スポンサーリンク

安住紳一郎「1時間弱・強」の世代ギャップを語る

安住紳一郎「1時間弱・強」の世代ギャップを語る 安住紳一郎の日曜天国
スポンサーリンク

安住紳一郎さんが2021年7月11日放送のTBSラジオ『日曜天国』の中で「1時間弱」「1時間強」などの表現についてトーク。世代によってイメージする時間に違いがあることを話していました。

(安住紳一郎)「いつも迷うこと」。メッセージをいただいております。和歌山市の48歳、女性の方。ありがとうございます。

(中澤有美子)ありがとうございます。

(安住紳一郎)「私の迷うことは『弱』です。1時間弱などの使い方をされるとよくわからないのです」。ああー、若い人と、ちょっと世代ギャップがあるみたいですね。これね。10代、20代の人が1時間弱っていうと63分ぐらいをイメージしているみたいですよ?

(中澤有美子)そうみたいですね。

1時間弱は1時間以上か?

(安住紳一郎)私は1時間弱っていうと57分とか56分ぐらいをイメージしているんですが。皆さん、いかがですか? 中澤さんは?

(中澤有美子)私は50分ぐらいをイメージしますね。

(安住紳一郎)50分? ああ、結構「弱」ですね!

(中澤有美子)そうですか(笑)。

(安住紳一郎)私は56分ですね。うん。55分だったらもう「55分」って言ってもらいたいですね。1時間弱。45分ぐらいも1時間弱ですか?

(中澤有美子)まあ、45分は45分でしょうかね(笑)。

(安住紳一郎)45分でしょうね。そうですね。なので「1時間弱くらいかな」って言うとね、ちょっと差が出てきちゃうっていうことのようですね。1時間強っていうと、どうなんですか?

(中澤有美子)1時間10分っていう感じでしょうかね。

(安住紳一郎)ああー。で、1時間弱というと62分ぐらいをイメージしている人は、1時間強っていうとどれぐらいなんですかね? もっと行くっていうことですよね。きっとね。

(中澤有美子)まあ弱よりは強だからね。ああ、そうか。

(安住紳一郎)むしろだから1時間強だから、ものすごい行くんじゃない、きっと。もしかすると100分ぐらいを超えちゃうみたいな。むしろ、それは私たちにとっての2時間弱だ、みたいな。

(中澤有美子)そうですね(笑)。

1時間強=2時間弱?

(安住紳一郎)もう、どんどんどんどん向こうの方に行くと差が縮まってきて。もしかしたら、一緒になる時が来るかもしれないね。

(中澤有美子)アハハハハハハハハッ!

(安住紳一郎)へー。そう。だから……。

(中澤有美子)そうなの。本当に弱の使い方は気をつけないと。迷惑がかかります。

(安住紳一郎)いつからこうなったんでしょうね? わかりませんけども。でも、48歳の方でもね、1時間弱っていうのが63分ぐらいだって思っているっていうことですもんね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
安住紳一郎の日曜天国
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました