スポンサーリンク

オードリー若林 司会の仕事をするようになったきっかけを語る

オードリー若林 司会の仕事をするようになったきっかけを語るオードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2021年5月8日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で「なんで司会の仕事をするようになったんですか?」とよく聞かれる件についてトーク。そのきっかけなどを話していました。

(若林正恭)それで全然話が変わるんだけど。『あちこちオードリー』でロッチと若槻千夏さんが来てくれて。で、コカドさんが「オードリーって、いつからこの感じ、オードリーになったんですか?」っていう質問を……「MCとかをするようになったのか?」という質問をしてもらって。で、俺は「ラジオじゃないかと思います」と答えたんだけども。

(若林正恭)『あちこちオードリー』ってオンエアーされている、されていないはあると思うけど。俺ね、「若林さんってなんで司会をやるようになったんですか?」ってゲストの方に度々聞かれるんだけど。

(春日俊彰)たしかに。

(若林正恭)ということは、「なんで司会をやるようになったかわからない実力のやつだ」って思われてるってことだよね?

(春日俊彰)いや、そういうことじゃないじゃない? 「なんでこの人が司会をやれているんだろう?」じゃないでしょう。

(若林正恭)いや、ちょっと待ってください。名前を出さないですけれど。数々のレジェンドがいます。「なんで司会をやるようになったんですか?」って聞く?

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)たとえば、上田さん。とんでもない天才。もう皆さん、知ってますよね? とんでもない天才。ツッコミの司会回しの。その上田さんに聞く人、いる? いないでしょう?

(春日俊彰)言われてみたら、いないかもね。

レジェンドたちには聞かない質問

(若林正恭)俺はね、実はそれ、ずっと気づいてるんですよ。結構『あちこちオードリー』で「なんで司会をやるようになったんでしたっけ? 若林さんの仕事、やりたいんですよ」って。カミナリのたくみも聞いていたよ?

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)「なんでこうなれたんですか?」って。あれはね、「なんでお前が?」って……「なんで」の後に「(お前が)」っていうのが入っているんだよ。

(春日俊彰)そんなことはないと思うよ?(笑)。

(若林正恭)飯塚、絶対にそうだよな?

(春日俊彰)そうかな?

(若林正恭)だって他のMCの人に聞くか? もちろん実力者だからなんだろうなってみんなが思っているけども。「(なんで非実力者のお前が)司会になったんですか?」って……(笑)。

(春日俊彰)そんな……ああ、そう? まあ、そうなのかな?

(若林正恭)俺はでも、自分がという風に見られているということは百も承知。全然、本当は少しも引っかかってない。けど、なんかああやって振り返ってみるとね。でもさ、そう考えるとあれさ、全部が繋がっているから。結局さ。だから一概に言えないよね。

(春日俊彰)「一概に言えない」っていうのは?

(若林正恭)だから俺、『日曜芸人』っていうのをザキヤマさんと升野さんとやっていたじゃん? 俺、その中に入っているスタッフさんに面と向かって聞いたんだけど。「若林を入れることに結構な人が反対してた」っていう(笑)。

(春日俊彰)ああ、そう?(笑)。

(若林正恭)「でも『若林がいいんです』って推してくれた人がいて、あの3人になったんだよ」って。で、だからその人、言ってたもん。「最初、もう全然興味なかったのよ」って(笑)。でも、『アメトーーク!』の人見知り芸人を見てくださいって素材を持ってきた1人のスタッフさんがいて。「絶対にこの3人がいいんですよ」って言った人とかによって入るから。だからニッポン放送でも「次、誰でやる?」ってなったら、誰か推す人が1人、いるわけじゃん。だから、その人にいつ出会うのか。だから放送作家さんのパターンもあるし、ディレクターさんのパターンもあるし、APさんかもわからないだろう? だから逆を言えば、「どうしても春日だけは嫌だ」って1人、言い張る人がいるかもしれないってことだよ? それは俺も含めて。

(春日俊彰)いや、それはそうだね。うん。

(若林正恭)ということは、だから辿っていくと(宗岡)芳樹がね、このラジオをやってくれて。そしたら藤井青銅さんが企画書を書いてくれて。で、青銅さんが企画書を持っていった時に「春日くんってしゃべれるんだ」って言って。「いやいや、若林くんもしゃべれるんです」って青銅さんが言ったら「いやいやいや……」みたいな話になったって青銅さん、言ってたからね(笑)。そうですよね? そう。

(春日俊彰)へー!

(若林正恭)「あ、そうなの? どういう子だっけ?」みたいな(笑)。でも青銅さんが「大丈夫ですから」って言って。Rだか0だかをやったから。ということは、ラジオ日本で青銅さんがやっていた番組で会っていなかったらないし……っていう。だから遡っていったら。で、外から引きで見ている人からしたら「あの番組だ!」とか言うけども。「俺が『マサカメTV』をやっていたの、知っているのか?」っていう話よ。こっちからしたら。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)俺は365日、ずっと若林をやっているから。「若林はあれだな。あの番組だな」みたいに言うけど。「俺が『マサカメTV』を3年間、やっていたのを知ってんのか?」ってこっちとしてはなるじゃない?

(春日俊彰)まあ、そうだね。なるほどね(笑)。たしかにやっていたよ。そこからつながっているんだね。

(若林正恭)でも、「『マサカメTV』とか医学の番組とかを大事にしなね」っていう風に言ってくれたスタッフさんもいた。「ああいうのって、『この人はやる人なんだ』ってちょっとずつでも知ってもらうっていうことだから。もう絶対にしっかりね」って言われたりもしたもん。

(春日俊彰)うんうん。たしかにね。まあど真ん中のバラエティではなかったしね。

(若林正恭)誰かが見ているっていうことだよね。

(春日俊彰)そうね。「『マサカメTV』、若林で行こう!」っていう人がね。そういう人がいたっていうことだもんね?

(若林正恭)お前、なにを笑ってんだよ?

(春日俊彰)いや、笑ってはいないけど(笑)。今、ただ確認をしただけよ。うん。「どうしても若林に『マサカメTV』を」とか「『駆け込みドクター!』がいいんだ!」とか(笑)。

(若林正恭)そんなの、こっちから言わせたら、「『学生ヒHEROES!』、春日で行こう!」って言った人がいるっていう話だからな?

(春日俊彰)いや、本当よ。だって確認したんだから。「えっ、春日1人で? 誰が言っているんですか?」って当時、言ったもんね。やっぱりね。

(若林正恭)でも、それだって春日が今、いろんな番組に……ロケとか、結構挑戦とかする中で、春日のファンがいるわけだよ。その番組に。

(春日俊彰)ただなんとなく、くじ引きとかで引いているわけじゃないからね(笑)。出演者を。

(若林正恭)だから逆を言えば、まったくオードリーに興味ない班もあるよね。もちろん、そっちの方が多いし。「ラジオ? 聞いたことないよ」っていうね(笑)。

(春日俊彰)「しゃべれんの?」っていうね。

(若林正恭)でも、そういえば春日さん、オードリー。やっぱり来てますよ。これ、第3次オードリーブームが。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! 2次から3次が早いね! 去年ぐらいに言ってなかったっけ? 2次って。

第3次オードリーブーム

(若林正恭)やっぱり、カフェチェーン店で書類を書いていたら、「『あちこちオードリー』さ……」って、女性3人がしゃべってるんだよ。

(春日俊彰)それは若林さんがいるって知らなくて? 普通に?

(若林正恭)普通に。で、全然知らないんだよ。俺、マスクして帽子かぶっていて。で、その話が面白かったのは、「あれ? 誰だっけ? 一番最初に『オードリー、面白い』って言ったの?」って話をしていて。「私、吉本の芸人さんしか好きじゃないから。『いいよ、オードリーは』ってその時、言ったんだよね」って。

(春日俊彰)ああ、その仲間の中で。

(若林正恭)そう。「私じゃない?」みたいな話をしていて。

(春日俊彰)なにそれ? オードリーをなすりつけあっているじゃん。なんなの?(笑)。「いやいや、いい、いい」みたいな?

(若林正恭)フハハハハハハハハッ! 「オードリーって面白いの?っていう話をして。それでなんか見始めたんだよね」とかって言っていて。俺、もう「ちょっと席を立とうかな?」って思うぐらい、あからさまにオードリーの話を始めたから。でも、よくあったのよ。M-1の直後とか、2009年とかはそういうことが。オードリーの話をしている人たちが。だから、第3次ブームが来ていますよ。

(春日俊彰)来てるね!

(若林正恭)第2次が小さい山すぎるけどな(笑)。

(春日俊彰)第2次は実感がなかったけどね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました