スポンサーリンク

DJ CHARIとDJ TATSUKI Tohjiとの『GOKU VIBES』制作を語る

DJ CHARIとDJ TATSUKI Tohjiとの『GOKU VIBES』制作を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク

DJ CHARIさんとDJ TATSUKIさんが2021年1月18日放送のblock.fm『INSIDE OUT』に出演。Tohjiさんとの『GOKU VIBES』制作について話していました。

(渡辺志保)で、この『GOLDEN ROUTE』からはもう皆さんも本当にご存知だと思いますし、もうフロアンセムと化した『GOKU VIBES』があるわけですけど。この曲について、せっかくなので伺いたいなって思っていて。この『GOKU VIBES』はいつごろ、何をきっかけに作った曲なんですか?

(DJ TATSUKI)ええと、アルバムすべてに……要はたとえば「Tohjiくんで1曲、作りたい」とか。「OZworldで1曲作りたい」とか。軸の方を選ぶことが多いんですよね。

(DJ CHARI)フックを歌う人を選んで、その人に会うのはどれだ?っていう風にまずやるんです。

(DJ TATSUKI)で、Tohjiくんにゾットのビートを3つぐらい、投げていて。その後に、もうメンツは決まったんだよね。チャリね。先に。

(DJ CHARI)そうですね。もうTohjiくんとの場合は自分が「このトラックに誰を乗せたいですか?」ってTohjiくんに聞いて。そしたら「まず、韓国のラッパーとやりたい」っていうのがあって。それから「日本の女の子のラッパーを1人、入れたい」という。それで、韓国のラッパーの子を紹介してもらって。UNEDUCATED KIDくんとFuturistic Swaverくんを紹介してもらって。あと、Tohjiくんが「Elle Teresaちゃんとやりたい」って言って。

(渡辺志保)へー! そうなんだ!

(DJ TATSUKI)『GOKU VIBES』に関してはマジでTohjiくんの……これに関しては結構Tohjiくんなんですよ。他の曲と比べても、アーティスト先行というか。Tohjiがヤバすぎるっていうことで(笑)。

(渡辺志保)へー! なんかさ、前もちょっとチャリくんに聞いたのは、結構Tohjiくんがいろいろ、ビートも触ってから送り返してくれた、みたいな。

(DJ CHARI)1回、Tohjiくんとレコーディングに入ったんですよね。それで、乗せて。そこで1回、完成させたものをその後、1週間後ぐらいに「チャリさん、ヤバいのできたんで、ちょっと聞いてみてください」っていう動画が送られてきたんですよ。それはもう本当にTohjiくんがヤバくて踊ってるやつだったんですけど。

(DJ TATSUKI)完成した、今の世に出てる『GOKU VIBES』で踊ってるんですよね。

(渡辺志保)フフフ、それを送ってきた?(笑)。

(DJ CHARI)「バイブス、高っ!」って思って。でも、それを聞いたらもう「うわっ、これ、めちゃくちゃヤバいな!」っていうのがあって。

(渡辺志保)へー! どこがどう変わってたっていうのは具体的に覚えていらっしゃいますか?

Tohjiが追加した要素

(DJ CHARI)あの「ドンドンドンドン……」っていうフック前に4つ打ちっぽくなるところ、あるじゃないですか。あれは最初はなかったんで。あれを付け足したっていうのと。あとフックが半分違いましたね。

(DJ TATSUKI)要は前半の……「イエイ、イエイ、イエイ、イエイ……」までみんな、ちょっとしゃがむ感じで。その「イエイ、イエイ……」のところからブワッと上がるみたいなフックの展開に今、なっているんですけども。前は、いわゆる8小節あるフックが普通に展開する形だったっていう。

(渡辺志保)へー! じゃあ、それをTohjiくんのセンスでチャチャッと調理して。で、今の『GOKU VIBES』になったんだ。でもさ、そうやってちょっと手を加えられてきてさ、「えっ、マジか。こうしてきたか……」みたいな。迷いみたいなのはなかったですか?

(DJ CHARI)聞いた瞬間に「ヤバい!」ってなりましたね(笑)。

(DJ TATSUKI)そうですね。俺もチャリもそれを超えるぐらい「これ、すごいな!」みたいな。でも、1回目じゃわかんないんですよね。「なんかめっちゃスゴいけどこれ……どうなんだ?」ってなって。でも、もう3、4回目ぐらいからは俺も「絶対にこっちだな!」みたいになっていましたね。

(渡辺志保)へー!

(DJ CHARI)でも本当にヒットするのって最初に聞いた時に「これ、どうなんだろう?」っていう風に思うやつがヒットするような気がするんですよね。なんか、それこそ『ビッチと会う』とかも最初に聞いた時に「これ、フック……これでありなのかな?」っていうのがあって。

(渡辺志保)「こいつはエロすぎる♪」って(笑)。そうだったんだね。

(DJ CHARI)それで何回か聞くうちに「ああ、これはもう絶対にヤバいな!」っていう。

(渡辺志保)へー! でも、実際にどうですか? 今、儲かって儲かってしょうがないんじゃないですか? 『GOKU VIBES』マネーが(笑)。

(DJ CHARI)フフフ、『GOKU VIBES』マネーはすごいです(笑)。

(渡辺志保)もう家が建つんじゃないですか?

(DJ TATSUKI)『GOKU VIBES』ハウスですか?(笑)。

(渡辺志保)でも、今までの曲とは明らかになんかケタがひとつ……それは別にお金のケタだけではなくて、リアクションがケタひとつ違うな、みたいな実感はありますか?

今までの曲とはケタひとつ違う

(DJ TATSUKI)俺の地元のやつが結構俺の判断基準になっていて。基本、ヒップホップ聞かないんですよ。普通に家庭を持っているようなやつとかなんで。でも、だいたい聞かせるんですよ。「これ、出したんだ」って。『GOKU VIBES』はやっぱり……俺が聞かせてないやつからも「『GOKU VIBES』、いいじゃん!」みたいな感じで言われたりとかがあったので。「ああ、これは絶対にいいんだな」みたいな感じがしましたね。

(DJ YANATAKE)ヤナタケでございます。僭越ながら、先週の『INSIDE OUT AWARDS 2020』でSONG OF THE YEARに選ばせていただきました!

(DJ TATSUKI)ありがとうございます!

(DJ YANATAKE)その時、理由としてクラブが1年のうち半分ぐらい閉まっていた2020年。半分ぐらいは開いていたという状況の中でクラブヒットというものを作ったことが本当にすごいなと思って。

(DJ CHARI)ありがとうございます!

(DJ YANATAKE)特になにもないんですけども。おめでとうございます!

(チャリ・タツキ)ありがとうございます!

(渡辺志保)すいませんね。キャッシュをポーンとお渡しできればいいんですけども。気持ちだけ……(笑)。

(DJ TATSUKI)以前、『22VISION』も選んでもらっていた気がします。ベストコラボかな?

(渡辺志保)もう本当にアンセムばかりで……っていう感じです。でも実際、ヤナさんがおっしゃっていた通り、2020年って本当に奇妙な1年で。皆さんが主戦場としていらっしゃるクラブが開いたり開いてなかったりしていたわけじゃないですか。そういう時に新譜を出して、フロアの反応を見るみたいなことがいつも違ったみたいなのはありますか?

(DJ CHARI)でも、1回目のコロナ期間にアルバム制作に入って。落ち着いたあたりで出した感じがするので。

(渡辺志保)ああ、じゃあそのへんは逆にいいフローだったのかな?

(DJ CHARI)そんな感じがしますね。

(DJ TATSUKI)お客さんとかも楽しむバイブスが結構高い時期で。それもすごく、そんな気がしますね。

(渡辺志保)それもひとつ、あるかもしれないですね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました