スポンサーリンク

渡辺志保 Polo G『RAPSTAR』を語る

渡辺志保 Polo G『RAPSTAR』を語るMUSIC GARAGE:ROOM 101
スポンサーリンク

渡辺志保さんが2021年4月23日放送のbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でPolo G『RAPSTAR』を紹介していました。

(渡辺志保)それでは、Spotifyのチャートから気になる楽曲を紹介していきましょう。まず、紹介するのはUSトップ50チャートで1位。そして総合のグローバルトップ50チャートでも3位にランクインしていますポロ・Gの『RAPSTAR』という曲です。で、ポロ・G自身はシカゴ出身の若手……これだけヒットを飛ばしたら「若手、若手」っていうよりも中堅に差し掛かっているのかな? でも、若手と呼びたいというような、そんなポロ・Gですけども。

で、彼のこの『RAPSTAR』という曲がめちゃめちゃネットでバズっているみたいで。かつ、それがネットだけのバズりではなくて、ちゃんとそれがセールスになっているということらしいんですけども。「なんでなんだろう?」って思ったんですね。ちょっと失礼ながら、なぜこの『RAPSTAR』がいきなりこんなにあらゆるチャートを制しているのかと思ったんですけども。

アメリカでも1位だし、UKでも1位を取ったんですって。かつ、USとUKで1位を取って。それはリル・ナズ・Xを押さえての1位ということなんですよね。で、リル・ナズ・X、この番組でも彼の新曲『MONTERO』を紹介しましたけども。あの曲もいろんな意味でバズっておりまして。楽曲自体が素晴らしい。そして、その楽曲が持つメッセージ自体も素晴らしいんだけども、結構訴訟問題なんかにもなっているというスキャンダラスな面もあって話題になっているんだけども。

(渡辺志保)それをもってしても、このポロ・Gの『RAPSTAR』に1位を譲ってしまったということなんですね。で、ざっと調べた……本当にざっと調べただけで申し訳ないんですけども。この楽曲、ウクレレの音色がすごく印象的なんですよね。で、そのウクレレっていうのがまさにキモで。この『RAPSTAR』っていう曲は人気ウクレレ奏者のアイナー・バンクスさんをフィーチャーした楽曲ということなんですよ。

人気ウクレレ奏者アイナー・バンクスをフィーチャー

で、私はこのアイナー・バンクスさんも初めて知ったんだけども。彼、まずウクレレ奏者であるんですけど。ちょっとおもしろいのがダベイビーとかロディ・リッチ、あとはリル・ウェインとか。本当にホットなラッパーのところに行って、自分が隣でウクレレを弾きながらそのラッパーがほぼアカペラ状態でラップする動画なんかをYouTubeやInstagramに上げていて。で、YouTubeのチャンネルもInstagramもそれぞれ100万人以上のフォロワーがいる人気インフルエンサーというか、人気エンターテイナーというか、そんなウクレレ奏者の方なんですね。


(渡辺志保)なので、そういうちょっとバイラルに強いっていうか、ソーシャルに強い話題のウクレレ奏者をフィーチャーしたことがこの『RAPSTAR』がここまでのし上がった要員のひとつになっているそうなんですよ。「ああ、そういうところからヒットが生まれるんだ」っていう感じがしたんですけども。その話題の1曲、ウクレレの音色が非常に印象的な1曲になっておりますので、皆様にも聞いていただきたいなと思います。それでは、SpotifyのUSトップ50チャートで1位を獲得したこの曲です。ポロ・Gで『RAPSTAR』。

Polo G『RAPSTAR』


<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MUSIC GARAGE:ROOM 101
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました