スポンサーリンク

オズワルド M-1・2020決勝 オール巨人と松本人志の評価を語る

オズワルド M-1・2020決勝 オール巨人と松本人志の評価を語るTBSラジオ
スポンサーリンク

オズワルドのお二人が2020年12月27日放送のTBSラジオ『ほら!ここがオズワルドさんち!』の中でM-1グランプリ2020決勝でのオール巨人さんと松本人志さんからの評価について話していました。

(伊藤俊介)メールが来てますね。「伊藤さん、畠中さん、お邪魔します。M-1グランプリではオズワルドの漫才を右から右からオール巨人さん、左から松本人志さんに引っ張られる形になりましたが、ご無事で何よりです。真ん中で裂けないようにする秘訣を教えてください」。はい。

(畠中悠)フフフ(笑)。

(伊藤俊介)これは、意見が割れましたからね。

(畠中悠)ねえ。いろいろとその後で2人で考えてみたところ……「大丈夫だ。なんとかやっていこう」ってことになったよね。

(伊藤俊介)まあ「なんとか」っていうか、まあね、やることを……だってその時、本当にその意見が割れたの現場の時は、めちゃくちゃニュアンスだけど本当にアメリカと中国に見えたじゃない? なんか。すげえところに挟まれたなっていう。

(畠中悠)すごい勢力の2つの大国が無理難題をふっかけてきて(笑)。

超大国の意見対立

(伊藤俊介)でも、これ言っていることは根本的には、ねえ。まるで違うことではないというか。

(畠中悠)まあね。松本さんは「オズワルドには静かな漫才をやってほしかった」みたいなね。で、巨人師匠は「最初から声を張り上げて、突っ込んでほしかった」っていう意見でしたけど。でも、嬉しかったよね。松本さんが僕らのネタをちゃんと覚えてくれてたんだっていう、そのことはすごく嬉しかったですね。

(伊藤俊介)うん。だからまあ、そこまで大きく変わるとかってことはないと思うんだけどな。

(畠中悠)うん。

(伊藤俊介)ちょっと……やっぱり松本さん、あれじゃうん? もう昔から、ねえ。神様ですよ。

(畠中悠)ずっと本も読んでますし。見ていましたし。

(伊藤俊介)その松本さんが88点をつけた時、ちょっとクラッとしたね(笑)。「88点なんだけど……」って思ったもん。やっぱり。めちゃめちゃ気を失いそうだったわ。

(畠中悠)それまでね、塙さんとか礼二さんは高得点をつけていただいていて。

(伊藤俊介)「こんなにトーン、下がるかね?」って思って……(笑)。

(畠中悠)今、あの「88」の色を思い出したんだよね。なんかあれ、シルバーじゃなかったよな?

(伊藤俊介)あれ、シルバーじゃなかったよな? 金、金、金、金、白なんだよな。

(畠中悠)白っていうか、もうコンクリートの色なんだよな。

(伊藤俊介)コンクリの、なんか冷たい、血の通ってない色なんだよ(笑)。

(畠中悠)あれは銀じゃなかったね。

(伊藤俊介)あれ、怖かったわ。直視できなかったもんな。

(畠中悠)でも、巨人師匠も同じ点数だったからね。

(伊藤俊介)コンクリ始まりだからね。

(畠中悠)コンクリ始まりでね。

コンクリ始まりの採点

(伊藤俊介)マジで怖かったわ。M-1、でも来年ですよ。もうやるしかないんだから。頑張りましょう。

(畠中悠)ねえ。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TBSラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました