スポンサーリンク

Creepy Nuts『FNS歌謡祭』SixTONES田中樹のラップスキルを語る

Creepy Nuts『FNS歌謡祭』SixTONES田中樹のラップスキルを語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2021年7月20日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で『FNS歌謡祭』でSixTONESの田中樹さんとのコラボを振り返り。田中さんのラップスキルや対応力について話していました。

(DJ松永)こんな我々でもFNSに出たわけですからね?

(R-指定)フフフ、こんなやつが?(笑)。いいの、出て?

(DJ松永)よくないよ。FNS歌謡祭ですよ。田中樹さんとね。土曜日の『オールナイトニッポンサタデースペシャル』をやっていらっしゃるSixTONESの田中樹さんとコラボをさせていただいて。なんと我々の『かつて天才だった俺たちへ』を一緒に歌唱するっていう。歌ってくださったんですよ。田中樹さんが。

(R-指定)ねえ。これはすごいですよ。

(DJ松永)結構歌割りを2人で細かく分けて。

(R-指定)そう。元々ね、別の歌割りを提案されたんですけども。「樹さんはラップもお好きなはずやから、よりラップ的に盛り上がる、ラップ的に楽しい掛け合いにしたいな」って思いまして。そのリハに一緒に入った時にホンマに歌詞の紙を持っていって。「樹さん。こことこことここだけって行けます?」って言ったらもう速攻で対応してくれて。めちゃくちゃ、ラップやっている人ならではの対応やったね。

ラップをやっている人ならではの対応

(DJ松永)そうだよね。結構さ、普通の歌じゃありえない、ラップならではのマイクパス、マイクリレーってあるじゃん? 本当に韻のところだけかぶせる、1行ずつの交互の掛け合いみたいなことをやっていて。あのすごいヒップホップ的なマイク回し。韻をかぶせたりするような行為がFNSで流れているというか、テレビのゴールデンで流れているっていうことが俺は結構感慨深いというか。「ああ、こんなことになったか!」みたいな。

(R-指定)ですね。俺も「樹さん。ここの韻の部分だけ、お願いします」みたいに言って。それで対応できたのもすごいし。あと、イントロでちょっと樹さんがフリースタイルみたいなのをしてくれて。

(DJ松永)そう。粋な。熱いことを言ってくれたわ。そのメッセージ、私たち、受け取りました!(笑)。

(R-指定)そうですね。ニヤニヤしちゃいながら聞いちゃいました。嬉しくてね。

(DJ松永)で、Rとね、2人がすっごいニヤニヤしているの。2人とも、いい顔をしているの。すっごい2人ともいい顔をしていて。想像以上に2人とも、いい顔をしていた。

(R-指定)あれはよかったですよ(笑)。

(DJ松永)向かい合って掛け合いしたりしていたじゃないですか。すごいよかった。いや、FNSとかでさ、ヒップホップというジャンルで出させていただくのってKREVAさん以来らしいですからね。ありがたいですよ。こんな貴重な機会をもらっちゃってさ。田中さんもやっぱりラップ、上手かったしね。なかなか、だってあの曲は難しいじゃないですか。重ねとかも。

(R-指定)あれは結構ムズいですね。

(DJ松永)ムズいじゃん。で、YouTubeとかに歌ってみた動画とか上がっていたりするんですよ。でも、なかなかラップって特殊だし。Rのリズムの刻み方って、歌ってみるとわかると思うけども想像以上にめっちゃ複雑だったりするじゃん?

(R-指定)はいはい。たしかにね。

(DJ松永)だからそこが難しかったりするんだけども、バシッと。やっぱりプロフェッショナルですから。スターですから。

(R-指定)乗りこなしてくれていましたね。一緒に歌っているのも気持ちよかったですよ。

(DJ松永)ねえ。すごい楽しそうだった。

一緒に歌って気持ちよかった

(R-指定)やっぱりね、掛け合いもそうやし、向かい合って歌うのとかもやっぱりね、基本ワンマイクでやっていたりするっていうのもあるけど。なんか、なかなか自分らのことを好きって言ってくれている人とああいう風にコラボレーションをするっていうのも。それも嬉しかったですよね。

(DJ松永)嬉しいよ。それこそ、俺らがRHYMESTERと一緒にやらせてもらったりしたけどさ。なんか、また立場が変わって一緒にこうやってやれるのって……いや、ありがたいよ。

(R-指定)めちゃくちゃありがたいですね。

(DJ松永)素晴らしい方で。あんなことを言っていただいて。光栄すぎるよ。俺ら。それでね、司会が長島アナと相葉さんでしたけども。長島さんとは『めざまし』で一緒になったし。相葉さんはね、我々は『USO!?ジャパン』世代ということで。

(R-指定)当然、『USO!?ジャパン』世代。相葉さんが一番勘が鋭いの、知っています。いつもその心霊ロケに行った時、絶対に相葉さんがフッと入られるから。

(DJ松永)霊に取りつかれるからね。

(R-指定)それだけは……「FNSの本番。今日はそれだけ気をつけてください。スタジオっていっぱいいますから」って(笑)。

(DJ松永)電波を飛ばすところって、来るから。電波に寄ってくるんですよ。だから本当にあれが相葉さんだったのかどうかも正直、わからないよね。生放送だったから。

(R-指定)もしかして、俺たちが見ていた『USO!?ジャパン』のあの廃遊園地の時に中身、入れ替わっているかもしれん。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! ずっと?

(R-指定)そう。ずっと、あれから(笑)。本当の相葉さんはあの廃墟に……。

(DJ松永)それ、幽霊の方が芸歴長くない? 取りつかれてからの方が芸歴長くなってない? 相葉さん、もう(笑)。いや、わかんないからね、これ。わかんないから。

(R-指定)わかんないですよ。

(DJ松永)たしかに。あれからあんまり取りつかれてないもんね。人が変わった?

(R-指定)それが、怪しい(笑)。いや、アカンよ(笑)。

(DJ松永)ちょっとごめん。怪しいです。

(R-指定)「怪しいです」やない!

(DJ松永)ちょっと取りつかれた人間にギャラを払っている可能性、あります。

(R-指定)何を言うてんねん!(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました