スポンサーリンク

東野幸治『プロフェッショナル「クイズ、最高の一問」』を語る

東野幸治『プロフェッショナル「クイズ、最高の一問」』を語る 東野幸治のホンモノラジオ
スポンサーリンク

東野幸治さんが2021年4月9日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオ』の中でNHKで放送された『プロフェッショナル「クイズ、最高の一問〜クイズ作家・矢野了平/日髙大介〜」』について話していました。

(東野幸治)そして、まだあるんです。ちょっとこれも言いたかったんです。『プロフェッショナル「クイズ、最高の一問」』っていう。佐藤くん、見ました?

(佐藤)見てないです。

(東野幸治)ちょっと、佐藤くん。何をやっているんですか? ええっ? あの、東京のクイズ作家の龍と虎。2人、すごいクイズ作家がいてるんですよ。それはたまたま『ノーナレ』っていうNHKのナレーションがないドキュメンタリーでたまたま見て。それがあまりにも評判が良くて。急遽『プロフェッショナル』の大枠にドンッて引っ越しして。まだまだオンエアーで使えるやつがいっぱいあるからやったんですけど。

要は矢野さんという人と日髙さんっていう人がいて。『アメリカ横断ウルトラクイズ』とか、あの頃からもずっとクイズが好きで好きで好きでやって。今現在、テレビのクイズ作家の両巨塔なんですよ。で、その矢野さんというのは新しいクイズの問題を作るすご腕の人なんですよ。

クイズ作家の両巨塔

で、日髙さんっていうのは正統派のクイズの問題を作る、考えるのが好きな人で。ご自身でも出るのが好きなんですよ。で、その2人を『ノーナレ』の頃にフューチャーしだしたら、なんか意外な事実がいっぱい分かってきて。

その日髙さんっていう人がちょっと心の病になっていて、5年間ぐらいクイズの問題を作れない状態みたいな感じで。方や、その矢野さんっていうのはもう華やかな生活をしてるし。だから昔の一緒の同期の仲間が、方や順調に仕事を増やしていくけど、方やちょっと、順調に行くけどつまづきながらも、もがいている。頑張ってるっていう2人を描いたドキュメンタリーで。最終的にだからお題として「人生最高の一問を作ってください」って言って。一番最後にその問題を発表してもらうっていうドキュメントなんですよ。

で、それが面白かったから、ぜひ見てほしいと思ったんですけど。佐藤くん、見ていない? で、俺はその日髙さん、興味があったからTwitterを調べたんですよね。ほんだら、なんか俺も詳しくは知らないですけど。そのTwitterに書いてたんですけど。その日髙さんの両親の全借金を23歳の時に全部、自分が肩代わりして払ったりとかして。それで親子の縁を切ったけれども、相変わらずお金の無心にやってきますっていうつぶやきがあったりするんですよ。

「嘘?」って思って。「みんな、一生懸命生きてんねんな」と思って。本当に。「男の一生やな」と思いながら。ちょっとね。ぜひ見てくださいね。

『プロフェッショナル「クイズ、最高の一問〜クイズ作家・矢野了平/日髙大介〜」』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東野幸治のホンモノラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました