スポンサーリンク

東野幸治 Blur『Song 2』を語る

東野幸治 Blur『Song 2』を語る 東野幸治のホンモノラジオ
スポンサーリンク

東野幸治さんが2021年7月16日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオ』の中でBlur『Song 2』を紹介していました。

(東野幸治)さあ、そんなわけで今夜の1曲目なんですけど。いろいろ考えました。洋楽。今回はブラーというバンドでございます。佐藤くん、知ってますか? ブラー。知らないですよね? 今から25年ぐらい前にイギリスでそのブリットポップブームっていうか、ザ・ロンドンっぽい音楽、バンドみたいのが流行っていて。それの二大巨頭がブラーっていうバンドとオアシスっていうバンドの2つで。ほんで最初、ブラーっていうのがデビューしてて。デーモン・アルバーンやったかな? その人がボーカルでリーダーで曲を書いてるんですけど。

その方が、ちょっとまあ言ったら女の子に受けるような、シュッとしている音楽、バンドで。それで人気になる。で、アメリカにも進出しようってアメリカでライブツアーをするけど、その時にはアメリカでは全然受け入れられず。なんか「弱っちい感じ」みたいに言われて全く大失敗で終わって帰ってくる。だからちょうど、そのブラーというバンドの前にニルヴァーナっていうのが1990年ぐらいに……赤ちゃんが裸でプールで泳いで、その前にドル札があるっていうジャケットの『Nevermind』っていうアルバムが有名なあのニルヴァーナ。それがすごく流行って。

カート・コバーンという方がやるんですけど、5年、6年ぐらいやって後に薬物中毒になって。最終的には銃で自殺するっていう終わり方をするんですけど。言うたらそのバンドの影響でなかなかロンドンっぽい、ちょっとポップな感じが受け入れられず。アメリカはそういうカート・コバーンのニルヴァーナの音楽が席巻する時代で。で、ブラーは傷心して帰ってくる。それと同じ頃にオアシスというのが遅れてやってくる。で、そのブラーというバンドはどっちかって言ったらおぼっちゃま大学。ちょっとお金持ちなおぼっちゃま大学の、都会のバンドなんですよ。

で、オアシスっていうのはギャラガー兄弟という……分かりやすく言うと、若貴です。両横綱ですけど、仲が悪いんですよ。兄ちゃんがギターを弾いて、弟がタンバリンを叩きながら歌を歌うんですけど、とにかく仲が悪くて。最初は仲がいいんですけど、どんどんどんどんバンドがデカくなってきたら、ライブ中にリアムという弟がステージでちょっと違法薬物をやって。で、兄貴に思いっきり殴られてライブが中止になったりとか。

それとか、兄貴の振る舞いが気に入らんってなって、兄貴に思いっきりタンバリンを投げつけて去っていったりとかっていう感じやったんですよ。言うたら、田舎者のやんちゃな感じ。でも僕なんかは全然オアシスの方が好きやし。なんか男性人気は明らかにオアシスなんですけど。でも、やっぱり言うたらシュッとしたおぼっちゃまバンドはちょっと言いたいんです。口も達者やから。「オアシスってダサい田舎もんだよね」みたいなことをすごい言うんですよ。雑誌とかで。

で、それを聞きつけたギャラガー兄弟の弟が腹立てて。「とにかくあいつをしばく!」言うて。で、そのデーモン・アルバーンがよく行くくパブとかカフェを聞きつけて待ち伏せするっていう(笑)。という強硬手段に出たりするっていう感じなんですよ。ほんで、なんか「ホンマにこいつら、来よるな」ってちょっとビビったりもしてたりするんですよ。で、その仲が悪い、犬猿の仲って言われてるブラーとオアシスが初めてシングルの発売日が同じ日になって。それでイギリス中を巻き込んで戦いが起きるんです。

それがその戦いが『Country House』っていうブラーのシングル。オアシスは『Roll With It』っていうことで。シングルを同時発売します。結果、なんとブラーの『Country House』が27万枚を売り上げて。オアシスの『Roll With It』が22万枚が2位になるんですよ。5万枚差。でも、実はこの『Country House』っていうのはスタジオ録音とライブ録音の2種類を発売したみたいな。ちょっと「うん? なんや、それ?」っていうような、なんか疑惑の判定勝利やって。ほんで余計に仲が悪くなるんですよ。

『Country House』と『Roll With It』


(東野幸治)で、その『Roll With It』っていうのは後に出る『What’s the Story) Morning Glory?』っていうアルバムの先行シングルの第一弾やったんですよ。だからオアシスは『Roll With It』では負けるけど、その後に『What’s the Story) Morning Glory?』で爆発的に売れて。だから結果、オアシスの圧倒的勝利じゃなかったのか?っていう感じで。ブラーはちょっと落ちていくんですよ。で、その落ちていったブラーの反撃の一発が今回流す『Song 2』。どっちかって言うたらそのニルヴァーナの、ちょっとオルタナティブみたいなことを言われてる、うるさい野性的なハードな感じの曲で世界中で大ヒット。アメリカでも大ヒットするっていう。

で、タイトルが『Song 2』っていう、なんか愛想も小想もないタイトル。「仮歌2」みたいなタイトルの曲でございます。聞いてください。ブラーで『Song 2』。張り切ってどうぞ!

Blur『Song 2』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東野幸治のホンモノラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました