スポンサーリンク

R-指定 フラワーカンパニーズの『深夜高速』を語る

R-指定 フラワーカンパニーズの『深夜高速』を語る サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

R-指定さんとDJ松永さんが2020年9月27日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中でフラワーカンパニーズの『深夜高速』について話していました。

(R-指定)それで俺がラジオで出会った曲。俺がかけたいのは俺も曲名とかタイトルコールとか調べずに、ラジオで聞いたまんま記憶に残っていて。「あれ、なんやっけ?」っていうのがすごいあるんですけども。俺はフラワーカンパニーズの『深夜高速』という曲で。

(DJ松永)ああ、それがそうなんだ?

(R-指定)そう。この曲自体は結構前に出てたんですけど。俺は高校生の時に初めてラジオで聞いて。普通に車に乗っている時にラジオで曲の途中ぐらいから流れてて。で、サビの「生きててよかった」っていうフレーズ。それを聞いた時に心をわしづかみにされて。サビもすごいんですけど、「生きててよかった」というサビの後に2番の頭。「10代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる 若さはいつも素っ裸 恥ずかしいほど1人ぼっち」みたいな歌詞があって。そこで「うわっ!」ってなって。

(DJ松永)本当にすごい歌詞を書くよな。

(R-指定)いや、すごいですよ。それで、「この曲、なんていうタイトルなん?」みたいなのがずっと気になってて。俺も、何やったっけな? なんでそれを知ったんやっけな? なんかたぶん、ずっと「生きててよかった♪」みたいなのを普通に口ずさんでいて。たぶん軽音部の友達とかに「この曲、知ってる?」って聞いたら「それ、フラカンじゃん」みたいに教えてもらったのかな? で、それが高校生の時なんですけども。超お気に入りの曲でずっと俺の中では大切な曲やったんですけども。松永さんと出会った時にヒップホップ以外のジャンルを聞かせ合うみたいなので。それで「フラカン、めっちゃいいで」ってこの『深夜高速』を聞いてもらって。それで「めっちゃいいっすね!」って2人でなって。で、『深夜高速』のトリビュートアルバムみたいなのが出たんですよね。

(DJ松永)そう。全部『深夜高速』の。

『深夜高速 -生きててよかったの集い-』

(R-指定)そう。全員、いろんなアーティストが『深夜高速』を歌っているんですよ。それで、2人で一緒に聞いて衝撃的やったのがやっぱり泉谷しげるさんの『深夜高速』。もうイントロから、しゃべりから始まるみたいな。「おい、どうだったっけ? こんなもん? おお、いいよ。間違えちゃっても。やっちゃおう!」って言って急に始めるっていう(笑)。

(DJ松永)フフフ(笑)。

(R-指定)それで歌い方も「青春ごっこをいまーもー♪」。

(R・松永)「続けながら旅の途中♪」って(笑)。

(R-指定)全部語呂が微妙にズレていくんやね。

(DJ松永)全部ちょっとずつ違うっていう。

(R-指定)「いきててよかったー、いきててよかったー♪」っていうね。「こんな夜をさがしてるぅー♪」っていう。めっちゃ泉谷さんの曲になっているんですよ。

(DJ松永)本当に、曲を知らない状態で歌詞カードを渡して「読み上げてください」って言ったような感じの歌なんですよ。でもそれが超最高。

(R-指定)超最高。だからそれもね、ラジオで出会った『深夜高速』ということで聞いてもらいましょう。

フラワーカンパニーズ『深夜高速』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました