スポンサーリンク

オードリー若林とノブコブ吉村 お笑い天下取りを語る

オードリー若林とノブコブ吉村 お笑い天下取りを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年7月24日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で平成ノブシコブシ吉村さんが『あちこちオードリー』で語ったお笑い天下取りについてトーク。途中から吉村さんも参加して天下について話していました。

(若林正恭)今日ってこの後、3時からノブコブがMCやるんだね。うん。

(春日俊彰)へー。オールナイトニッポン0。

(若林正恭)あれ、大ちゃん。しくじりの話は今後だよね? 今、まだたぶん言っちゃいけないんだよね。ああ、なるほど、なるほど。そうかそうか。ノブコブ回も面白かったですね。この間の『あちこちオードリー』の。天下を取るっていう。あれもいろいろだったよな。「天下を取る」っていう言葉がみちょぱとかの世代だと、どういうことかよく分からないみたいよ。天下を取るって。

(春日俊彰)なるへそ。そうだろうね。うん。どういうことをしたら、天下を取ったっていうことになるのかってね。

(若林正恭)春日さんって、受注生産の芸人じゃないですか。

(春日俊彰)フフフ、まあ、そうだね(笑)。受けたらしっかりと商品は……。

(若林正恭)だから「こういう商品をこの時までには届けたい」っていうので。自分で生産しないじゃない? だから天下を取るっつっても、だから吉村くんの話を聞いていくと「ゴールデンのMC、冠番組」っていうことだよね。単純に言うと。もう吉村くん、ニッポン放送に入っている? もし、これ聞いてたらちょっと来てもらえるかな? 吉村くーん? 今、入ってる? どう? まだ入ってない?

(春日俊彰)どうなんだろうね(笑)。

(若林正恭)このへん、ちょっと吉村くんもさ、天下を取りたいんだったらさ、春日みたいにさ、3時間前には入ってほしいよね。

(春日俊彰)そうだよね。じゃないと天下、取れんぞ? そんな直前に入るようじゃ……もう入ってないとね。3時からやるんだったら。天下なんか、取れないよ(笑)。その「天下」ってなんなんだ?っていうね(笑)。

(若林正恭)そういうことですよね。冠番組。春日さんはそういうの、あんまりないでしょ? 冠番組で……っていうのは。

(春日俊彰)いや、でもまあ、あるよ。

(若林正恭)ああ、そう?

(春日俊彰)冠番組って、まだすごいなと思う世代というかさ。じゃない? 自分たちの名前が付いたっていう。そういうのを見てきたわけじゃん。「ウッチャンナンチャンの」とか。「○○ダウンタウン」みたいな。今の人たちはだから、ないんじゃない? 「冠番組……なにが? 名前、たしかに入ってるけど」って。でも、それがどれだけのことなのか?っていうのは、持ってる世代ではあるよね。

(若林正恭)ああ、そういうのが始まったらね。そう考えたらさ、『あちこちオードリー』なんてやらせてもらってるの、すごいよね。

(春日俊彰)いや、すごいよ。『あちこちオードリー』。『オドぜひ』だってそうだよ。

(若林正恭)でもさ、知らないようにしてるんだけどさ。すごいことだよね。『あちこちオードリー』の、そのどういう経緯でさ、ああいう風に番組が立ち上がって……って、いろいろあるわけだろう? 企画書があって……とか。

(春日俊彰)そうだよ。そんな簡単にね、テレビ局だって番組をやらせてくれないわけだから。

(若林正恭)でもさ、結構言っていただけるんだけど。「話の聞き方が」とかっていうことは。『あちこちオードリー』が始まってからさ。でも、俺はずっとそれができてますからね。自分に言うことじゃないけど、『あちこちオードリー』が始まってから……ああ、まだ吉村、入ってない? これはもう……。

(春日俊彰)ああ、逃してますね。1秒ごとに天下を逃しているな。うん。

(若林正恭)あ、でももう大丈夫ですよ。ぼた餅。「今、来たら連絡するようにします」って言ったけども。大丈夫です(笑)。

(春日俊彰)今、来てくれないと、お互いに困るだろうからね(笑)。

(若林正恭)その時はたぶんね、天下の話とかじゃなくてね、春日がどうやってトークゾーンを着地させるかの時間になっていると思うから。そこからは天下の話にはもしかしたら、ならないかもしれないですよね。うん。まあ、嬉しいことですよね。ギャラクシー賞をいただけるって。

(中略)

平成ノブシコブシ吉村登場

(若林正恭)ああ、吉村くん、来た? 吉村くん、天下の話……ちょっと吉村くん、来てもらおうか。

(春日俊彰)せっかくね、情報が入ったんだったらね。改めて、聞いてみようか。

(吉村崇)ごめんごめんごめん!

(若林正恭)ああ、天下人(笑)。

(吉村崇)遅れちゃって! 遅れちゃってごめん!

(春日俊彰)遅れちゃった? ダメよ、もう天下、そこにあるんだから。

(若林正恭)ちょうど「天下ってなんだ?」って話をしていたのよ(笑)。

(吉村崇)くしゃみが3回、出たからさ。なんか噂をしているんだろうなって。

(若林正恭)ちょっと(笑)。そんな古い角度で入ってくるの?(笑)。

(春日俊彰)そんな古典的なお知らせがあった?(笑)。

(吉村崇)夏風邪にしては、おかしいなって思ったんだけども。鼻がムズムズしたりして。なんか噂をしてるじゃないのよ。

(若林正恭)吉村さん、今日はこの後、3時から。

(吉村崇)3時から。なんかやるみたいですね。

(若林正恭)MCでやる。それもやっぱり天下人への道のひとつというわけでね。

(吉村崇)しっかりとした布石としてね。

(春日俊彰)大事だよね。これもね。

(若林正恭)『あちこちオードリー』のオンエアー、見た?

(吉村崇)いや、見たよ。みっともなかったよ。

(若林・春日)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)あんな、みちょぱに言われて……(笑)。

(若林正恭)なんかさ、いろんな話をしたけどもさ。全編、「吉村キングダム」の話だったよね。全編がああなっていたよね。

(吉村崇)なんか、分けるのかなと思ったぐらい、いろんな話をしたけども。

(若林正恭)したよね。しただけど、全然。ストーリーになっていたよね。

(吉村崇)うん。でも結果、「天下って何だ」って俺が一番分かってないぐらいの回で。申し訳ないですよね。

(若林正恭)そんな感じになってきた(笑)。それでね、その天下という意味じゃないけども。『しくじり先生』ってほら、珍しくさ、吉村くん、澤部、俺って東京の方の事務所で育ったのが集まってるじゃん。あの番組をちょっと大きくしていきたいなって思う気持ちが……。

(吉村崇)もちろん、そうよ。

(若林正恭)流してないよね?(笑)。

(吉村崇)流しているわけ、ないでしょう! 若様、そりゃなしだぜ! 流してないよ、俺はもう。

(春日俊彰)それは、なんでそうやって思うの?

(若林正恭)流してはいないと思うけど……流してはいない。で、吉村くんと澤部くん、本当にすごいんだけど。なんかもうちょっと……いや、ああいう番組がさ、ほら。『ゴッドタン』とかドスッと、あの世代のがあってさ。俺たちのこの、何世代って言うんだろう? ここの世代でさ、東京ので育った番組ってないの。本当にないじゃない?

(吉村崇)本当にないんだよ。これ、悔しいけども。

(若林正恭)で、大阪の実力者はすごいじゃない?

(吉村崇)なんでこんな……それで、早いよね。また出来上がるのが。番組とか。

(若林正恭)番組がドーン、ドーン!って出来上がってるじゃない? だから、もうあの番組ぐらいしかないから。

(吉村崇)いや、本当にそうですね。

(若林正恭)そうでしょう? だから、あれをちょっと大きくしたいなっていう話をしていたのよ。そういうことなら。

(吉村崇)いや、しましょうよ。

(若林正恭)ということを、考えてたんだよ。でも、なんか徳井くんが来ると嫌がるじゃない? 吉村くん(笑)。

(吉村崇)いや、そんなことないよ。そんなことないけど……意外と徳井の説明書を持ってないのよ。あれ?って思って。

(春日俊彰)なんでよ! まだ?

(吉村崇)まだ、持ってないのよ。

(若林正恭)だって、言ってたもんね。『あちこちオードリー』でも。相方なのに徳井くんに「関わらないでくれ」って(笑)。

(吉村崇)難しいことを言ってくるから。やっぱり。難しい、本当のことを言ってくるからさ。

相方・徳井に「関わらないでくれ」

(若林正恭)でも、今日はかなり関わらなきゃいけないよね。オールナイトのMCだから。

(吉村崇)いや、関わらないんじゃないかな? ちょうどいいぐらいの、お互い。大人の関係で……。

(春日俊彰)なんでよ? コンビでMCをやるんだから。そんなことはないでしょう?

(若林正恭)ラジオで関わらないなんて、ないじゃない?

(吉村崇)ただね、若様のこの話を聞いて、俺は嬉しいよ。だから若様が天下取りの音頭に興味がないと思っていたから。そんなこと言うわけないと思っていたけども、こんな熱い思いだなんて……わかりましたよ。吉村、ええ。単騎で馬に乗って駆け巡りますよ!

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! なんか歯切れが悪いけど。大丈夫?(笑)。

(吉村崇)言葉、出てこなかった(笑)。

(若林正恭)まだ、入ったばっかりだから?(笑)。

(吉村崇)入ったばっかりだから。スタッフさんも見たことないからさ。人見知りしちゃってさ。俺(笑)。

(若林正恭)それでさ、今日、なんか俺も吉村くんの熱量に感化されて。そういえば、『しくじり先生』ってこの世代だけで。ディレクターの北野くんがやってくれていて。これは大事にしなきゃなって改めて……いつも思っていたけど。改めて思っていて。今日、そういう話があって。その今日、やった企画が「TAIGAがいまいちハネない」っていうのだったのよ(笑)。

(吉村崇)カンベンしてくださいよ(笑)。

(若林正恭)カンベンしてくださいよ(笑)。

(春日俊彰)せっかくこっちはね、燃え上がっているのに、ぶつける相手が(笑)。

(吉村崇)もう日本地図を広げてさ、どう取るか?っていう時にさ。TAIGAさんはなしよ。

(若林正恭)でも、吉村くん。これ、ありえるわけ? 『しくじり先生』で……あと、アルピーも。だって東京で、太田プロじゃない? それで、頑張っていったら『しくじり』がまたゴールデンとかで。盛り上がってるよって上がる可能性もあるわけ?

(吉村崇)いや、あるでしょう。

(若林正恭)何度かね、ゴールデンに上がったり、下がったりして(笑)。

(吉村崇)珍しい番組よ。

(春日俊彰)本当よ。決して終わるわけではない(笑)。下がるっていう。

(吉村崇)壁にはね返されるっていう。

(若林正恭)深夜で始まってね、ゴールデン。で、終わって。また深夜で始まって……(笑)。

(春日俊彰)ないよ、そんな番組。終わったら、終わりなんだから。

(吉村崇)だから、珍しい番組。稀な番組ではあるからね。

(若林正恭)こういうのは、吉村くん。スタッフとね、そういう意思も共有していかなきゃいけないのかな? 「この番組をやっぱり俺たち、頑張りたいんだ。東京勢として」っていう。

(吉村崇)これはね、やっぱり私の肌感で言いますよ。私が言っても誰も聞かないのよね!

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)「ああ、また吉村が……」ってなるのよ。

(春日俊彰)なんでよ! どうしてそうなっちゃったのよ!(笑)。

(吉村崇)これはね、俺が天下を軽々しく言い過ぎたんじゃないか?っていう……。

(若林・春日)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)もう「天下! 天下!」って言っちゃっていてね。重みがないのよ。俺の天下に。

(春日俊彰)出すと盛り上がるからね。出しすぎてっていう?

(吉村崇)そうそう。「また吉村が……」ってなるから。若様が言った方が「あらっ?」って。スイッチが変わるよね。

(春日俊彰)ああ、なるへそ。

吉村の「天下」には重みがない

(若林正恭)俺はだから、あんまりそういう考え方をしてこなかったのにも気づいたし。この間、『あちこちオードリー』に来てくれてね。だから、企画でちょっとお願いしようよ。『しくじり先生』の企画で。『しくじり先生』のメンバーで天下を取れるのか、考えるやつを。それを、やろうよ。1回ね。アルピーも込みで。

(吉村崇)ちゃんとやった方がいいですよ。それを若様が言ってくれないと。俺が言っても本当にもう、イヌイさんとおじさんだけが来て「はあ、そうですか」で終わるのよ。言っても来ないんだから。俺のところなんか!

(若林正恭)言ってはいたのね? だいたい、それでゴルフの話になっているんだろ?(笑)。

(吉村崇)ゴルフの話でごまかすんだから(笑)。

(若林正恭)でも、これはやっぱり役者を揃えたいじゃない? 『しくじり先生』のお笑い研究部の。だから、徳井くんと、岩井ちゃんと、春日を投入するっていうのもあるのかな? やっぱり。

(吉村崇)いや、いいですよ。それだったら。

(若林正恭)また盛り上がるよね。

(吉村崇)そうそう。それが目的だったらいいよ。ただ呼んで、ワイワイガヤガヤじゃなくて。「天下とは何なんだ?」っていうのを1回、考えないと。

(若林正恭)『あちこちオードリー』のオープニングじゃねえかよ(笑)。また1回、考えないと……って(笑)。

(吉村崇)このへんにみちょぱ、いるでしょう?

(若林正恭)みちょぱは「天下ってなに?」って言っていた人だから。だからまあ、またちょっとやりましょうよ。

(吉村崇)やりましょう。

(若林正恭)じゃあ、今日は関わってくださいね。『オールナイトニッポン0』で徳井くんとがっつり。

(吉村崇)いやー、そうね。うまくできるかな? やっぱり緊張するんだよね。相方が一番緊張するのよ。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! おかしいじゃない? 相方がいるっていうのに(笑)。

(吉村崇)しない?

(若林正恭)しないよ! 毎週やって……俺、相方に緊張するって聞いたことないよ。本当に。

(吉村崇)そうか。毎週、会っているもんね。ちゃんとね。

(若林正恭)毎週会っているよ。ああ、あんまり会わないのか?

(吉村崇)あんまり会わないから。

(若林正恭)月に何日ぐらいなのよ? 2人で……でも、舞台もあるよね?

(吉村崇)舞台、ないのよ。コロナになってから。だから、より会わなくなっちゃって。だから今日も「ここに一緒に来ます?」みたいな……徳井がちょっと今、他の部屋にいるのよ。「一緒に揃っていきましょう」っていうのも「ちょっと嫌だ。1人で行く。後から来るなら来てくれ」って……。

(若林正恭)それは、なに? 吉村くんが「1人で行きたい」って言ったの?

(吉村崇)そうそうそう。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)やっぱり相方と一緒に「どうもー! 吉村です!」っていうのがちょっと照れくさくてさ。

(若林正恭)なんでだよ!(笑)。

(春日俊彰)見られたくない?

(吉村崇)見られたくない一面なのよ(笑)。

(若林正恭)そこから改善してくれよ(笑)。

(春日俊彰)見せていかないと。

(吉村崇)そうね。そうそう。

(若林正恭)関わってきてよ。

(吉村崇)なんでもう帰そうとしているのよ?

(若林正恭)もう44分だから。

(吉村崇)やだね! そんな、勝手に呼んでおいてさ。タイミングよく帰るなんて! 迎えに来たじゃねえかよ、また!

(春日俊彰)帰ってくれよ(笑)。

(若林正恭)やっぱり構成を無視するね! 破天荒な……。

(吉村崇)無視するよ! 天下っていうのは構成と違うところにあるから。

破天荒恋愛トーク復活?

(若林正恭)やっぱりさ、『あちこちオードリー』で吉村くんがさ、破天荒で。「吉村くん、昔は女性の恋愛の話もしてたけど、最近はしなくなったな。時代に合わせているんじゃねえ」みたいなくだりがあったじゃん? そしたらね、今日はちょっとしゃべるようになってた(笑)。

(吉村崇)でも、やっぱり核心は言わないよね。うまいこと、もう……(笑)。

(春日俊彰)とりあえず、刀は抜いてはみたけども。

(吉村崇)抜いてはみたけども。ちょっと抜いてすぐに戻して。チャチャン!ってぐらいで終わりましたよ(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)邪魔しました!

(若林正恭)関わってきてね。

(吉村崇)関わってきますから。

(若林正恭)今日、3時からね。

(吉村崇)また。どうも、すいませんね。

(春日俊彰)ありがとうね。

(吉村崇)考えておきますから。天下っていうのをね。

(若林正恭)じっくりじっくり作戦会議、しましょう(笑)。

(吉村崇)また、お願いします!

(若林正恭)そうなんだよ。今日、やけに恋愛の話をし始めたんだよ(笑)。

(春日俊彰)わかりやすい人なんだね(笑)。

(若林正恭)あの人、わかりやすい人なんだよ。でも、春日もだから1回授業しに来たぐらいか。あのフライデー事件の話で。

(春日俊彰)いや、違うよ(笑)。そのしくじりじゃないよ。村西監督のね。『全裸監督』の。なぜか、私が。

(若林正恭)春日が授業やったもんね。

(春日俊彰)それぐらいだからね。1回だけよ。

(若林正恭)だから、例の金曜日事件をさ、振り返る時にさ、春日って本当に顔が曇ってんのよ。俺がたまに「これは入れ時だな」と思って「金曜日事件ね」とか言うと。ちょっとキレてるのよ。顔が。

(春日俊彰)キレちゃいないよ(笑)。

(若林正恭)いや、俺はね、それがわかるの。でね、かならず春日が「不倫といえば春日さんね」って言った時にね、「いや、不倫じゃなくて入籍前だから浮気ね」ってかならず言うんだけど。なんかね、キレてるんだよね。

(春日俊彰)キレちゃいないよ。別に。

(若林正恭)で、「不倫じゃなくて浮気ね」っていうのがお前のさ、ひとつのなんか反逆じゃん? なんか。そこはもう受け入れて。受け身しかないだから。あんなことをしておいて。でも「不倫じゃなくて浮気ね」ってあれはなんなの? かならず言うのは。

(春日俊彰)いや、それはやっぱり違うからね。

(若林正恭)浮気も不倫もよくないことじゃん。

(春日俊彰)いや、よくないことではあるけども。

(若林正恭)どっちみち、内容は一緒なんだから。

(春日俊彰)まあ、そうだね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました