スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定 DJ FUMIRATCH『刻一刻 feat.BES&紅桜』を語る

R-指定 DJ FUMIRATCH『刻一刻 feat.BES&紅桜』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でDJ FUMIRATCH『刻一刻 feat.BES&紅桜』を紹介していました。

(DJ松永)じゃあ、Rさんの日本語ラップ紹介コーナーです。

(R-指定)はい。僕はずっとこのコーナーで紅桜さんというラッパーを紹介したいってずっと思っていたんですよ。

(DJ松永)最高ですよね。紅桜さん。

(R-指定)岡山の津山というところが誇るラッパーなんです。で、この紅桜さん何がすごいって、現行のラップのスタイルとも昔から続くラップのスタイルとも全然違う、まあ一聴した感じは演歌とかブルースに聞こえるような歌い方をするんですよ。まあ、早い話がめちゃめちゃ歌うんですよ。でも、その歌い方がいまの洋楽の歌い方とも違う。ホンマに演歌、ブルース……だから演歌とラップをこんだけ融合させたようなスタイルってないんですよ。で、それも岡山の津山ってところで育った環境とかをその歌のブルースに落とし込んでるから、ものすごい響くというか刺さってくるんですけども。

(DJ松永)うんうん。めちゃめちゃ土地柄を感じるよね。

(R-指定)感じる。で、紅桜さんっていうのはこの演歌スタイルやねんけどめちゃくちゃゲットーやったり不良性っていうところを歌うんですけど。それがね、やっぱり強さとか温かさにも変わってるという。なのでこの紅桜さんを紹介したかったんですけど。いろんな名曲があるんですけど、いちばん最近出たあのDJ FUMIRATCHさんという、般若さんとタッグを組んでるDJの方。

(DJ松永)ああ、タカフミ? タカフミのこと言ってんの?

(R-指定)タカフミね。DJ FUMIRATCH。

(DJ松永)お前、タカフミのこと言ってんのか?

(R-指定)またの名をタカフミ(笑)。

Creepy Nuts DJ FUMIRATCHの『ウイニングイレブン』の腕前を語る
Creepy Nutsのお二人がニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で般若さんのDJを務めるDJ FUMIRATCHさんの『ウイニングイレブン』の腕前について話していました。

(DJ松永)フフフ、般若さんは「タカフミ!」とかって言うよね(笑)。

(R-指定)「タカフミ!」って呼ばれているから。FUMIRATCHさん(笑)。

(DJ松永)マネージャーの関根さんにも「タカフミ!」って言われてる(笑)。

(R-指定)そのタカフミが……。

(DJ松永)タカフミな。タカフミ、俺と同い年だから。10代の頃から知っている知り合いですからね。タカフミは。

(R-指定)ねえ。そうですよね。で、そのDJ FUMIRATCHさんが『Exterminator』っていうアルバムを出したんですよ。FUMIRATCHさんのプロデュースアルバム。FUMIRATCHさんがビートを作っていろんなラッパーが客演するっていう。そのアルバムの中でDJ FUMIRATCHさんのビートで何回もこの番組で紹介したBESという天才ラッパー。そのBESさんと紅桜さんがタッグを組んでいる曲があるんですけども。

Exterminator
Exterminator

posted with amazlet at 19.10.31
DJ FUMIRATCH
昭和レコード (2019-10-23)
売り上げランキング: 9,103

(DJ松永)すげえ! 超アツいメンツじゃん! それ、タカフミがビート作ってんの?

(R-指定)そう。

(DJ松永)タカフミ、あちいな!

(R-指定)で、このタカフミのビートも超よくて! で、このビートの引き寄せられるように、いままで演歌的な、ブルース的な紅桜さんの歌い回しがちょっとね、よりキャッチーに消化されて。いままで見たことがない紅桜さんのバランスになっていて。で、歌詞も超いいんで。ちょっととにかく1回この曲を……マジで紅桜さんのサビの一発目でパーンと持っていかれると思うんで。聞いてください。DJ FUMIRATCH feat. BES, 紅桜で『刻一刻』です。

DJ FUMIRATCH『刻一刻 feat.BES & 紅桜』

(R-指定)これね、「踵で時を刻みながら 幸せな日々を夢見てる」っていう歌詞もすごいですよね。メロディーも最高だし。

(DJ松永)たしかに。いや、これはいいわ。

(R-指定)で、「何度も頭を打ちながら 捨てる 刻一刻」なんですよ。時間を捨てていっている。だからBESさんのバースも紅さんのバースも過去に犯した罪のせいで無駄にしてしまった、ムダにしてしまった時間。その時間を後悔するっていうバースなんですけども。その中でも、紅さんは「塀の向こうに落ちたぐらいで いまさら弱音を吐くもんか 月の明かりが時間を止めて 左胸貫いていく」っていう。なんか独房の中に月の明かりが差している感じもするし。あと、「一緒にするなクソガキと 悪さするにもこだわるさ」っていう。ホンマにね、紅さんのワルの感じってこういうこだわりとかかっこよさがあるんですよ。

(DJ松永)どうだね。美学っていうかね。

(R-指定)美学が。で、この曲、トラックを作ってるFUMIRATCHさん。タカフミとタッグを組んでいる般若さんが11月4日に渋谷VUENOSで……3日連続でライブやるんですよね。般若さん、ワンマンツアー。ジャパンツアー。で、その11月2日がZEEBRAさんゲスト。11月3日がNORIKIYOさんゲスト。11月4日に俺らCreepy Nutsのどちらかがゲストっていう。

(DJ松永)これ、どっちなんだろうね? これ、わかんないからね。

(R-指定)楽しみにしてください。ぜひ渋谷VUENOSに来てみてください。どっちでしょう?

(DJ松永)どちらかです(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました