スポンサーリンク

DJ松永 東京五輪・閉会式パフォーマンスを振り返る

菅田将暉 DJ松永の東京五輪・閉会式出演を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

DJ松永さんが2021年8月10日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で出演した東京オリンピック閉会式でのDJルーティンを振り返っていました。

(R-指定)どうやったんですか、閉会式? もう1回、説明しますけど。この俺の目の前にいるDJ松永が東京オリンピックの閉会式に出演したということでね。

(DJ松永)はい。がっつりDJルーティンを披露しました。スクラッチ、こすり上げましたよ。閉会式で。

(R-指定)家で見てましたよ。

(DJ松永)ああ、あなた、家で? びっくりした?

(R-指定)びっくりした。俺も……もうすごかったんやから。ブルーハーブの貴重映像。

(DJ松永)どういうこと?

(R-指定)やってたんよ。ブルーハーブが24時間生配信。その日に。

(DJ松永)24時間生配信!? ブルーハーブが? 乃木坂46みたいなことをするね、ブルーハーブ(笑)。

(R-指定)いや、それもめちゃくちゃおもろかったけど、ちょっと閉会式を見ようと思ってつけたらお前が出てきたから……「なにしてんねん、こいつ?」って(笑)。

(DJ松永)びっくりした? こすり上げてたでしょう? 知っている人間が国立競技場の真ん中でこすり上げてたでしょう?

(R-指定)めっちゃ変な気持ちやった。でも……まあ、こっちとしてはちょっと、なんというか安心しました。オールナイトチーム一同は。

(DJ松永)どういうこと? チーム全体が?

(R-指定)いや、先週の放送ね、松永さん後半、めっちゃ変なことになってたから。

(DJ松永)ちょっと記憶にないというか。

(R-指定)通りでおかしいと思った。先週、なんか松永さん、後半ぐらいからなんか変な感じになっていて。で、放送が終わってから結構スタッフのみんな、口をそろえて「あれ? 松永さん、どうしたんすか?」「どうした? なんかあったんかな?」って。ミクチャ担当してる人も、営業担当している人みんな、「えっ、松永さん、どうかしましたか?」みたいな。ちょっとザワザワとなっていたらしいのよ。

(DJ松永)ちょっと待って。俺、先週帰った後に陰口言われていたの?(笑)。それでみんな、仲良くなっていた?

(R-指定)らしいよ。

(DJ松永)マジで? 絆が生まれた? 「うんうん」じゃねえよ!(笑)。

様子がおかしかったDJ松永

(R-指定)だから、どこが原因やったんやろう? どこから変な感じになったんやろうみたいにみんな、放送を聞き返したんやけど。「うーん……」ってなっていたんやけど、そのオールナイトスタッフ一同、日曜日にテレビをつけて「ああーっ! これ! これか! これで不安定やったんか。そら、しゃあない! しゃあない、しゃあない」って安心したっていう。

(DJ松永)まあ、安心したんならいいよ。腑に落ちないけど、安心したならいいよ。陰口言われていたっていうのは俺、忘れないと思うけど(笑)。この先の人生も忘れないと思うけど。

(R-指定)いや、陰口っていうか、心配。みんな心配してたらしいのよ。心配してたらしいけど、日曜にテレビをつけたら「ああ、そんなにデカいのを抱えていたんや」って。

(DJ松永)まあ、そうだね。あれ、言っちゃダメだからね。マジで秘密にしていたから。Rさんにも言わなかったし。(作家の)福田さんにも誰にも言わなかった。

(R-指定)それ、どんな気持ち? まず、どこから……オファーが来た時、どうやった? 聞いた時。

(DJ松永)意味不明です。(マネージャー)森さんに言われて「日本語、しゃべれ」って思ったもんね。解読不能で。「○×△※△○……」って。「えっ、宇宙語? 怖っ!」って思って。森さんが言語じゃないのを……「頭、痛っ!」って思って。意味がわからなすぎて。「うーん! 森さん、疲れてるのかな?」って思った。

(R-指定)「オリンピック、出る?」みたいに言われたってことですよね。

(DJ松永)「うーん、疲れた……いや、出る、出る」みたいな。もう、わけがわからなすぎて。意味不明すぎて。

(R-指定)事が大き過ぎるともう目を逸らすからな。人間って。で、そこからさ、どんな感じの心境というか、メンタルで過ごしたの? その「出ます」ってなって。でも、もう誰にも言われへんみたいな。で、緊張も当然……。

(DJ松永)いや、でもそれより、そんなんよりもルーティン作んなきゃいけないから。そっちで忙しかったわ。

(R-指定)ああ、あそこで披露してたあのルーティンね。

(DJ松永)その、新しいルーティンを。作りおろしというか。しないといけなかったので。

(R-指定)そうそう。あれ、聞いたことなかったから。

(DJ松永)そうそう。あれ、既発曲では作れないネタだったから、オリジナルの曲で。あれも自分で作ったトラックで自分でルーティンを作るみたいな。で、あれはRさんにも送ってますからね?

(R-指定)アルバム制作時に?

(DJ松永)そう。デモトラックを30曲、ボーン! みたいなのを送りつけた時、あったじゃない? あの中の1曲、デモトラック。仮タイトルは伏せるけども。なんて言ったらいいんだろう?

(R-指定)俺がデモで結構、都会感あるけど疾走感ある感じでもラップを乗せられるな、みたいな感じで乗せて返したやつ?

(DJ松永)そうそう。あれあれ。

(R-指定)ああ、あれか!

(DJ松永)そうなのよ。あれでルーティンを作って。あんまり、なかなかタイトなスケジュールだったからさ。ルーティンって作るの、めっちゃ時間がかかるからさ。それで精一杯で、緊張とかそういうのをする暇はなかったわ。

(R-指定)まずはそれを作り上げなあかんっていうプレッシャーと。

(DJ松永)あとはあんまり現実感ないから、緊張もしなかったね。もはやね。

(R-指定)それは当日も?

(DJ松永)当日も、そうだね。当日はさすがに本番前は緊張しなかったんだけど、本番始まったら緊張したわ。

(R-指定)まあまあ、そうやろうな。

(DJ松永)バーン!ってルーティンが終わった後、ちょっとプルプルしてた。

(R-指定)めちゃくちゃ、だっておいしいところ。すごいところで出てたやん。すごいタイミングで。

(DJ松永)いや、すごいタイミングで出させてもらったね。そう。で、スカパラの演奏の後ろでスクラッチした後に、ソロでルーティンをして。

(R-指定)そう。だから演奏の……。

(DJ松永)最初、スクラッチで出てきたでしょう?

(R-指定)で、なんとなくその、いろんな曲を演奏してましたけど。ちょっとなんかビート感が全体に流れてたから。なんかそれも「まあ、令和やし。世界の音楽としてこのヒップホップが浸透っていうのもあるから、ちょっとその感覚も……」とか思ってたら、満を持してみたいな感じでドーン!って松永さんが出てきて。で、なんかアナウンサーさんが「若者に大変人気のグループ、Creepy NutsのDJ松永さんのルーティン披露となります」みたいな感じで説明されてたからさ。「うわっ、松永やん」って。

(DJ松永)びっくりした?

(R-指定)びっくりした。まあ、でも「言えよ」っていうのも変やもんな? でも、見ながら「言えよ」とは思った。「言えや!」って。言われへんとは思うけども。

(DJ松永)難しいよ? 俺も本当に言わずにきたもん。さすがに、マジで大事だから。そればっかりはちゃんと言わなかった。

難しかったオリンピック関連トーク

(R-指定)だから、あれよ。2週間前の放送の時にオリンピックの話をして。バスケのスリーオンスリーで言うたらDJが曲を流したりしてるから。「松永、出代あるんちゃうん? お前、世界一やねんから。スリーオンスリーのところで『じゃあ、日本からも……』って。でも、お前、あれか? 出たがりやからそんな選手とかじゃなくて『我が、我が!』になっちゃうからあかんか?」って言っていたのに、ホンマに選手を押しのけてやってるやん、お前(笑)。一番我が、我がのところでやらせてもらってたやん?

(DJ松永)選手の中心でやっていました。真ん中。選手、見ていたわ。みんな。本当にあの時、難しかったわ。

(R-指定)あの時、スタンス難しかったやろ? 「出れるんちゃう?」とか言われた時。

(DJ松永)「そうだな。出れるな!」とも行けないし……「おう、俺を出せや!」とは言えないし。

(R-指定)それで触れすぎへんのも変やしな。

(DJ松永)「いや、まあまあまあ……」って。

(R-指定)「じゃあ、ヒップホップニュースに行きましょう」「いやいや、どうした、どうした?」って。「お前、出るの?」ともなるし。

(DJ松永)難しかった。怖かった、俺。「早く次の話題に行ってくれ」ってすごい思った。嫌だった、あれ。難しいよ、ああいうの。

(R-指定)ムズいよな。だからあそこでボロが出てもあかんもんな。

(DJ松永)本当だよ。まあ、あそこですかしてしまったら「えっ? お前、出るの?」ってなるから。

(R-指定)「えっ、なんかおかしいな? 歯切れ悪いな。お前、なんか隠してる?」ってなるから。お前、決まってからずっと人狼やってたん? そんぐらいの心理戦、やっていたっていうことやろ? 言っちゃダメやし。でも、触れすぎないことで変に勘ぐらしてもダメみたいな。めっちゃムズない? その松永の……。

(DJ松永)まあ、そうだね。でもなんか、さっき福田さんとしゃべったら「たしかになんか松永、例年と比べてオリンピックの話、弾んでいたんだよ」って言われたけどね。

(R-指定)それは俺も後から思い返したら、あった。なんか普通にちらっとオリンピックの話題が出ただけやのに、なんか松永さんから「いやー」って。なんかすごい選手側の気持ちも考えた発言みたいなのが……素の、平場の松永からは出てこないような思いやりにあふれた。

(DJ松永)それはおかしい! お前、それはおかしい! 平場の松永って……出るよ。平場の松永から。

(R-指定)いや、競技も結構見てたし。だから「あれ? こいつ、こんな興味あったっけ?」みたいな。結果とかも結構知っていて。「どの選手がどうなった」とか。「どこどこの選手もこうで」みたいな話がぽんぽん出てくるから。「あれ?」って。興味あるのか、それかやっぱりこの年齢やから。そういう話題に対して「いや、知らんねん」では恥ずかしいってことで、大人として成長したのか。「俺も頑張って追いつかなきゃな」と思っていたら……当事者やってんな。

(DJ松永)俺のことを言っていたね、あれ。自分のこと。当事者だから。自分の話をしていたのよ。ごめんね。

(R-指定)自分の話……お前、オリンピアンっていうこと? オリンピアンなの?

(DJ松永)どうも、オリンピアンです。こんちはー。

(R-指定)オリンピアン? 椅子から足、下げろ!

(DJ松永)こんちはー(笑)。

(R-指定)そんなやつ、オリンピアンにおらんで。いや、すごいよ。ホンマに。

(DJ松永)金メダルなんで。すいません。

(R-指定)うーん……まあ、否定し難いな。

(DJ松永)それがな、怖いな(笑)。否定できないだろう? そうだろう? そうなのよ。こればっかりはな。

(R-指定)こいつ、なんやねん?(笑)。

(DJ松永)Rさん? これ、そうなのよ。すみませんね(笑)。

(R-指定)まあ、そうやけおdも。本番中とか、どうやったんですか?

(DJ松永)でも俺、ルーティンってさ、初おろしで絶対にミスるのよ。ルーティンなんて成功率低いからさ。めちゃくちゃ練習して……。

(R-指定)しかも短期間で作って。

楽屋にDJブースを設置して直前まで練習

(DJ松永)まあ、普通からしたら時間をかけたんだけども。ルーティンを作る期間としては短いっていうことね。だからね、結構そこの不安がめちゃくちゃあったから。もう前日とかに俺、急遽無理言ってさ、森さんとかミヤハラさんにさ、「すいません」っつって。普通の楽屋に「すいません、楽屋にDJブース、作ってくれませんか?」って言って。それで用意してもらって。当日、持ってきてくれて。本当にライブで使うようないかついDJブースを普通の楽屋にボンって置いて。ターンテーブルをバーン!ってやって。本当にギリまでずっと練習していたわ。でも、それでバシッとできたからよかったわ。恥ずかしいもん。あんなところでミスったら。

(R-指定)いやいや、まあ、そうやな。

(DJ松永)そこはバシッとやんないと。

(R-指定)ばっちり決まっていたよ、あれ。決まって、それを決めた後ですごい引きで撮られながら、なんかあの広い会場を歩いている……「ああ、歩いてるわ」みたいな。DJブースを離れていって、milletさんの、ねえ。

(DJ松永)すごいでしょう? 俺の後に『愛の讃歌』をmilletさんが歌うわけですよ。もうステージの一番真ん中でドレスを着て歌って。で、段の一番上よ。milletさん。で、milletさんが歌い終わったら白い服を身をまとった王子のような松永が……(笑)。

(R-指定)自分では言わんよ。「王子のような」とは。それは他の人が言うことよ。

(DJ松永)王女様のようなmilletさんを、王子様のような松永が階段をスタスタスタと上がっていって。松永がmilletさんのマイクをスッと預かって。で、王子が……あ、プリンスがね。

(R-指定)プリンス? プリンス松永が? ダサいな……。

(DJ松永)プリンス松永がmilletさんの手を取ってエスコートするんですよ。

(R-指定)エスコート、しとったな。お前。

(DJ松永)パパパパパッって走って。それで一番うしろ、壇上ののところでスッと手を離して。「お先にどうぞ」みたいな。レディファースト的な感じで。

(R-指定)真ん中らへんっていうか。すごいよ。スカパラがいて。

(DJ松永)そう。で、スカパラが最後、一番段の大きいところでスカパラの列の真ん中に俺とmilletさんがこう……それで最後、演奏の中でみんな、いろいろと。みんなの視線を一気に集めるわけですよ。

(R-指定)はけろよ、お前。仕事、終わったんやから。milletさんのマイクを預かる係やろう? お前、仕事終わったんやから、はけろよ!

(DJ松永)違う、違う。それは演出だから。

(R-指定)邪魔やから。映り込んでるわ。わらえ、わらえ!

(DJ松永)黒子じゃないのよ(笑)。「わらえ」って言うなよ。俺、物じゃねえか(笑)。

(R-指定)「おい、松永わらえよ! 松永、そこ出てんぞ?」って。

(DJ松永)「そこ、映ってるから。わらっといて? 片付けといて?」って。

(R-指定)「おい、松永出てるじゃねえか。わらえ、松永、おい!」。

(DJ松永)「松永を片付けろ」って言うなよ?(笑)。

(R-指定)だって実際、なにもできてなかったじゃねえかよ?

(DJ松永)できてる……できてるからっ!

(R-指定)お前、スカパラとmilletさんおって、国のあのど真ん中で照れるなや!

(DJ松永)照れてないわ!

(R-指定)お前、合唱コンクールの時のまんまや、お前! あの時の。お前、中学生の時の合唱コンクールのまんまや!

(DJ松永)マジで? 中学の時の?

(R-指定)もう知らんけど、その時と一緒。はにかみながら、なんか……。

(DJ松永)いや、その演奏……milletさんが『愛の讃歌』を歌った後、最後にスカパラの演奏で締めるんだけども。俺とmilletさん、その演奏を聞きながら、揺れてたりとか、リズム……音に乗っていないといけないんですよ。本当にね、スカパラの演奏。で、milletさんはやっぱり音に乗るのが上手だった。やっぱりフロントマンっていうかさ、シンガーだから。やっぱりこうやって、手を両手で……。

(R-指定)だから自分がマイクを持たずとも、パフォーマンスできるっていう。

(DJ松永)そう。パフォーマンスして。ステージに立つ人としての見せ方がやっぱりできる人だね。歌っていなくても。あれ、俺にはムズいって……。あれ、ムズいよ。DJブース、取り上げないで。俺、DJブースの後ろで調子こいてる職業なんだから(笑)。

(R-指定)お前、そんなこと言うな。悲しい……。そんなこと、ないわ!

(DJ松永)DJブースというかっこいい機械の後ろでかっこつけさせていただいているだけ。あれを取っ払わないでよ。

(R-指定)わかってるんやったら、はけろよ!

(DJ松永)モノ扱い、しないでください!

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)笑わないでください。最後までいさせてくださいよ(笑)。それで難しかったけど、手を振ってました。で、やっぱりオリンピックって俺、手を振るイメージなの。手をよく振るじゃない? だから俺も選手のみんなに手を振った。

(R-指定)でも、そこはDJやからさ。そのジャパニーズの世界一と言われているDJがどんな首の振り方を……そう! それそれそれ! どんなビートの刻み方を……。

(DJ松永)R、ヒップホップビートでもなんでもないから。それで俺、これって……痛いよ? 「オーン、オーン!」って?

(R-指定)松永、全部の音楽で俺が首を振ってるの、知ってるやろ? あれをせえよ!

(DJ松永)俺、あれは変だなって思っているから。この人ね、どんなバンドの演奏も、どんな曲もヒップホップの乗り方でしか乗らないっていう。で、絶対にいいラインがあったらガンフィンガーするっていう。

(R-指定)そうよ。ゴンフィンガー上げて。

(DJ松永)あれ、恥ずかしいからやめて?

(R-指定)お前、milletさんの歌の時も上げてなかったな? 『愛の讃歌』なんかパンチラインまみれなんやから。「ポウポウポウッ!」って。

(DJ松永)milletさんの後ろで「ポウポウポウッ!」って? いや、milletさん、フランス語で歌っているのよ? 俺、わかんないよ。聞いて「おっ、いいラインだな。ポウポウポウッ!」じゃないよ。後ろで「ポウポウポウッ!」ってやった後でエスコートするの、いかれているからな? 「どうぞ……」「いかれてる、怖っ!」ってなるよ。

(R-指定)もう、だからmilletさんの横で手持ち無沙汰なんやったら、もうエアーでやろうよ。エアーでこすればよかったやん?

(DJ松永)最悪だよ、そんなの。クソ最悪だよ。一番ダメだろ、それ?

(R-指定)スカパラの演奏に合わせて、エアーで。

(DJ松永)一番不適切。クソ不適切。それは俺、炎上すると思うわ。マジで。世界のDJが黙ってないと思うよ。「クソフェイクアスDJ!」って。一番ダメ。それはDJをやってないやつがやることだから。でもあの時だけは……本当にRさんに来てほしかったわ。あそこは。

(R-指定)「あの時だけは」っていうか、かけあってくれな。IOCにちゃんと。だって俺、バッハ会長からお題、もらいたかったもん。あの場で。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! いかれてんのか?(笑)。無理だろ、聖徳太子ラップ?

(R-指定)あの場で全員の演奏が終わってシーンってなってから「はい、じゃあいつもね、ライブでお題をもらってみんなでラップするんですけど……」。

(DJ松永)そんなのねえよ! そんなトークパートとか、ねえから! MCとか、ねえから!

R-指定の聖徳太子ラップ案

(R-指定)「これが一番、ラップをわからない人でもね、お題をもらってフリースタイルで。その場でラップにしていこうかなって思います。じゃあ、お題がある人、手を上げてください。あっ、はい。じゃあ、バッハ会長、なんですか? 『オリンピック』ですか? まあ、ベタですけどね。バッハ会長、『オリンピック』って言うしかないよな。はい、じゃあ『オリンピック』。いろんな思い、あったでしょう、バッハ会長。『オリンピック』。他にお題がある人、いますか……? あ、じゃあ小池都知事、お願いします」。

(DJ松永)フフフ、尺くうねえ!

(R-指定)めちゃくちゃくうよ。

(DJ松永)無理だって! そんなのに尺、割けないって。もうとんでもない、てんこ盛りのギチギチでやっているんだから。そんなMCの時間なんかないよ?

(R-指定)それでオリンピックエディションやから。たぶん20ぐらいお題をもらって長々やる。

(DJ松永)しかもお題を取る時間の方が長いしな。

(R-指定)そっちの方が長い。いっぱい映るし。

(DJ松永)ごめん、Rさん。無理です。

(R-指定)なによ? 呼んでや?

(DJ松永)無理です。俺がRさんがほしいなって思ったのは、手持ち無沙汰だったところ。やっぱりRさん、上手なんですよ。ステージ上での自分が歌ってない時の立ち振る舞い。あと、サイドマイクとかやれるから、いいよね。韻をかぶせたりできるから。

(R-指定)だから俺も、もしあの場におったらその『愛の讃歌』の合間で「ドゥルルッ!」とか「フッ!」とか「ヒョッ!」とかやってたよ。

(DJ松永)「ショッ!」とか。俺もやればよかったな。

(R-指定)お前もそれをやればよかったんよ。「スクー、スクー」とか。

(DJ松永)俺、ちょっとmilletさん、マイクジャックすればよかったんだ。

(R-指定)マイクジャックは炎上よ(笑)。

(DJ松永)「貸せよ、おいっ! 俺がっ! Creepy Nuts! 俺、今からライブやっからよ! みんな、聞いてくれっ!」って。それでフリースタイルを始めるっていう(笑)。「オーン! イエッ!」って(笑)。

(R-指定)ヤバいって。しかも、お前のやろ?(笑)。

(DJ松永)俺の(笑)。「聞いてくれっ!」って。でも、そうだね。サイドマイク、よかったかもね。Rが『愛の讃歌』で「ドゥルッ!」って。それで俺が横で「マジで俺の相方、ヤバくないっすか? やっちゃうんすよ、こういうこと。マジで。やばいっす、こいつ。普通じゃないんすよね」って(笑)。

(R-指定)恥ずかしいグループ(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました