スポンサーリンク

星野源『わしゃがなTV』出演と『オマリーの六甲おろし』を語る

星野源『わしゃがなTV』出演と『オマリーの六甲おろし』を語る星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

星野源さんが2021年2月23日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でYouTube番組『わしゃがなTV』の出演を振り返り。中村悠一さん、マフィア梶田さんのことや『オマリーの六甲おろし』について話していました。

(星野源)さあ、ここで本日の1曲目をお送りしましょう。先日、これも大きな話題になりましたね。『わしゃがなTV』というYouTubeの番組に出ました。それで僕、YouTubeの番組に出るのはほぼ初めてで。YouTubeの番組というか、声優の中村悠一さんという方とマフィア梶田くんという僕のお友達のマフィアがやってる……(笑)。心優しきマフィアがやっているチャンネルがありまして。

あ、そうだ。あれだね。渡辺直美さんのYouTubeチャンネル生放送にちょっと出たりとかはしましたね。だけど、番組として事前収録で……みたいなのはほぼ初めてだったような気がするので。そこでですね、すごく楽しい収録をさせていただきまして。もし見ていない方がいたらぜひ、見てみてください。

(星野源)そこで、ゲームをやったりとか、買ったものとかを開封したりするようなチャンネルではあるんですけど。そこの企画でですね、『モンスターファーム』という昔、そのソフトにCDを入れて、CDからモンスターを生成してそれを戦わせるみたいなゲームがあるんですけど。「それで対決しましょう」みたいなコーナーがありまして。そこで僕が選曲した曲を1曲目にかけたいと思います。

あの『わしゃがなTV』が公開された後にこの曲の再生数が鬼ほど上がったという、そんな曲をお送りしましょう。みんなで一緒に歌おうね。オマリーで『六甲おろし』です。

オマリーの六甲おろし

(星野源)素晴らしすぎるよね。何度聞いても(笑)。僕は中学・高校の時にコサキンさんの『コサキンDEワァオ!』というラジオ番組名も毎週欠かさず聞いていて。その中でコサキンソングとして流れていた曲で。もう虜だったわけです。でも、その『わしゃがなTV』の中でも言いましたけども。深夜ラジオ、ラジオ界では鉄板地の鉄板で。クラシック中のクラシックなんですけど。

星野源と関根勤・小堺一機 オマリーの六甲おろしを語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で小堺一機さん、関根勤さんをゲストに迎えてコサキンソングの名曲 オマリーの『六甲おろし』について話していました。 #星野源ANN をお聴き頂きましてありがとうございました!本...

(星野源)いやー、やっぱり久しぶりにラジオで流すと、ちょっと本領を発揮するよね(笑)。特に英語の方の……新しい曲に突入していく感じがね。だから、ちゃんとした『六甲おろし』を聞くとちょっと物足りない気持ちにもなるぐらい聞き倒しているんですけども。ぜひ皆さん、普通にサブスクとかにあるんで。ぜひ、みんな聞いてください(笑)。

(星野源)で、『わしゃがなTV』の感想メールが来てですね。神奈川県の18歳の方。「『わしゃがなTV』、見ました。まさか中村悠一、星野源、マフィア梶田の並びが見れる日が来るとは……梶田さんとお友達ということは知ってましたが、実際に話してるところを見るのは新鮮でした。源さんの熱い語りでかなり盛り上がりましたね」。そうですね。なんかアニメの話とかさせていただきましたね。

「特に『働いたら負け』Tシャツを着ている大道具さんの話は『わしゃがなTV』だからこそ話せるめちゃくちゃステキな話だなと思いました。『オマリーの六甲おろし』、めっちゃ笑いました。次回どうなるか楽しみすぎます。PS 中村さんの誕生日配信で中村さんが『源ね』ってめっちゃ距離縮めて源さんのことを話してました。星野さんの曲『変わらないまま』が好きとも話してましたよ」という。ありがとうございます。

たくさんね、感想をいただいて。これもちょっと話そうかな。「『わしゃがなTV』、源さん回を見ました。最高! とても面白かったです。はっきり言わせていただくと、私はゲームやアニメのことはわからなく、中村さんや梶田さん、はたまた源さんのトークの内容もところどころ分からないこともあったんですが、それでも3人のトークのやり取りがあまりにも面白く、大爆笑しました。なのでその後すぐに配信された中村さん誕生祭の回を早速見ました。

その冒頭に源さんが出演された時のことを話されていて、中村さんが源さんのことを『源、源ちゃん』と呼び、梶田さんに『いない時は好き放題だな』と突っ込まれ、中村さんが収録中に源さんのことをがっつり観察されてされていたこと。『あの指輪、高いのかな? 私物じゃないのかな?』と見ていたこと。『実際にお会いしたら引き付けられるオーラがある。それから楽曲をいっぱい聞いた。その中でも”変わらないまま”がいい』とお話されていました。2人で源さんに対してのマウントの取り合いをされていました。源さん、見られました?」。

ああ、見ました、見ました。そうそう。悠一ね。悠一が俺のことを……(笑)。まあ、厳密には向こうの方が歳上なんで。1歳、歳上なんであれなんですけども。ちょっと悠一がね……距離を縮めてきてね(笑)。本当に、俺のことが好きなんだなっていうことで……(笑)。怒られる(笑)。

で、そうそう。梶田くんが……「誰、その人?」って思う人がいたら、あれです。『シン・ゴジラ』をご覧になっていたならば、石原さとみさんのSP役ということで、なんとなくイメージがつくのかなとか。

お友達・マフィア梶田

(星野源)まあ、本当にいろんなことをやられているライターさんだったりするんですけども。その梶田くんと『いだてん』というドラマを僕がやった時に、英語をずっとしゃべる役だったんですけど。その英語の先生がいて。その英語の先生と梶田くんが友達で。それで紹介してもらって。「ラジオを聞いたりとかしてましたよ」みたいな話をして友達になって。で、その後に食事したりとか。もう結構、それは前なんですけども。まだコロナ禍になる全然前で。あの食事させてもらったりとかして。その時に杉田智和さんとお食事をさせてもらったりとかして。そこでちょっとお友達になったりしてですね。で、交流をさせてもらって。

そういう縁もあって、ビリビリ動画っていう中国の動画サイトで『Bilibili Macro Link』っていうライブイベントがあったんですよ。それで僕のライブ映像を流すっていう時に、ただライブ映像だけを流すのはちょっとつまんないなと思って。「じゃあ、杉田さんにナレーションしてもらいたいな」と思って。「一緒に仕事したいですね」って話をしてたんで。で、杉田さんに僕のプロフィールとかを紹介してもらってから、僕がライブをやるっていうそういうのをオファーさせてもらったりとかして。

それで、今度また杉田さんのラジオ番組があって。文化放送の『超!A&G』っていうネットの放送なんですけども。それにゲストで出させてもらって。この間、収録してきて。で、すっごい楽しかったです。本当、そのビリビリの話とかをする予定だったんだけども、違う話で盛り上がっちゃって。「ああ、もう終わっちゃった!」みたいな。すごい楽しかったです。アニメの話をしたりとか、どういう風にゲームをやってきたのかみたいな話をしたりとか。そうですね。だからこの『わしゃがなTV』でもそうだったし、杉田さんの『アニゲラ!ディドゥーーン』っていう今度やる番組もそうですけど。しゃべってた時に「俺、そういえばなんかこういう話、全然自分のラジオでしてなかったな」と思って。

特にしないようにしてたわけじゃないだけど、なんとなくしてなかったなと思って。なんか、「しよう」って思って(笑)。自分の番組なんでしてなかったんだろう?っていうのすごく不思議に自分でも思ったので。しようって思いました。あと、マフィア梶田くんがインタビューしてくれた記事みたいなのが4Gamer.netというサイトで今度公開するので。そこも割とゲーム寄りのインタビューというような感じで。結構長くインタビューをしてもらって、すごい楽しかったので。それも公開されると思いますので、ぜひ見てみてください。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました