スポンサーリンク

Creepy Nutsと木村昴 ジャイアンのラッパー性を語る

Creepy Nutsと木村昴 ジャイアンのラッパー性を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

声優の木村昴さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。Creepy Nutsのお二人と『ドラえもん』のジャイアンのラッパー性について話していました。

(DJ松永)(メールを読む)「ヒップホップに馴染みがないと思っているみなさん、実は我々日本人はヒップホップの曲を聞いて育っています。その曲とは、剛田武が歌う『おれはジャイアンさまだ!』です。この歌は自分の生き様を歌うヒップホップの王道を体現している名曲なのです。そんなヒップホッパー、ジャイアンが出演している『ドラえもん』ですが、10月から放送時間が金曜夜7時から土曜夕方5時に変わります。みなさん、これからも『ドラえもん』をよろしくお願いします」。

(R-指定)ただの宣伝やった(笑)。

(木村昴)ああ、いや、でも……はい。そうなんです。時間帯がお引越しになるんですけども。

(DJ松永)へー。でも金曜の夜に慣れ親しんでいたけど、夕方になるとは。

(R-指定)でも、たしかに『おれはジャイアンさまだ!』。あの歌ってヒップホップなんですよね。

(DJ松永)そう。ボースティングだよね。

(R-指定)歌詞で言うと「俺はジャイアン ガキ大将」じゃないですか。あれってヒップホップのボースティング。言うたら、ZEEBRAさんが「俺がNo.1ヒップホップ・ドリーム」って言っているのと一緒ですからね。「俺がNo.1や!」っていうことですからね。

スポンサーリンク

ジャイアンの歌はボースティング

(木村昴)そう。それで実は二代目の新曲もありまして。「ぶっとばす デンジャラス 俺ジャイアン」っていうフレーズなんですよ。

(R-指定)あっ! ちょっと韻を踏んでる。「ぶっとばす デンジャラス」って。あ、ジャイアンってラッパーやったんやな!

(DJ松永)ラッパーだね!

(木村昴)ちょっと、ワンチャンその説あるっすね!

(DJ松永)しかも、韻を踏んでいて内容もボースティングだったらラップじゃん。

(R-指定)しかもああいう感じでガキ大将で育って、そのままもしかしたらジャイアンが大人になったら、ラッパーになる可能性が……でもちょっとBAD HOP方向かな?

(木村昴)フハハハハハハッ!

(DJ松永)ちょっと怖いな。

(R-指定)ヤンチャ方向のラッパーかもしれんな。

(木村昴)空き地ラッパーとして。

(DJ松永)空き地レペゼンのね。

(木村昴)そうです、そうです。

(DJ松永)でも、これ本当にそうですね。

(R-指定)ホンマにその通りやな。あの曲はヒップホップですね。だって、日本の歌詞であんだけ「俺様が!」っていうのってそんなに多くはないはずなんで。それを子供の頃から実は聞いてきたっていう。

(木村昴)しかも、一行目。そこから入るって相当自分に自信がありますから。

(R-指定)でも、あの後の歌詞ってどうなっているんですかね? 「俺はジャイアン ガキ大将」の後。

(木村昴)「天下無敵の男だぜ」っていう。

(R-指定)完全にヒップホップじゃないですか!

(木村昴)フハハハハハハッ!

(R-指定)言っていることは「俺がNo.1ヒップホップ・ドリーム 不可能を可能にした日本人」と同じや! でもたしかに、あれちゃいます? ラッパーは結構ジャイアン、好きなはずなんですよ。絶対に。それは「俺様が」っていうところもあって、乱暴者やけども、ちょっと映画ではいいやつになったり。その「いいやつ」の部分もあるっていうのが絶対にラッパーはジャイアンが好きって。

(木村昴)僕、実はひとつ好きなエピソードがあって。実はドラえもん、数年前にアメリカでも放送をされたことがあって。その時にジャイアンとかスネ夫とかのび太っていう名前がアメリカ版用に変わったんですけども。ジャイアンの名前は「ビッグG」ですからね。

(R-指定)ラッパーやんけ!

(DJ松永)かっこいい!

スポンサーリンク

ジャイアンのアメリカ名=ビッグG

(R-指定)ビッグGはラッパーですよ!

(DJ松永)マジっすか? もうビッグLじゃん!

(R-指定)ラッパーで言うとビッグLとかね……。

(DJ松永)ビッグ・パンじゃん!

(R-指定)ビッグG……しかも「G」ってかなりヒップホップ的にもギャングスタとかね。ビッグG!

(DJ松永)ビッグGはもう完全にラッパーの名前ですよね!

(木村昴)ウェッサイの香りがプーン!って。

(R-指定)ローライダーに乗ってるっすよね。ビッグGは。

(DJ松永)間違いない! 90年代のウェッサイのラッパーっぽいっすよね!

スポンサーリンク

90年代のウェッサイラッパーっぽい

(木村昴)(90年代ウェストコーストヒップホップっぽいビートを口ずさむ)

(DJ松永)高音のシンセが鳴っている感じで(笑)。

(R-指定)そっから出てきてあの歌を歌うっていう(笑)。

(DJ松永)ビッグGってマジで探せばいるんじゃない?

(木村昴)いるっすよ、絶対に(笑)。

(R-指定)いやー、ヒップホップやな、ジャイアンな。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました