スポンサーリンク

星野源『SPY×FAMILY』『チ。―地球の運動について―』を語る

東野幸治『チ。―地球の運動について―』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

星野源さんが2021年7月13日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で遠藤達哉さんの『SPY×FAMILY』と魚豊さんの『チ。―地球の運動について―』を紹介していました。

(星野源)で、その流れで最近、漫画とかを読んでいまして。そういえば最近、「こんな漫画を読んでいます」みたいな話ってしていないなと思って。最近、いろいろと読んでいましてね。まず、『SPY×FAMILY』ね。『SPY×FAMILY』……なんかいろんなところで評判になっていて。「ああ、見てみよう」って思って買って。すごく面白くて。まあ、ネタバレにはならないと思うんですけども。でも、全くゼロ知識で読みたい方は耳を指でふさいで「ああーっ」って言っていていただければと思いますけども。

(星野源)でも、ネタバレはしませんが、あらすじに書いてあることぐらいの感じにしたいとは思いますけども。凄腕のスパイが「潜入捜査のために家族を作れ」と言われて偽装家族。ニセの家族を作るっていう話で。で、その家族を作った相手が大変だったっていう話なんですけども、すごく面白くて。それを読んで。なんていうんだろう? 漫画って、いいですね。

最近、漫画からちょっとしばらく離れていたんで。漫画を読むっていうことをあんまりしていなかったんですけども。これは単行本で買って、漫画本を読むっていう楽しさみたいなのを改めて……その、スパイとかってなんとなく、自分の身近にはないものだと思っているんですけども。国もちょっと違ったりするんで。その世界にグッと入り込む……本の中にグイーンと入るみたいな感じがあってすごく楽しくて。

作品世界に入り込む

(星野源)あと、もう1個はこれは電子書籍で買ったんですけど。で、iPadで読んでいるんですけども。これ、知ってる? 寺ちゃん。『チ。』っていう漫画。

(寺坂直毅)知らないです。

(星野源)『チ。』っていうので。デンちゃん、知ってる? 読んだ? ああ、スタッフのデンちゃんは知っている。『チ。』っていう漫画で『地球の運動について』っていう副題がついているんですけども。それを読んで。なんとなく、タイトルで気になって。で、電子書籍で買ってみたんです。それで電子書籍って、すげえ便利だね(笑)。今さらなんですけども。漫画を読むのに全然ストレスじゃなくて、面白くて。

で、この『チ。』を読んだ時、なんていうんだろう? 1巻を読み終わった瞬間の感動が、すごくなかった? で、その感動っていうのが、「涙が出る」とか「いい話だ」とかじゃなくて、もう衝撃というか。自分のいろいろがダーン!って動かされる衝撃がすごくて。ちょっとこの感動は久々な感じでした。なんとなく、『ヒストリエ』を読んだ時に感じたガーンという感動……それは「泣ける」とかじゃないですからね。何度も言うけども。心が動くっていうことで。

1巻を読み終えた瞬間の感動

(星野源)「やべーっ!」みたいな。1巻の終わりのヤバさはちょっと、久々でしたね。なので『チ。』っていう作品。皆さん、読んでない方はぜひ。あと、読んだ方はぜひ、ネタバレしない範囲でメールください。

<書き起こしおわり>

東野幸治『チ。―地球の運動について―』を語る
東野幸治さんが2021年4月30日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオ』の中で漫画『チ。―地球の運動について―』について話していました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました