スポンサーリンク

Creepy Nuts レゲエアーティストのすごさを語る

Creepy Nuts レゲエアーティストのすごさを語るCreepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2021年5月11日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』番組終了後のミクチャ配信限定アフタートークの中で日本のレゲエアーティストたちのすごさについて話していました。

(DJ松永)いや、疲れたわ……。

(R-指定)ちょっとみどりスペシャル、疲れたな。

(DJ松永)今日、どういう構成だったの? なんにもしなかったよ?

(R-指定)こんな予定じゃ全くなかったけど……俺もちゃんと、かける曲についてしゃべることも決めていたんやけども。

(DJ松永)GReeeeNが持っていったね。

(R-指定)もうグリーンウッドが来た瞬間、ディレクターの金子さんとかに知らせようがないから。携帯に「CHEHON みどり」って検索したページだけ出して、携帯の画面をブースのスタッフに見せて。「これをかけてくれ」っていうメッセージだけだしたら、それを読み取ってくれて。

(DJ松永)いや、金子さん、すごいっすよ!

(R-指定)すごい。よくわかりましたね。

(DJ松永)Rが携帯を渡しただけで。

(R-指定)もうこっちに入ってきてくれて、その携帯を渡したらそれで探してくれて。

(DJ松永)すごいよ。こっちに入ってきてくれて。俺、なんかてっきりGReeeeNと知り合いで、GReeeeNからメールでも来たのかな?って(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ! 違う、全然違う(笑)。

(DJ松永)まあ、その流れでCHEHONをRさん、かけましたけども。懐かしいわ。あれさ、もう本当に当時さ、MDに入れてさ、みんなで回して聞いたじゃないですか。

(R-指定)みんな聞いた!

R-指定 CHEHON『みどり』を語る
R-指定さんが2021年5月11日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でCHEHON『みどり』を急遽選曲。紹介していました。

(DJ松永)あの時はさ、レゲエ……ジャパレゲが流行っていたからね。

(R-指定)で、やっぱりちゃんと明確なのは湘南乃風がボーン!って行った『純恋歌』以降、大阪でもインディレゲエっていうのが売れだして……みたいな。

(DJ松永)あとFIRE BALLとかもね。『BIRDMAN』とか。

(R-指定)そう。『BIRDMAN』が大ヒットしました。

(DJ松永)そうそう。

(R-指定)あと、チェホンって『みどり』っていう印象?

(DJ松永)そうだね。

(R-指定)大阪ではね、『韻波句徒(インパクト)』。すごいんよ。

(DJ松永)ああ、そうなんだ。

CHEHON『韻波句徒』

(R-指定)『韻波句徒』もめっちゃ人気で。

(DJ松永)『韻波句徒』。もう大阪はレゲエの街じゃん。だいぶ。カルチャーがそもそも盛んだしさ。

(R-指定)2006、7、8、9、10とずっとレゲエの街ですね。

(DJ松永)それこそ、横浜レゲエ祭ってあるじゃないですか。あれはスタジアムが満員になるぐらい。で、『HIGHEST MOUNTAIN』とかもすごい規模感でやっていたじゃない? あの時、レゲエってめちゃくちゃ一大シーンというか。もうJ-POPの人たちと遜色がないぐらいの規模でレゲエ、やっていたんだよね。

(R-指定)そうそう。だからそれこそ、J-POPも聞くけども。でもレゲエやったら知っているみたいな。レゲエのコンピとかもありましたから。

(DJ松永)あったよね。本当にすごかったよね。学校で聞いている人とか、多かったもんね。

(R-指定)そう。大阪なんかはちょっとヤンチャな人たち……別にヒップホップに興味ないけどレゲエは知っているとか。普通に学校の先輩でも「レゲエは聞く」みたいな。レゲエ、LDH系とかね。

(DJ松永)ああ、わかる、わかる。LDHを聞いている人がもっとさらに行くとレゲエを聞いたり、ウェッサイを聞いたり。

(R-指定)そう。AKさんを聞いたりな。そうなっていくんですよね。

(DJ松永)そうそう。で、大阪は本当にレゲエが盛んだからさ。RAM HEADさんとか、あの人は北海道の人だけども東京じゃなくて大阪に出ていったんだから。

(R-指定)そう。レゲエをするために大阪に出るっていう人が一定数、いるんですよ。

(DJ松永)いやー、懐かしいね。レゲエの人たちはライブが死ぬほど上手いんですよ。

(R-指定)あのね、ホンマに……これはまあ、般若さんが10年前のインタビューで言っていたんやけども。レゲエの歌い手10人とラッパーの歌い手10人、人前にバーッと立たせたら、明らかにラッパーが負ける。それぐらい、ライブの地肩が違うっていうことを10年前のインタビューで般若さんが言っていて。俺はそれを見てめっちゃ危機感を抱いて。「ああ、レゲエの人らにまず、ステージの上で勝たなあかんのや」って思って。それを今も意識して頑張っているけども。それでもね、声量、パフォーマンス、体力……レゲエの人らの爆発力、すごいよ。

(DJ松永)すごいよね。

(R-指定)あんだけレゲエの現場でやっているSHINGO☆西成さんが「俺らラッパーのバイブスの最大がここらへんの高さやとしたら、レゲエのあいつらの最大のバイブスは(さらに上の)ここやねん。俺らが天井やと思って出しているのがあいつらの中では7割ぐらいやねん」みたいなことを言っていて。

(DJ松永)そうだよね。だからやっぱりその、めちゃめちゃSHINGO☆西成さんのライブがヤバいのは、たぶんレゲエの人とすごいしのぎを削ったからっていうのはデカいよね。

(R-指定)そこで自ずとね。

(DJ松永)J-REXXXさんとか、クソエグいじゃん。

(R-指定)めちゃめちゃエグい。

(DJ松永)あの人はすごいよね。やっぱり、レゲエの人って目の前のお客さんを楽しませようっていうショーマンシップがエグいからさ。そこで爆発させるととんでもないことになるのよ。

絶対にエンターテイメントを忘れない

(R-指定)で、絶対にエンターテイメントを忘れない。どんだけ渋い音楽性の人でも確実に目の前のお客さんを盛り上げてボスるっていうか。それをせんと絶対にステージを降りへんっていうか。

(DJ松永)そういう価値観だよね。もうがっちりお客さんを掴まないと負けみたいな感じだからさ。

(R-指定)ヒップホップはどこか、突き放すのもありっていう。それもまた渋くてよしっていうような価値観もあるから。

(DJ松永)「わかるやつだけわかればいいよ」っていうのもあるからね。

(R-指定)どっちも好きですからね。

(DJ松永)そうそう。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました