スポンサーリンク

R-指定 CHEHON『みどり』を語る

R-指定 CHEHON『みどり』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

R-指定さんが2021年5月11日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でCHEHON『みどり』を急遽選曲。紹介していました。

(R-指定)ええっ? ああ、ちょっとこの、ね。

(DJ松永)おう、R……お前、また曲紹介の直前に金子さんにこっそりしゃべりながら携帯を渡したと思ったら、曲紹介でこのタイミングでお前、曲を変えてるのか?

(R-指定)いや、これはちょっともう変えないと。

(DJ松永)今日、何をかけるんだよ?

(R-指定)CHEHONの『みどり』(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

(R-指定)フフフ、ある? あるかな? 「探すけど」やって(笑)。ごめんなさい。直前すぎて!

(DJ松永)まあな、今日はそれしかないか!

(R-指定)いや、(この日の番組内でイントロクイズが盛り上がった)GReeeeNとGreen Day、その2つまでだったら俺はやめていたよ? GReeeeNとGreen Dayまでだったら本来、かけるつもりの曲をやっていたけども、トレンドで「グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッドのメイソン・グリーンウッド)」まで入ってきたら、もう3連揃ったから1個、さらに埋めたくなるやん? ポンでロンやん? 役、作りたくなるやん?

GReeeeN、Green Day、グリーンウッド、みどり

(DJ松永)そうだよな(笑)。今日、俺もたしかにちょうど『みどり』、ほしくなっていたわ。

(R-指定)『みどり』がほしくなってるんよ。じゃあ、ちょっと曲がかかるかどうかはわからないんですけども。ここまで来たら『みどり』、かけたいです。

(DJ松永)正直俺ら、ド世代です。

(R-指定)ド世代ですよ! CHEHONさんっていう大阪のレゲエDeejay。レジェンドです。俺らが高校生ぐらいの時にちょうどデビューして『みどり』っていう曲が大ヒットしたんです。まあ、曲を聞いていただくと普通に女性へのラブソングのように聞こえるんですが、実はあるものについて歌っている。で、そのあるものについて……女性について歌っているんやけども、ちょっとぼやかしながら。でも、直接的なところは直接言いながら、それがちゃんとダブルミーニングになって重なっていっているというこのやり方。まあ、ヒップホップとかレゲエではそういう手法は結構あるんですけども。

(DJ松永)そうそう。いわゆるナントカチューンっていうね。

(R-指定)で、逆にそれこそ、対象の女性をヒップホップにたとえてやるっていうのは我々が『阿婆擦れ』っていう曲でもやっています。

(DJ松永)そうですね。

(R-指定)でも、この『みどり』はやっぱり、ちょうどその『みどり』っていう名前がよかった。日本人の女性の名前でありえるんですよ。だからものすごくうまく、その人の趣向とカルチャーと伝統的なスキル、マナー、やり方とその対象物がバチンと……まあまあ、奇跡が起きるんですよ。ヒット曲というのは。だから、まさに「キセキの曲」っていうことで……。

(DJ松永)お、おおう……いいね!(笑)。

(R-指定)まあまあ、GReeeeNの『キセキ』って……まあまあまあ。恥ずかしいわ! では、聞いてください。CHEHONで『みどり』です。

CHEHON『みどり』


(R-指定)はい。CHEHONで『みどり』です。

(DJ松永)久々に聞いたけど、上がるねー!

(R-指定)うまいこと言ってるんですよ。「お前と出会ったのは高校ん時 場所はたしかそう道頓堀」とか「想像以上」とか。

(DJ松永)韻も固えんだな!

(R-指定)そう。「買ってしまうよ ブランド物」とかもうまいし。「春になってきれいになって 夏になってちょっと痩せちゃって」とか超うまいこと言っているし。しかも、奇跡的なのがこの曲がこのオンエアー上でかかったのがちょうど「4時20分」。

(DJ松永)びっくりしたよ、本当に!

(R-指定)びっくりですよ(笑)。

(DJ松永)震えたよ。もう今日は本当に奇跡的な出来事の連続で……。

(R-指定)もう最高でした。CHEHON『みどり』でした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました