スポンサーリンク

R-指定 KennyDoes&Cosaqu『Wish You Were Here』を語る

R-指定 KennyDoes&Cosaqu『Wish You Were Here』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2021年6月22日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でKennyDoes&Cosaqu『Wish You Were Here』を紹介していました。

(R-指定)もう曲、行こう。今日、紹介する曲というのがね、KennyDoesというね。それこそ、さっき話していた。その『Wish You Were Here』。「あなたがここにいれば」というタイトルの曲。ちょっと1回、聞いてみて。めっちゃいい曲やから。KennyDoesの新しい引き出しが完全に開いたなっていう。『Wish You Were Here』です。

KennyDoes『Wish You Were Here』

(DJ松永)いいね。俺、ちょっとびっくりしたわ。

(R-指定)これ、先週発売されたKennyDoes&Cosaqu名義で出した『NEVER CHANGE』という12曲入りのアルバムなんですけども。これ、なにがすごいかっていうCosaquさん。梅田のトラックメイカーやエンジニアをやってくれているCosaquさんと2人でがっつり密に、トラックの抜き差しとか細部に渡るまで一緒につくっていて。だから海外とかでも主流の1曲の途中でビートがバンッ!って大幅に変わるみたいな。内容は一緒なのに。そういう手法とかもあるし。

(R-指定)もちろん、KennyDoesといえばラップがめちゃめちゃ上手いですから。タイトな曲も当然、多いんですね。でも、これはテークさんがこのアルバムを聞いて言っていたのがシーンとか……その生活の1シーン、1シーン、シチュエーションにハマるような聞き方ができるというか。なかなか梅田サイファーの俺ら周りのラップっていうのはスキルやったり技術やったり。がっつり向き合って聞くということに特化してるんやけども。ケニーのこのアルバムは聞き流すこともできるんですよ。

(DJ松永)なるほどね。

(R-指定)かつ、めちゃくちゃラップがおいしいというか、キレキレの曲も入っていて。で、なによりも俺ら友達たちが聞いてびっくりしたのがこの『Wish You Were Here』という10曲目なんですけども。ケニーが歌モノでこんだけ、完全に新しい引き出しというか。それが開いて、かつ、それが全然ヒップホップも別ジャンルも関係なく。邦楽・洋楽も関係なく、ものすごい世界でも普通に戦えるレベルのグッドミュージックを作り上げたなっていうところで。

(DJ松永)すごいよ。だって前作は結構ドープな内容だったじゃない?

(R-指定)めっちゃドープな。それで今作にもドープな面はめちゃくちゃあるんやけども。この『Wish You Were Here』は内容的には「ああ、これは梅田サイファーのあいつのことやな」とか。「今、ケニーがラップで注目をされるようになったことも言ってるんやな」とも思うけど。そんなことを関係なく聞いてもただ単にめっちゃいい曲っていう。

(DJ松永)うん。それ、超素晴らしいやつだね。

(R-指定)とんでもないいいアルバムを作りました。KennyDoes&Cosaqu『NEVER CHANGE』、ぜひチェックしてください。

KennyDoes&Cosaqu『NEVER CHANGE』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました