スポンサーリンク

テレ朝・加地P ナイツ塙とアルピー平子の違いを語る

テレ朝・加地P ナイツ塙とアルピー平子の違いを語る ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク

テレビ朝日の加地倫三さんが2021年7月10日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。番組の編集について話す中で『アメトーーク!』平子事件やナイツ塙さんとアルピー平子さんの違いについて話していました。

(塙宣之)でも、やっぱり『アメトーーク!』とかに出させてもらって思うのが、他の番組だと一応趣旨があるから。趣旨と違うことを言ったボケとか、あんまり使われてないんですけども。『アメトーーク!』は逆で。そこがすごい使われたりするから。だからだいたい、終わって家に帰る時に「俺、今日はあんまりあれだったな」って。要するに「10打数4安打ぐらいだったな」みたいな感じがして帰るじゃないですか。でも、オンエアーで4打数4安打ぐらいにしてくれたりしているから。俺、だからめちゃくちゃ放送で得していると思いますよ(笑)。

(加地倫三)でも編集って、基本的に2時間撮ったらだいたい、オンエアーってCMとかを抜くと45分ぐらいでしょう? 1時間15分はだから滑ってもいいのよ。そこは切ればいいんだから。45分、面白いところを積み上げてそこだけを残せばめちゃくちゃ面白い回になるんだから。若手がよくオープニングで滑ってそれを引きずったりしている時、裏であんまり慣れていない子には「1回、滑っても編集でカットしてあげるから。一旦、忘れなさい」って絶対に言うようにしているね。

(土屋伸之)そうですね。

1回滑っても、編集できる

(塙宣之)それを失敗したのが平子事件ですよね? かの有名な。

(加地倫三)そうそうそう(笑)。重ねて、重ねて。滑りを重ねてね。

(塙宣之)「カニクリームコロッケのコア」を重ねて、加地さんが機嫌が悪くなるっていうね。僕はその現場にはいなかったんですけども。やっぱりそこに座っているから。

(土屋伸之)目の前にね。

(塙宣之)だから結構、俺みたいに根がビビりの芸人はちょっとやっぱり「ウケてるかな?」って思う時、あるんですよ。だけど、俺、加地さんが「ちょっとダメだな」っていう時があって。何芸人だか忘れたんですけども。バッファローマンの真似をするマリリンジョイっていうのと一緒に出た時にマリリンジョイがたぶん超売れたいから「吾輩は!」みたいにバッファローマンのキャラでやるんだけど、加地さんは全然笑ってなくて。俺、見ていたのよ。「大丈夫かな?」って。そしたら加地さんが「もう普通のしゃべりに戻って」って(笑)。

(出水麻衣)カンペをね(笑)。

(塙宣之)そしたらマリリンジョイが一言もしゃべらなくなって(笑)。「私は……」なんて。ありましたよね?

(加地倫三)あった、あった(笑)。

(塙宣之)だからあの時も、それはウケてなかったからですよね?

(加地倫三)そうそうそう。「ずっとそれはキツいよ」っていう。だから、また平子の話になっちゃうんだけども。カニクリームコロッケを地球のコアにたとえているのがウケているんだったら重ねてもいいんだけども、ウケてないのを重ねたらずっと滑っているのを使うことになるから。そこはさっき言ったように1回、切り替えて。なかったことにしてやってくださいっていう。だから塙も変なボケ、するでしょう?

(塙宣之)俺もどっちかっていうと、系統は平子くんに似ているんじゃないかなって。

(加地倫三)でも、かぶせないじゃない? ウケなかったら。1個ずつ、その場に応じたボケをするでしょう? 変なボケでも種類が違うから、1個目で滑っても2個目はなかったことにして使えるんだよね。使いやすいのよ。その変なボケが。

(塙宣之)ああ、なるほど! 連動させてないから。

(加地倫三)そう。やっぱり滑っているのを重ねられると、要は4回目でウケたらその4回目を使いたくなるでしょう? ということは、その滑った前の3つも使わなきゃいけなくなるの。そうすると、他の誰かの面白い部分をその分、カットしなきゃいけなくなる。これがキツいのよ。

(塙宣之)俺らと全然違うんですよ。その45分の編集だと思って見ているから。

(土屋伸之)1人の爪痕だけを考えているわけじゃないから。

(出水麻衣)頭で計算をしながら収録を見ているんですか?

(加地倫三)もちろん、もちろん。

45分の編集として考える

(塙宣之)逆にものすごく長く回す時ってあるじゃないですか。あの時は「なかなか45分、行かないな」って?

(加地倫三)「行ってないな」っていう時と、「これはどうしてもやりたい」っていうのがあるんだけど、でも前半で盛り上がりすぎちゃったから。まあ、撮って。それで後で細かく切ってなんとか尺に収めようとか。

(土屋伸之)結構現場で次にやろうとしていたコーナーも「ちょっと飛ばします」とか。

(塙宣之)それはめちゃくちゃありますよね。

(土屋伸之)そうやったりして収録してますけどね。

(出水麻衣)土屋さんはどんな感じですか?

(加地倫三)土屋は……でも、土屋はいてくれると助かるね。でも、ちょっとアンケートには書いたんだけども。「土屋が今日、一番おもしろかった人だね」っていう回は一度もないな(笑)。

(土屋伸之)アハハハハハハハハッ!

(塙宣之)だからサッカーで言うとディフェンダーなんで。点を取ることはない。堅実な守りなんですよね。で、俺とかはすごい前にだけ行っちゃって。全然パスが来ない時があるっていう(笑)。だから運動神経悪い芸人の時とか、高橋さんとかあそこらへんがすごすぎて入っていけない時があるんですよ。あと、『ロンハー』でもこの前のM-1の時とか、有吉さんとザキヤマさんと俺じゃないですか。なんか上位互換が2人いる感じで(笑)。だからどこまで入っていけばいいかが難しくて。結構苦戦しているんですよね。

(加地倫三)でも、やっぱり違う立ち位置を取ろうとするでしょう? M-1の時もさ、審査員だから来てもらって。M-1の企画でM-1の上位5組が『ロンハー』に来てくれるっていう時に塙も来てくれたんだけども。それは審査員だから来てもらっていて。その立ち位置でちゃんと1人でボケをする時、誰かがボケた後に急に審査している表情とか動きをしたりとか。ちゃんとそうやってくれるとから、そこはちゃんとしているなって思って。

(土屋伸之)「ちゃんとしている」(笑)。

(塙宣之)さすが。名監督!

(土屋伸之)見ているところがね(笑)。

(塙宣之)これ、監督が変わったら全然使ってくれないからね(笑)。

(土屋伸之)ありがたいのよ。だから。

(塙宣之)そうなんですか。

(加地倫三)そう。ちゃんとM-1の企画でそのボケをやってくれるっていうのは嬉しいじゃない?

(塙宣之)いやいや、褒められて嬉しいですけどもね。「もうちょっとこうした方がいい」とか、全然言っていただければ。ナイツ自体が。やっぱり……。

(加地倫三)いや、そんなのないよ。

(塙宣之)『テレビナイツ』とかね。

(加地倫三)『テレビナイツ』(笑)。

(加地倫三)千鳥ばっかり! 千鳥と草薙が好きだから!

(加地倫三)いや、ラジオやりすぎなのよ!

(一同)フハハハハハハハハッ!

ナイツラジオやりすぎ問題

(加地倫三)だってスケジュールないんだもん。ラジオをやりすぎてて。

(塙宣之)ああ、そうですか(笑)。

(加地倫三)じゃあ、ラジオ減らしてよ(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイツのちゃきちゃき大放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました