スポンサーリンク

DJ YANATAKE Trippie Redd『Miss The Rage Feat. Playboi Carti』を語る

DJ YANATAKE Trippie Redd『Miss The Rage Feat. Playboi Carti』を語るINSIDE OUT
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんが2021年5月10日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中Trippie Redd『Miss The Rage Feat. Playboi Carti』を紹介していました。

(DJ YANATAKE)次、僕からも一押し曲を行きたいなと思うんですけども。トリッピー・レッドです。なんかやっぱりね、俺らが思ってる以上にアメリカですげえ人気があるんだなっていうのは、この新曲『Miss The Rage』っていうのが出て思い知らされたところがあるんですけども。なんか、ラップもそうなんだけども、とにかくサウンドが新しい感じがする。

(渡辺志保)ああ、やはり。そうなんだ。

(DJ YANATAKE)あと、そういうのをトリッピー・レッドは作ろうとしているっていう感じがするかな。

(渡辺志保)まあ、彼もずっとシリーズのミックステープも作っているし。本当に、途切れないよね。それがやっぱりすごいなと思いますね。

(DJ YANATAKE)そういう打ち続ける体力もあるし、新しいアイデアを生み出そっていうところがやっぱりトリッピー・レッドが評価されているところなのかなと。で、もういわゆるメロディアスなトラップの次は何になのか? みたいなところだと思うんですけども。これもまた、日本のヒップホップもほとんどああいう、歌う感じ。メロウな感じがすごく多いじゃないですか。だから、その次がどうなっていくんだろう?っていうことで、とにかく変な感じがするんですけど。まあ、プレイボーイ・カルティが参加しているんで。これは素晴らしい人選だと思うんですけども。

(渡辺志保)うんうん。

(DJ YANATAKE)プレイボーイ・カルティにも合うような、だいぶ変態チックな……まあメタルトラップとか表現しているようなサイトもあったんですけども。たぶん本人たちに言わせると新しい言葉も出てきそうな気がしますが。これ、僕も音楽的にはっきり詳しくわからないので、偉そうなことは言えないんですけども。なんかコード進行がめちゃくちゃだとか、コード進行が普通と反対みたいな書き方をしている人とかがいて。それがいまいち、どういうことなのかわからないんですけども。でも、たしかに素人の我々が聞いてもなんかちょっと変な感じ。

(渡辺志保)そうですね。なんか違和感なんですよね。でも、それが狙われた違和感。クールな違和感。それが……それは偶然できているものなのか、それとも綿密に計算されてできているものなのか。こういう曲を聞くたびに思っちゃいますね。

(DJ YANATAKE)それでわりかし、制作過程とか途中の段階とかをインスタライブとかで出していた曲みたいで。間をあけて。すでにバースをあけてさ、誰かが勝手にラップしたりとか、そういうのをした上で出している曲だったりするみたいなので、ファンとしたら「あのかっこいい曲! あのビート、ヤバいよ!」みたいな状態がもう作られていて今回、これが出たんですけども。このトリッピー・レッドの話じゃないけども、プレイボーイ・カルティのアルバム『Whole Lotta Red』がなかなか出なかったじゃないですか。

(渡辺志保)ああ、「出る、出る」って言って結局ね。

(DJ YANATAKE)ずっと出なかったんですけども。出ないから、マリオ・ジュダっていうやつが……。

(渡辺志保)ああ、マリオ・ジュダ! 昨年末ぐらいにすごい聞いた。アメリカのラジオとかで。

(DJ YANATAKE)マリオ・ジュダっていうラッパーが「プレイボーイ・カルティが出さないんなら、俺が先に『Whole Lotta Red』っていうアルバム、出しちゃうわ」って言って、出しちゃったんだよね。というマリオ・ジュダっていう人がいて。で、マリオ・ジュダはね、いろいろと乗っかるんですよ。だからこの『Miss The Rage』も乗っかって。先に、もう何ヶ月か前にリミックスを出しているんだよね(笑)。

(渡辺志保)そうなんだ(笑)。さすが!

Mario Judah『Miss The Rage』

(渡辺志保)でも、マリオ・ジュダがやっていることこそ、メタルトラップみたいな、そういう音ですよね。

(DJ YANATAKE)そうそう。でも、そういう売名行為もうまくいって、マリオ・ジュダも結構評価されたりしているから、やり方としては面白いよね。

(渡辺志保)ヤバいねー。ゲームだなー(笑)。

(DJ YANATAKE)そうそう。ゲームでしょう? で、今回、トリッピー・レッドがこのトラックでプレイボーイ・カルティを使ったのは大正解なんだけども、マニアックな人たちは「ここにマリオ・ジュダもいたらもっとよかったのにね」みたいな(笑)。

(渡辺志保)正規リミックス、出るかもしれないですもんね。

(DJ YANATAKE)そうそう(笑)。YouTubeとかでマリオ・ジュダバージョンもアップされているんで。見たら面白いと思うんですけども。勝手にそんなのを、話題が作られて作られていって出たんで。これも結構今、チャートアクションしていますね。

(渡辺志保)なるほどね。私はてっきりこれ、最初にリリックに「GTA」って出てくるし。ミュージックビデオもビデオゲームオマージュみたいな感じだからヤナさんが紹介するのかなって思ったんですけども。

(DJ YANATAKE)そうね。『グランド・セフト・オート』はもういろんなリリックに出てくるし。ビデオはね、特に『グランド・セフト・オート』は関係なくて。いわゆるナイト、騎士ですよね。

(渡辺志保)そうか。だから次のアルバム『TRIP AT KNIGHT』のタイトル……そうなんだ。なるほど、なるほど。

(DJ YANATAKE)そう。ビデオゲームオマージュで。ビジュアライザーなんかも出ていましたけども。映像もいつもトリッピー・レッド、センスいいんだよね。

(渡辺志保)さすがね。

(DJ YANATAKE)ということで、このちょっと変わったサウンド、1個新しい、次のトレンドになるかも……という感じで紹介をしたいと思います。トリッピー・レッド&プレイボーイ・カルティで『Miss The Rage』。

Trippie Redd『Miss The Rage Feat. Playboi Carti』


(渡辺志保)はい。トリッピー・レッド&プレイボーイ・カルティで『Miss The Rage』でした。いやー、変わってるわー。

(DJ YANATAKE)なんかそろそろ、ちょっと新しい感じがほしいなと思っていたので。ちょっとその気持ちにハマりましたね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました