スポンサーリンク

佐久間宣行と平成ノブシコブシ ひな壇戦国時代の芸人たちを語る

佐久間宣行と平成ノブシコブシ ひな壇戦国時代の芸人たちを語る佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

平成ノブシコブシの吉村さん、徳井さんが2021年2月17日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんと千鳥の天下取りについて話していました。

(徳井健太)俺がそれ(天下取り)を諦めたのは、一緒にひな壇に出てる時に小籔さんとかサバンナ高橋さんとか千鳥とかブラックマヨネーズさんとか。そのへんがまだ一緒に行ってた時があったんですよ。

(佐久間宣行)なるほど。そのM-1チャンピオンクラスがひな壇で大渋滞してた頃、あったね!

(徳井健太)それで俺らは若手でちょびっといた時に、やっぱりその「ちょっと、ちょっと」とかの角度がもうエグすぎて。みんなが。クイズ番組とか出て、東京ってモデルさんとか俳優さんと一緒に仕事してたけど、大阪の人たちはしていないじゃないですか。だから「どうですか、皆さん?」っていう時に「はい、はい」って言いながらめちゃくちゃボケて正解の答えを出す人たちばっかりだったんですよ。で、俺は東京にいたから、「とりあえず一投目はボケないで……」とか「最後はオチで」とか、そういう生温いことをやっていたんですけど。大阪の今のMCクラスの人たちは一発目でそれ、全部さらっていったんですよ。モデルさんとかにおいしい蜜なんか一切なめさせないっていう。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)それで俺は見て、「ああ、やめよう。ここにいたら、いずれ道がなくなる」と思って。

(佐久間宣行)なるほどね。要は、本当にみんな武器を全部ガッチガチに固めて。「一発目で殺さないと、こっちが殺される」と思ってやってるようなひな壇だったんだね。

一発で仕留めないとやられるひな壇

(徳井健太)で、一緒にいたはずなんですけど、吉村はそう思ってるのかなと思って。吉村はでも、そうは思って言ってなかったんだよね。その時にね。「俺も行ける」って思ってたから……俺、その時に結構「吉村、すげえな」と思ったんですよ。

(吉村崇)「行ける」っていうか、「負けられないな」と思ってやったけど……でも全然違うよね。持っている武器は。こっちはもう……。

(徳井健太)違うよな。

(佐久間宣行)そうか。もう恐ろしかったもんね。あの頃のひな壇の人たち。

(吉村崇)怖かったです。しゃべれなかったですもんね。

(徳井健太)普通にジュニアさんとかもいたしね。同じ並びで。もう容赦なく来たもんな。

(吉村崇)なんにもしゃべらないで帰る時もあったもんね。

(徳井健太)しゃべれないんだよな。なんか、アンケートとかでいっぱいブワーッて書いてますけども、明らかに自分たちのところを順番抜かししていって。もう豪速球を投げてくるから。俺らの140キロのカーブとか、そんなの通用しないよ、もう。「もう、いいって! ディレクターさん、俺らはもういいよ」って思うけど……。

(佐久間宣行)あの重量打線がいて、後ろの2段目に、たとえばだけどフジテレビのユニットコントバラエティが終わった直後のメンバーがまとめて呼ばれたりしてるけど。そのユニットコントの思い出を語る以外の武器を渡されてないから。そこで先輩にいじられる以外は黙っているっていう感じのひな壇が何回かあったもんね。

(吉村崇)ありました。で、「これからどうすんの?」「もう終わったでしょ」「ちょっと、ちょっと!」しか言えないっていう。「ちょっと、ちょっと!」しか立って言えない時代がしばらくありましたね。

(佐久間宣行)「ちょっと、ちょっと!」のための屈伸しかしないっていう(笑)。

(吉村崇)そのために仕事前に弁当を食って。「ちょっと、ちょっと!」って言ってタクシーで帰って。変な仕事でしたよ。あの時。

(徳井健太)そうだね。

(佐久間宣行)その時、やっぱり吉村とかの同年代の芸人さんたちはみんな悩んでいた。1枚目の壁が厚すぎて。

(徳井健太)オードリーとかもそうですもんね。

(佐久間宣行)そうそうそう。だからきっと西野はひな壇をやめたし。わかんないけど。オードリーはたぶんラジオにめちゃくちゃ力を入れたりとかしていったんじゃないかな。きっと。その独自の咲き方を模索したんじゃないかな? 又吉くんは小説を書いたし。

(吉村崇)ああーっ!

(徳井健太)考えていたんですね。みんな。

(佐久間宣行)だからお前だけだよ、諦めたの?(笑)。

(徳井健太)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)お前だけが「殺しに行く」って言っていたんだよ(笑)。まずは相方を(笑)。

それぞれ自分の武器を探す

(佐久間宣行)みんな、とりあえず違う根を張ろうっていう時期になったけども、吉村はまだ諦めてなくて。他の人たちはそれぞれ自分の武器を探してた時期だったんだね。きっと。それが今、花が開いていろんな回収のされ方をしてきたんだけども。千鳥はその時に大阪でたぶん牙を磨いていたから、東京に来た時に仕上がっていたのかもしれない。

(吉村崇)とはいえ、千鳥さんの関東での勢いをつけたのは俺、佐久間さんだと思いますよ。あの番組ですよね。『キングちゃん』だと思いますけどね。

(佐久間宣行)たしかにあれ、東京初冠なのよ、あれ。

(吉村崇)あそこであの千鳥さんの自由奔放な、ちょっと暴力的な怖さのお笑いをやったのは相当デカかったですけどね。布陣もよかったしね。くっきーさんとか。

(佐久間宣行)そうね。あの時はゴッドタンが関東の芸人さんのお笑いがあって。実は『ざっくりハイタッチ』が終わったのよ。で、俺は大阪の芸人さんの番組がテレ東になくなっちゃったから、どうしても作りたいなと思って会社に言っていたんだけど。誰も作らないから「じゃあ、俺がやろうかな」っていうので。それで、どうせやるんだったら俺、『千鳥弁当』とかを取り寄せて見ているぐらい千鳥が好きだったから。「千鳥で冠をやりたいんです」って言ったら会社からは「はあ?」って言われて(笑)。

(吉村崇)最初ですか?

(佐久間宣行)そうだよ。だったあの時だもん。それで千鳥のマネージャーに電話して。「やりたいんですよ」「本当ですか」っていう風になって。それで、相性のいいメンバーを探していったらくっきーと麒麟・川島くんと。その2人を千鳥の両サイドにバコンと置いた感じだね。

(吉村崇)すごいな、その布陣。

(徳井健太)でも、そういうことなんじゃないですか。その佐久間さんとかが「千鳥と番組をやりたい」って思うから……。

(吉村崇)やめてくれよ……。言わないでくれよ……。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)でも、明らかにそうじゃん? だから売れたんですよね。たぶんいろんなスタッフも「千鳥でやりたい!」っていう人が当時、日本中に……。

(佐久間宣行)そうだね。気ついたのがたとえば俺の番組がきっかけだったりとか、そういう東京の人はいるかもしれないけど。まあでも、「やっぱり面白いな」と思わせる何かっていうことだよね。

佐久間宣行と平成ノブシコブシ 千鳥の天下取りを語る
平成ノブシコブシの吉村さん、徳井さんが2021年2月17日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんと千鳥の天下取りについて話していました。

(吉村崇)ちなみにディレクターさん、各局で仲良かったりするじゃないですか。「吉村で始めたい」って言ってる人、聞いたことありますか?

(佐久間宣行)ちょっと待て。ええと……。

(徳井健太)変なトーンになったな(笑)。

(佐久間宣行)いや、ここは嘘ついてもしょうがない。笑いのために嘘をついてもしょうがないから。ちゃんとリアルに。全部思い出した方がいいから……。

(吉村崇)いやいや、それが答えですよ、佐久間さん(笑)。

(佐久間宣行)うーん……いや、聞いたことない(笑)。

(吉村・徳井)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)これなんだよなー!

(徳井健太)でもナンバー2には置きたいのよ。

(吉村崇)来てほしいけど、作りたくはないんだよな。これなんだよ!

(佐久間宣行)「これなんだよ!」っていうCMへの行き方(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました