スポンサーリンク

テレビ朝日・弘中綾香 オードリー春日の結婚を語る

テレビ朝日・弘中綾香 オードリー春日の結婚を語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香さんがニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に出演。春日さんの結婚について、若林さん、春日さんらと話していました。

(若林正恭)ちなみに今日はいろんな話題があって。春日のモニタリングのプロポーズとか……。

(弘中綾香)ご結婚、おめでとうございます。本当に。

(春日俊彰)ありがとうございます。

(若林正恭)見た?

(弘中綾香)見ました。1.5倍速で(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハッ!

(春日俊彰)なんでだよ! それ、別にいらないだろ? 「見た」だけでいいだろ、それ?

(若林正恭)業務の一環としてね(笑)。

(弘中綾香)そうそう(笑)。

(春日俊彰)「そうそう」じゃないよ! なにを盛り上がってるんだよ! どこで盛り上がってるんだよ?

(弘中綾香)テレビ朝日のイントラで全局見られるんですけど。そのインターネットを使って1.5倍速で見ました(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)言わなくていいだろ、それ?

(弘中綾香)フフフ(笑)。

(若林正恭)それはやっぱり「いいプロポーズだな」って思った?

(弘中綾香)ああ、そうですよね?(笑)。

(春日俊彰)「そうですよね?」ってなによ!

(若林正恭)あんまり興味ないでしょ?(笑)。

(弘中綾香)いや、興味はあるんですけど(笑)。

(若林正恭)興味あんの?

(春日俊彰)逆によく見てくれたな!

(弘中綾香)そんなにあんまりヒストリーがわからなかったので。

(若林正恭)ああ、この春日の10年とかがね。

(春日俊彰)1.5倍速だったからね。たぶん通常速度で見たらわかったはずだよ。

(弘中綾香)ああ、そうですか。ごめんなさい(笑)。

(若林正恭)ああ、そうなんだ。じゃあ特に見ながら泣いたとか、そういうことはないのね?

(弘中綾香)そうですね。若林さんが泣いていてびっくりしました。

(若林正恭)どう思ったのよ? 俺が泣いているのを見て。

(弘中綾香)「ああ、泣くことあるんだ」って思って。

(若林正恭)フフフ、血が通ってるんだ、みたいなね。

(弘中綾香)はい。

(春日俊彰)「そういうの、わかるんだ」っていうことだね?

(弘中綾香)そうです、そうです。

(若林正恭)フハハハハハハハッ!

(春日俊彰)「感動とか、わかるんだ」って。

(弘中綾香)うんうん。

(若林正恭)なんかすごいさ、恋愛のこととか話すの、好きな人だよね?

(弘中綾香)私ですか? うん。まあ、なんで聞いてください(笑)。

(若林正恭)なんで俺が相談するんだよ!(笑)。

(弘中綾香)フフフ(笑)。

(若林正恭)結婚願望はあるの? ああいう話で言うと。

(弘中綾香)ええとですね、それで言うと私、「結婚ってしなきゃいけないのかな?」って考えている方の人間なんです。

(若林正恭)そういうことね。

(弘中綾香)すごいめんどくさい人間なんですけども。

(春日俊彰)めんどくさい?

(弘中綾香)ねえ。昨日のモニタリングも見て、なんでこうも世間は結婚をしなくてはいけないのか? または「結婚=幸せ」と考えているのか? その一元的な発想にちょっと、「ううう……胃もたれ……」っていう感じです(笑)。

(若林正恭)アハハハハハハハッ! フハハハハハハハッ! いや、あんまりいい方向から見ていないよね? じゃあ(笑)。

(弘中綾香)フフフ、だって、そういう風にみんなが「春日さん、よかったね。ケジメつけたね」っていう風に言うと、「じゃあ私とか若林さんのような結婚をしていない側の人間は幸せじゃないんですか?」ということを世の中に対して問いたい。

(若林正恭)フハハハハハハハハッ!

(春日俊彰)なるほどね。

スポンサーリンク

結婚しない人は幸せではないのか?

(弘中綾香)私はいま、すごく幸せ。結婚していないけど。

(若林正恭)ああ、そうかそうか。よく俺も言われるのよ。「幸せになってください」って。

(弘中綾香)そう。いま、幸せですよね?

(若林正恭)俺はね、幸せ。いま(笑)。

(弘中綾香)よかったー(笑)。

(春日俊彰)フフフ、まあまあ、そうね。それは。

(弘中綾香)春日さんも幸せだと思うんですよ。

(若林正恭)春日も結婚する前も後も幸せなのよ。

(弘中綾香)そう。

(春日俊彰)まあ、その幸せの感じが違うっていうことですね。

(若林正恭)どういう感じから、どういう感じなの?

(弘中綾香)あ、知りたい。

(春日俊彰)だからなんだろうな? まあベタな話、なんか景色が変わるぐらいのね。

(弘中綾香)フハッ!(笑)。

(春日俊彰)笑ってるんじゃないよ! もう吹き出しちゃってるじゃん!

(弘中綾香)なんか男の人って「景色」言いがちじゃないですか(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハッ! 「景色が変わる」って(笑)。

(春日俊彰)だから「ベタな話」って言ってるじゃない!

(弘中綾香)「景色」言いがち(笑)。「景色を見せてやりたい」みたいな(笑)。

(若林正恭)フハハハハハハッ! 乗ってくるのが早えよ! ラジオ初にして(笑)。

(春日俊彰)早いなー(笑)。

(弘中綾香)「景色」言いがちですよ(笑)。

(中略)

(若林正恭)だったら、ああいうのは勝手にやってもいいの? YouTubeは?

(弘中綾香)やっちゃダメです。「やりたい」って言っています。

(春日俊彰)でも、テレ朝のインターネットの番組とかはあるでしょう?

(弘中綾香)あります、あります。

(若林正恭)えっ、どうなっていきたいの? 自分の未来像は?

(弘中綾香)私はですね、さっき言ったような「こうしなきゃいけない」とか「こうしないと普通じゃない」みたいな世間のそういうものを変えていきたいんですよ。

(若林正恭)価値観みたいな。常識を?

(弘中綾香)そう。革命家になる。

(若林正恭)革命家の最初だもんね。

(弘中綾香)フフフ、そう(笑)。そういうものを変えていくのってそうですよね。

(春日俊彰)ぶっ壊していくっていうことだもんね。

(弘中綾香)はい。そういう概念とかルールとか。

(若林正恭)だからいまの日本は概念に縛られているのね。

(弘中綾香)そうです。

(若林正恭)結婚しかり、制度しかり。

(弘中綾香)そう。家族のあり方とか。

(若林正恭)それは多様でいいじゃないか?って。

(弘中綾香)そうです。私はそう思っている。

(若林正恭)だからそれを壊しにいくっていう人だね。カウンターの人だね。

(弘中綾香)そうです。先頭をきって行きます。

(若林正恭)それはもう革命家よ。やろうとしているのは。

(弘中綾香)なりたいの。

(若林正恭)それは、でもその足がかりとして、アナウンサーをやっていくことなの? それをなすには?

(弘中綾香)でもいま、知名度を上げているところです。

(若林正恭)ああ、それをやるために。じゃあさ、本とか出すわけ? ゆくゆくは。

(弘中綾香)どうなんですかね? でも、考えをまとめたりするんですかね?

(若林正恭)1回。で、みんなこうだよって。

(春日俊彰)なるほどね。一応その「お前は何者なんだ?」って言われないように……。

(弘中綾香)うんうん。

(若林正恭)でも、ラジオにぴったりだよね。そんな、「みんな、おかしいと思わない?」ってオープニングトークをして。「私、こういうことがあったんだけどね……」ってオープニングトークで(笑)。

(弘中綾香)そう(笑)。

(若林正恭)で、メールが来て、読んで。「そうそうそう!」ってなって、イベントをやって……(笑)。

(春日俊彰)ああ、広がっていくね。どんどんどんどん広がっていくね。

(若林正恭)だからテレ朝が作ればいいじゃんね。そういうのを……。でもまあ、難しいんだろうな。

(弘中綾香)みんな、生きやすい世の中にしていきたいです。

(若林正恭)やっぱりいま、生きにくい?

(弘中綾香)生きにくい。

スポンサーリンク

現代社会の生きにくさ

(若林正恭)どういうところが不満なの? その制度のこと? 常識?

(弘中綾香)制度じゃない。その、みんなの風潮です。

(春日俊彰)風潮? 空気とか、そういうこと?

(弘中綾香)空気とか。私で言うと28歳で未婚だと、「なんで結婚しないの?」とか、そういうことですよね。

(若林正恭)はいはい。じゃあ、さっき俺がした「結婚願望、あるの?」とかっていう質問はダメなのかな?

(弘中綾香)もう、ちょっとダサい。

(若林正恭)フフフ(笑)。

(春日俊彰)なるほど。若林さん、ダサかった。

(弘中綾香)うんうん(笑)。

(若林正恭)いや、まさかこんな時間差で「ダサい」って言われるとは思ってなかったから、より効くよね(笑)。

(弘中綾香)フフフ(笑)。

(春日俊彰)うん。あの時、ダサかったんだな。

(若林正恭)「あの時、ダサかった」(笑)。でもそれこそネットとかも駆使していきたいのね?

(弘中綾香)そうですね。

タイトルとURLをコピーしました