スポンサーリンク

佐久間宣行と平成ノブシコブシ 千鳥の天下取りを語る

佐久間宣行と平成ノブシコブシ 千鳥の天下取りを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

平成ノブシコブシの吉村さん、徳井さんが2021年2月17日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。佐久間さんと千鳥の天下取りについて話していました。

(佐久間宣行)メールが来てます。「吉村さんは天下一の側近には既になっているイメージがあるので、あとは謀反を起こすだけです」。フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)たしかに……側近というか、まあそうですね。お師匠さん。有吉さん然り……。

(佐久間宣行)だって嵐、有吉さん、堺正章さん……(笑)。

(徳井健太)星3つ(笑)。

(吉村崇)星3つかー!

(佐久間宣行)やっぱりもう、天下人の側近にはなっているっていうことでしょう?

(徳井健太)まあ、くりぃむさんもそうよね。

(吉村崇)いやー、クーデターは起こせないんですよね。

(佐久間宣行)あのさ、やっぱりそういう天下を取られているようなタイプの人と仕事しながら、「違うな」っていうのは思うの? 「ここが違うな」とか。その上が……。

(吉村崇)ああ、なるほど。思いますね。まあ、もちろん言う内容もそうですけども、目の動きが違いますね。

(佐久間宣行)視野が違うっていうこと?

(吉村崇)視野が違います。もうすごいですよ。早いですよ。目の動きが。なんか全部を見ているし。あと、天下人の共通点みたいなのがあるんですけど。誰かが笑ったら、その人に向かって振り向くんですよね。だから笑いに対してすごい貪欲というか。

天下人は視野が違う

(佐久間宣行)ああ、自分が気づいてないところでも笑いがあったらもうパッと見るんだ。

(吉村崇)パッて見るんですよね。それは全員、そうですね。松本さんも、さんまさんとかも含めて。それが俺はできないんですね。笑った人を見ないというか。

(佐久間宣行)ああ、自分のことで視野が狭くなっている?

(吉村崇)狭くなっちゃっている(笑)。

(徳井健太)たしかにそうだな(笑)。なんか嬉しそうな顔して笑っているもんな(笑)。笑ってもらったら。

(吉村崇)笑ってもらったら「ああ、よかった!」ってホッとしちゃうから。それがまだ、できていないかなー。ただ、クーデターは起こしにくいですね。まだ。

(佐久間宣行)そうね。クーデターとはまた違う天下の取り方をした方が……自分の城を建てた方が早い時代になってるもんね。

(吉村崇)どうやって建てるんですか?

(佐久間宣行)いや、わからない。だからさ、ぶっちゃけ最近で言うと千鳥がそうなったわけじゃない? 千鳥もこの2年ぐらいじゃん?

(吉村崇)そうですよ。急にですよ。

(徳井健太)まあ、でもな、千鳥さんはやっぱり面白かったですからね。

(佐久間宣行)まあね。大阪でやってる頃からね。全部の番組がね。

(徳井健太)一緒に『ピカル』もやってましたけど。やっぱりこう、なんか「切ってやろう」感が2人ともすごかったですからね。それはまあ、売れるだろうなとは思いましたけども。

(佐久間宣行)『ピカル』とかやりながら目が違った?

(徳井健太)違いました、違いました。もうずっと……大悟さんは特にね、なんか最初にコントをみんなでやるみたいになった時も、モメてやらなかったですからね。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)基本、『ピカル』のコントって作家さんとかディレクターさんが書いてきてくれたのをオリジナルでみんなで変えてやっていたんですよ。それに対して文句を……俺ら、あの時はもう10何年目だったんで。まあ、直美はちょっと言ってましたけど。俺らはもう基本、やってたんですよ。でも大悟さんは本当に5、6時間、ディレクターと帰ってこなくて。それで「やらない」って言って。「うわっ、尖ってるー!」って思いましたもん。「まだそれ、やるのか! 千鳥はやっぱり違うな」って思いましたよ。

(吉村崇)とはいえ「天下人はしばらく出ないだろう」みたいな、なんとなくあったわけですよね? 有吉さんがバーン!って行ったけども。

(佐久間宣行)そう。ここからは群雄割拠で、天下人にはなりにくいな。なぜなら、城が落ちてないから。そう思っていたでしょう?

(吉村崇)「それらはそこの城にただ、勤めに行くんだよ」みたいな。

(佐久間宣行)「年貢を納めにいくんだよ」みたいな(笑)。

(吉村崇)なんとなく、そういう中で急に千鳥さんが現れたんですよね。「まだ天下ってあるんだ! 失敗したわー! ちゃんとやればよかった!」って(笑)。

(徳井健太)でも、なんかちょっと千鳥さんはクーデターを起こしたっぽくない?

(吉村崇)起こしたのかな?

千鳥はクーデターを起こした?

(徳井健太)よくフットの後藤さんとかって「もうひな壇は出なくした」っていう風に言うじゃないですか。「あえて出ない。仕事も給料も減るけど」っていう。それを俺、千鳥さんもたぶんやったと思うんだよね。やっぱり途中から……昔はひな壇とかばっかりだったのが、急にMCばっかりになったっていうのは、決めたと思うんですよね。マネージャーさんに言って。あんまりギャラが安いとか、自分らがあんまりおいしくない仕事っていうのは切っていったんだと俺は思うんですよね。特にノブさんはそういうの、計算高いタイプだから。

(佐久間宣行)それが徳井のを考える千鳥の道のり?

(徳井健太)だと俺は思っていますね。どこかで勇気を振り絞ったのかな?って。

(佐久間宣行)でもなんか、やっぱり「面白い」が浸透してさ、やっぱり「天下」っていっても本当に正当な天下だよ。なんでかっていうと「やっている番組が面白い」っていうので。だから本当、最高の行き方じゃん? 個人だけがどうじゃなくて「『相席食堂』が面白いです」とか「『テレビ千鳥』が面白いです」とかになっていくってすごいよね。

(吉村崇)すっげーなー! それがいいよなー!

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)本当、それがいいよなー! おかしいよなー! ズルくないですか?

(徳井健太)ズルくはないよ。

(佐久間宣行)ズルくはないよ。だってコンビが面白いんだから。

(吉村崇)ズルいなー。来ないもんな、そんなの。

(佐久間宣行)ああー。まあ、でもそれは東野幸治さんが言っていた。前に『あちこちオードリー』に出た時に。「俺たちはディレクターと会うために特番という旅を始めて……」って。それでディレクターに出会って。「自分に賭けてくれたり、才能がめちゃくちゃあったりするディレクターと会うための特番という旅をしているんだ。岡村隆史と片岡飛鳥が20代で出会ったみたいな。それをまだ探しているんだけど、全然出会わねえ!」って言っていて(笑)。

(吉村崇)いやー、長い旅だなー。

(徳井健太)たしかにスペックはもちろん全然違うけど。東野さんと吉村ってもしかしたら似ているかもね。

(佐久間宣行)傭兵タイプということ?

(徳井健太)東野さんって別に自分を押し出すことってあんまりないのよ。MCをやっていても。その場に溶け込んで、あたかもいないかのように。で、たまに東野節をパパッと出すだけで。だから似てるんじゃない? ゆくゆくは東野さんなんじゃない?

(吉村崇)俺が?

(佐久間宣行)ああ、そのロールモデルというか。たしかに東野さんはね、「フロアディレクターのつもりでMCをやっている」っていう風に言っていた。

(吉村崇)ああー、似てる!

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

ノブコブ吉村=東野幸治タイプ説

(吉村崇)似てるというか……「俺なんてどうでもいい」って思いながらやったりしてますからね。

(佐久間宣行)「この現場が良くなればいい」っていうことでしょう?

(徳井健太)嵐のことだけを考えていたもんな。

(吉村崇)嵐のことだけを考えていた。2020年は。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! それは逆にかっこいいけどね(笑)。嵐のことだけ……「嵐を喜ばせたい。嵐のよさをみんなに届けたい」って?

(吉村崇)届けたい。嵐さえ喜んでいただければ……。

(佐久間宣行)それは素晴らしいけどね(笑)。

(吉村崇)はー、そうか。でも、あるわけですね。天下は。

(佐久間宣行)あるっていうことだよね。やっぱり。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました