スポンサーリンク

佐久間宣行と高田文夫 ヒット企画の作り方を語る

佐久間宣行と高田文夫 ヒット企画の作り方を語る ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

佐久間宣行さんが2021年6月18日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』に出演。高田文夫さんと「キス我慢選手権」や「寝起きどっきり」などヒット企画の作り方について話してました。

(磯山さやか)メールです。「最近、ハライチとテレ東以外のコンテンツで番組を始められましたが。他に一緒に番組をやってみたいなと思っている芸人さんやタレントさん、いらっしゃいますか?」。

(高田文夫)今度、ハライチと始めたんだね?

(佐久間宣行)そうっすね。配信サイトのsmash.っていうアプリで縦型画面のバラエティーをやってみたんですよ。

(磯山さやか)そのまま見られるんだ。

(佐久間宣行)それが今、配信中で。無料で見られるんで。でも、やっぱりハライチは面白いですね。岩井の性格と……。

(高田文夫)今、岩井がすごいよな。昨夜もTBSでしゃべっていたよ。

(佐久間宣行)あいつの闇と、あとは澤部がとにかくなんでも返せるんで。やっていて面白いですね。あと、今やってみたいのはやっぱり若手が面白いから。そのハライチの番組にも出てくれたんですけど、若手だったらラランドとか、あとは吉本だったら蛙亭とか。ネタも面白いし、平場も面白いから。そういうやつらとなんかやってみたいなって。

(高田文夫)次々と若い人でいいのが出てくるよね。

(佐久間宣行)しかも若い人たちは結構YouTube世代というか。めちゃくちゃ笑いに詳しいから。

(高田文夫)そうそうそう!

面白い若手がどんどん出てくる

(佐久間宣行)だから、いろんなことに対応できるんですよね。

(磯山さやか)話すことが慣れていますよね。画面の前とかで。

(佐久間宣行)そう。慣れている。

(高田文夫)平気なんだね。

(佐久間宣行)SNSでもやっているから。だから、新世代の芸人さんたちは面白いですよ。

(高田文夫)でも、まだまだテレビというメディアでもさ、笑いに関してはどんどん出てくるから。だから別にオワコンじゃないよな。テレビはな。

(佐久間宣行)そうですね。ここから更に若い方が面白くしてくれると思いますね。

(高田文夫)それでまた中堅がもう1回、2、3周回って面白くなっているじゃない? だいたい40、50のがね。

(佐久間宣行)だから今、一番30代の芸人が悩んでいるんじゃないですか?(笑)。おぎやはぎとかアンタッチャブルとか、みんな健在だし。で、第七世代も来たし。と、思いますね。

(高田文夫)そうだよ。面白いね。群雄割拠がな。いいね。

(磯山さやか)続いてのメールです。「佐久間さんは『ゴッドタン』のプロデューサーをやられてますが、『ゴッドタン』の企画で一番思い出深い企画など、ありますか?」。

(佐久間宣行)思い出深い企画はたくさんあるんですけど。でもやっぱり、それは「キス我慢選手権」っていう企画かもしれないですね。セクシーアイドルのキスを我慢するっていうだけなんですけど。これが一番僕、思いついて。それをいろんな人に説明しても「はあっ?」って言われた企画なんで(笑)。

(磯山さやか)最初だけね(笑)。

(高田文夫)最初はな。オンエアーを見ればわかるんだけどな。

(佐久間宣行)で、「オンエアーを見ればわかる」っていうのがキス我慢もそうだし。過去の企画もそういうのが多いんですけども。聞いてみたら、やっぱりみんなそうみたいですね。当たった企画って。たとえば、『笑ってコラえて!』のダーツの旅とかも、ダーツの旅ってあれ、ただ村人に会うっていうだけの企画で。番組スタッフも最初は「はあ?」って言ったらしいんですけども。でも結局、「これは絶対に当たる」って思ったディレクターが勝手に撮ってきたらしいんですよ。そのパイロットを見てみてみんなわかったっていうから。キス我慢もそういう感じだったんで。

(高田文夫)俺もだから『スターどっきり』であの寝起きどっきり。あれを初めて考えついた時は「山口百恵のパンツを見たい」っていうことでさ。ずっとみんなで考えていたんだよ。「どうやったら合法的にパンツが見れるか?」って。それだけで俺、あれを考えたんだよ。

(佐久間宣行)えっ、寝起きどっきりって高田先生が考えたんですか?

(高田文夫)そうだよ。もちろん。

(佐久間宣行)えっ、すげえ!

(高田文夫)あの「チャッチャッ、チャチャチャチャッ♪」も全部そうだよ。

(佐久間宣行)ちょっと待ってくださいよ。寝起きどっきり、高田先生が考えたんですか?

(高田文夫)そうだよ。第1回目のオンエアー、三波伸介。

(佐久間宣行)えっ、じゃあ「寝起きどっきりが面白い」じゃなくて「山口百恵の寝起きが見たい」からやったんですか?

(高田文夫)そうよ。それで、向こうのマネージャーとフジテレビで打ち合わせして。「じゃあ朝、起こしに行っていいですか?」って。合鍵をもらって。「万が一、しくじったりモメたりしたら、その代わりに『夜のヒットスタジオ』に出しますから」って。だから両方でやっているんだよ。『ヒットスタジオ』がバーターなんだよ。だから『どっきり』も西城秀樹とかさ。

(佐久間宣行)『どっきり』って『ヒットスタジオ』のバーターだったんですか?(笑)。

(高田文夫)「ヤバいな」って思ったら「『ヒットスタジオ』に出られますから」って。それで秀樹も野口五郎もみんな『どっきり』に出るのよ。

(佐久間宣行)最低のバーターじゃないですか(笑)。

『ヒットスタジオ』のバーター

(高田文夫)最高の権力なんだよ。それで『どっきり』が始まったんだよ。ガチャッて合鍵で。それで宮尾すすむが「はい、私、宮尾すすむが……」って始まって。

(佐久間宣行)あれ、何十年ですか? 今でもやっていますよね?

(高田文夫)昭和51年だよ。俺が作ったの。4月1日放送。

(佐久間宣行)っていうことは、40年やっているっていうことですか?

(高田文夫)もうみんなパクられて。みんなやりたがるから。

(佐久間宣行)そうですよね。あの企画に著作権があれば……どっきり成金ですよね?(笑)。

(高田文夫)どっきり成金だよ(笑)。あればな。瞼の母とか父とか。連れて行くやつ。あれも全部そうだよ。考えたの。

(佐久間宣行)えっ、瞼の父みたいなのを連れてくるっていう企画も高田先生なんですか?

(高田文夫)そうよ。「昨日は東、今日は西……」ってナレーションを作ってさ。

(佐久間宣行)高田先生って結構すごい人なんですね?(笑)。

(高田文夫)すごいんだよ。お前、知らないけど(笑)。

(佐久間宣行)俺はずっとしゃべるリトルトゥースのおじいちゃんかと……(笑)。

(高田文夫)まあ、それでもいいけどな(笑)。

(磯山さやか)思われがち、思われがち。みんなそれ、思っているやつです(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました