スポンサーリンク
スポンサーリンク

Creepy Nuts 2020年オールナイトニッポン0記者会見を語る

Creepy Nuts 2020年オールナイトニッポン0記者会見を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2020年3月10日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で前日に行われた2020年『オールナイトニッポン0』パーソナリティー発表記者会見の模様について話していました。

(R-指定)急にね話が変わりますけども。俺らこの間、昨日か。記者会見やったじゃないですか。オールナイトニッポン0の新パーソナリティーの記者会見。それがMixChannelでも中継されて。それがあったじゃないですか。で、それを昨日やってきて。俺ら、ホンマにありがたいことに3年目をやらせてもらえることに……。

(DJ松永)改変を突破しましたよ。まあ『改変突破 行くぜヒップホッパー』ってね。中野サンプラザでイベントをやって。それで無事改変突破ですよ。で、どう? Rさん。ZEEBRAさんに出てもらったわけだけれども。ZEEBRAさんにそういう連絡とか報告とかは?

(R-指定)じゃあ、後で……。

(DJ松永)フフフ、これはやったな。これはよくないよ?(笑)。

(R-指定)だからジブさんに今日の帰りかな? 「無事、改変突破させていただきました。そういう放送もできました。ZEEBRAさん、本当にありがとうございます」っていうメールをちょっと朝方、送ります(笑)。

(DJ松永)朝方ね。すいません。ごめんなさい(笑)。

(R-指定)すいません、ジブさん(笑)。で、それがあって、記者会見で朝の11時入りで俺ら、入ってきたやん? それで思い出してみると去年のその新パーソナリティー発表の時は俺ら、楽屋がね、ニッポン放送の受付の横っていう……。

(DJ松永)受付の横よ。あれ、地下のイマジンスタジオでやったんだけど、みんなはそのイマジンスタジオの真横の楽屋とかが用意されていたんだけども、俺らだけニッポン放送の受付の横にある謎の楽屋。

(R-指定)あの、関係者以外が立ち入れるギリのエリアに俺らの楽屋があったんですよ(笑)。

(DJ松永)受付を通さずに入れる謎の部屋に入れられて(笑)。

(R-指定)去年はね。

1年前の楽屋は関係者以外も立ち入り可能エリア

(DJ松永)FUJI ROCKで言うとROOKIE A GO-GOよ。チケット持たずに入れるところ。無料のエリア。

(R-指定)うん。チケットなくても入れる新人のステージな。で、そんな感じやったから今年はどうなのかな?っていう感じで今年、行ったら7階にね、ちゃんと会議室を取ってもらっていて。「ああ、よかった」と。

(DJ松永)まあ、でも俺は「ちょっと遠いな」と思ったけどね。めちゃくちゃ降りていったら粗品さんが真横のスタジオから出てきて。「えっ?」って思って。「イマジンの横の楽屋から粗品さん、出てきた!」って思って。俺ら、3年よ? 「一番先輩なのに……遠っ!」って思って。

(R-指定)いやいや、粗品さんはすぐ近く。俺らは……。

(DJ松永)「タレントランク的に」っていうことだよね?

(R-指定)言葉にはせんかったけど、そうや。俺らはやっと入れてもらった。やっと関係者として扱ってもらえた。で、7階でいろいろとね、準備。打ち合わせとか終わって。それで実際に下に降りると。イマジンスタジオのすぐ横に待機してるわけじゃないですか。そしたら俺も前々日か前日ぐらいにその新パーソナリティーが誰になるかみたいなのを聞いたんで。それで続々とみんな横に待機しているわけですよ。それこそ月曜日とか水曜日とか。そのままの人はそのままっていう感じでみんな待機して。「これから始まるか」っていうところで、その記者会見の司会を吉田尚記アナウンサーがやってくれていたんですけど。

で、吉田さんがその集まっている記者の人たちに前説的なことをしてくれているわけです。ありがたいことにね。「皆さん、今から新パーソナリティーが出てきますけど、出てきた時にはなるべく大きく拍手してもらうとか、何かパーソナリティーが言ったら大きく反応してもらうとかしてくれた方が、パーソナリティーの皆さんもお話しやすいと思いますので。そこらへんのお気遣いをよろしくお願いします」って。丁寧に吉田さんがその話をしている。その吉田さんの話にも反応しない記者たち……(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 衝撃だよね?

(R-指定)「反応してくださいよ」っていう話に反応がない……どういうことや? これはすごいよ……(笑)。

(DJ松永)「この人たちには誰の言葉が届くんだろう?」っていう。

(R-指定)俺もずっと「なんで来たん? じゃあ……この記者の人たち……」って。まあまあ、「枠があるから行って来い」って言われたのかもしれへんけども……。

(DJ松永)来たからには!

反応をしない記者たち

(R-指定)もう共同作業やん? で、吉田さんが「反応してくださいね。拍手とかしてくださいね」って言われたら、ちょっとなんか拍手してみるとかやってくれないと。「俺たちでこの記者会見というのを作り上げるもんやん?」って思うんだけど。「まあまあまあ、反応しづらいか?」って思って。それで吉田さんが頑張ってやってくれて。「さすが吉田さんやな。あっためてくれてありがとうございます」っていおう。それで吉田さんが1人1人ね。「じゃあさっそく紹介していきます。月曜日はこの方です!」って。それでファーストサマーウイカさんが出ていって。「カシャカシャカシャッ!」ってなって。

「次は3年目。去年に引き続き、この方たちです!」ってなって『よふかしのうた』が流れて俺らが出ていく。それでまあ「カシャカシャ……」って。「あれ? ファーストサマーウイカさんよりも『カシャ』の数が少ないな?」って思ったけども。「あ、まあまあ、去年もそうやったか。そりゃ、去年もそうやったから、『カシャ』の数も少なくなるよな」って。

(DJ松永)そんなに望まないよ。そこまでは望まない。

(R-指定)わかってます、わかってます。知っています。で、「水曜日も去年に引き続き、佐久間宣行さんです!」って言われて。それで佐久間さんが出ていく。それもまた「カシャカシャカシャ……」って。まあまあ、佐久間さんもそりゃあ当然。

(DJ松永)そうですよ。もう今、スターですから。

(R-指定)スターですから。そら多いよな。で、次。「木曜日、水溜まりボンドさんです!」ってなったらもう「カッシャカシャカシャカシャッ!」って。

(DJ松永)「カシャシャシャシャシャシャッ!」ですよ。すごいよ。

(R-指定)そらそうよ。水溜まりボンドさん、もう大人気。それで「金曜日も去年に引き続き、霜降り明星、粗品さんです!」って。せいやさんはちょっとお仕事が入っていて来れなかったから粗品さんが出ていって。それも「カシャカシャカシャッ!」って。やっぱりわかっていたことやけど、改めて言葉にすることでもないんですけど。やっぱりCreepy Nutsがダントツで「カシャ」の数。それとやっぱりその「カシャ」の音のデカさなんてないと思うんやけど。カメラによって音が変わるとか、押し方によって音が変わるとかはさすがに機械やからないと思うけど。なんか心持ち「カシャ」の大きさ、数……「カシャ」っていう音の厚み、音圧。なんか薄いな?

(DJ松永)ああ、そうね。そう。なんか俺らの時だけ、俺、なんか耳が籠もっちゃったんだよね。

(R-指定)そうそう。俺も「あれ? 飛行機乗ったかな? 耳抜きしないと……」っていうぐらい、Creepy Nutsのところだけボコンと音がへこんだのは気になったけども。「まあまあ、そうやろうな」って。

(DJ松永)うん。そこでいちいち落ち込まないから。

(R-指定)まあ、よう考えたら3年目やから。それはそんな……。

(DJ松永)フレッシュさとかはないからね。

カメラのシャッター音の音圧が違う

(R-指定)やっぱりフレッシュさがある人。それで今、もう大人気の人たち。そりゃあみんな、記者は求めてるわけですよ。で、一人ひとりお話を振られて。吉田さんが振ってくれて。「どんな意気込みですか?」っていうのを語っていくわけですよ。で、ファーストサマーウイカさんとかもいろいろこう楽しく話してくれて。で、やっぱりすごいですね。粗品さんとかもめちゃくちゃオモロかったじゃないですか。

(DJ松永)すごい。プロですな。

(R-指定)そう。こういう時、Creepy Nutsは特に気の利いたことも言えず。ホンマにまともにね、俺らは「どうしていきたいか」みたいな話をしていましたけども。粗品さん、めちゃめちゃオモロかった。それでみんな、各々の話をして、それを聞いていて。そこでやっぱり俺、根っからそうなんやなと後で写真を見て思ったんですけど。その集合写真とか会見の途中とか俺ね、松永さんにビッタリくっついてんのよ。

(DJ松永)気持ち悪っ!

(R-指定)これ、なんでかなって。いや、「気持ち悪っ!」っていっちょ前に引いているけど、別に俺も松永さんに近づきたくはないよ(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! なんなんだ、このやり合い?(笑)。

(R-指定)でも、俺の右横にファーストサマーウイカさんがいたわけですよ。で、俺が『三四郎のオールナイトニッポン』のスペシャルウィークに出た時も夏帆さんを前にしての俺の感じ。たぶんね、俺はホンマに無意識にやっぱりファーストサマーウイカさんに何か失礼があってはいけない。ぶつかってしまったり、その体が触れてしまった時の不快感とか。体臭とかね、口臭とかで「うわっ!」って思われたりしたくはないっていうことから俺はたぶん細心の注意を払って、ファーストサマーウイカさんと距離を取ったら横におる相方の松永にピタリとくっつく形になってしまったという(笑)。

(DJ松永)なんなんだよ、それ(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました