌っていうか。ラッパーのメロディー。ラッパーの歌う歌っていう感じの魅力が爆発していて。もちろん、リリックのところとかも最高のところが多いんですけども。まあ、その中でもいろんな、そういうANARCHYさんイズムが爆発している曲が続いて、最後の9曲目。

どんな曲が来るのかな?って思ったら、まあMVにもなっているんですけども。『Lisa』っていう曲。この曲はちょっと、めちゃくちゃ……なんていうんですかね? もうANARCHYさんほどではないですけども。俺らもそれこそ、いろんなことを歩んできて、今回自分たちの『Case』っていうアルバムを作ったじゃないですか。で、やっぱりラッパーが1回、自分のラッパーの人生を振り返るっていう曲はいっぱいあるんですけども。この『Lisa』っていうのはANARCHYさんの振り返り方として「あ、めっちゃANARCHYさんっぽいな!」って思いつつも、その端々に共感するところもありまして。まずはこの曲を聞いてもらいましょうか。ANARCHYで『Lisa』。

ANARCHY『Lisa』

(R-指定)この、いろんな成功をANARCHYさんは歌うんですけども。ここに来て、このタイミングでこの曲で……で、これってある程度、キャリア。脂が乗ってきたラッパーやったら誰でも感じることというか。「僕は間違っていたのかな 答えはまだ見つからないまま」っていうフレーズとかもあったりするんですけども。俺もやっぱりアルバム製作中に確実にそのフェイズに入っていたところ、松永さんも見ていたじゃないですか。だからすごい、共感もしたし。逆に勇気づけられもしたっすね。ANARCHYさんでもこんな風に思うんやって。

(DJ松永)そうだね。

(R-指定)いやー、アルバム全体としてめちゃくちゃ素晴らしいんで、ぜひ聞いてください。ANARCHYさんで『Lisa』でした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました