スポンサーリンク

田中康夫 安倍元総理の桜を見る会・前夜祭問題を語る

田中康夫 安倍元総理の桜を見る会・前夜祭問題を語る ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク

田中康夫さんが2020年12月26日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。安倍元総理の桜を見る会・前夜祭問題について話していました。

(土屋伸之)さあ、田中康夫さん。この1週間の気になったニュースを……。

(田中康夫)まず1個。安倍元総理が「嫌疑不十分で不起訴」ということなんですけども。「嫌疑不十分で不起訴」という言葉と「嫌疑なしで不起訴」っていうのと、これ2種類あるんですよ。実は私、知事をしていた時に地元の新聞がねつ造記事を書いてくださって。私が公文書毀棄を指示したっていうんだけども。これ、百条委員会まで作られて、警察が動いたんだけども、検察は冷静で。それは「嫌疑なしで不起訴」ってなったの。

「嫌疑不十分」と「嫌疑なし」の違い

でもその間、ずっとメディアは「田中が公文書毀棄をした」って勝手に書いていたんだけども。でも、今回のその安倍元総理の場合には「嫌疑不十分として不起訴」。まあ、他に「起訴猶予」っていうのもあるんだけども。なので安倍元総理の場合には「嫌疑はなかったわけでない」ということを暗に検察は言っているのね。

(中略)

(田中康夫)あとは「下品なことは断じてしない」っていう風に河井案里被告が言ったというのも……すごいなんかブーメランみたいな反語なんだけども。ただこれ、検察は懲役1年6ヶ月を求刑していて。来年の1月21日に判決。5年間の公民権停止を求めている。で、もうひとつ。秘書の方の裁判っていうのも年明けに出て。そうすると、これも仮に有罪になれば連座で参議院議員を失職することになるんですよね。

で、国会の開会が1月18日で判決が1月21日だから、代表質問の真っ最中になるわけで。そうするとやっぱり、菅首相が仲良くパンケーキを食べてた写真とか、さすがに腰が引けている記者クラブももう1回、出さざるをえなくなるから。これも大きな影響を及ぼしますよね。

(中略)

(田中康夫)もう1個。例の袴田さんの冤罪問題。

(塙宣之)これ、こんなに長く裁判をやるのって日本だけなんですか?

(田中康夫)これ、事件が起きたのが1966年でしょう? それで、ある人がツイートで書いていたんだけども。54年前。この年、この日に日本で何があったかというと、皆さんもご存知のザ・ビートルズがやってきて来日公演をした当日なんですよ。その時のことがいまだに……そして今回、最高裁もいい判断をしたかもしれないけどでも。あと、少数意見の2名は「再審を開始すべきだ」って言っていたという。そんなの、何年かかるかわからないわけじゃないですか。この問題。

ということは、これを世界から見た時に「ビートルズが来た時からいまだにみんなが『冤罪だ』って言ってるのにその無実の罪が晴らされていない国。日本はそういう国なんですね」っていうことになると思うし。その意味で言うと、118回……これ、すごいよね。安倍元総理が国会で118回も虚偽答弁をしていったっていう。もう暮れなので除夜の鐘の煩悩の数って108じゃない? 108回よりも10個も多い虚偽の答弁をしていたんだけども、それが「結果として事実と異なる答弁があった」って言い、それが終わった後に「説明責任を果たすことができた」って言われちゃうっていう。

だから、ヤフーニュースのコメント欄ってのはだいたい、まあ一般的によく言われているのは「ウヨの方が多い」と言われていたんだけども。あのヤフーのコメント欄のアンケートが作ってあって。「説明に納得しましたか?」っていうアンケートに「納得した」っていう人が9%ぐらい。まあ、これはたぶんトランピアンみたいな人なんだろうけど。で、「全く納得していない」っていう人が90%ぐらいいたわけ。で、その間に「90%納得」「80%納得」「70%納得」みたいに10%ずつ刻みがあるんだけども、そこはちょっと数が少なくて。

安倍前首相の記者会見、納得度は?

(田中康夫)そうするとこれはね、このアンケートがパヨに占領されてしまっているわけじゃなくて、ちょっとなんかそんな気がするよね。

(塙宣之)他の野党の議員からも「嘘つき」みたいにね、国会でね、言っていましたもんね……。

(田中康夫)それで安倍さんの最初の会見も狭い会場で「平河クラブ」っていう記者クラブの人だけ、24人しか呼びませんっていうことで。でも、やっぱこういう時って新聞社も編集委員とか論説委員が出てきて。そんな20代とか30代の記者だったら気圧されちゃうわけじゃないですか。年に1回しか原稿を書かないような編集委員や論説委員はここぞとばかりに出てきて。今までの寿司友の人も出てきて。だってこれ、やっぱりね、「嫌疑不十分で不起訴」だったんだから。これ、安倍さんのためにも、菅さんのためにも、その臭いものに蓋をするんじゃなくて、良薬は口に逃しな質問をメディアは伝えなきゃいかんと思いますよ。

まあ、電話番号を知ってるし、今までに何度か話もしている安倍さんなんだけど。最近、良薬口に苦しなおいらの意見は菅さんも含めて聞くかどうか、わからないけども。でも、これは彼らのためにも、日本のためにも言わなきゃいけないなって。で、言いたかった「ヘイトの楽園」という話は私のホームページに載ってます。DHCっていう会社のおじさんがあられもない発言をしたにもかかわらず、みんなメディアが腰が引けちゃっていて。

(塙宣之)先週、能町みね子さんもそのお話、されてましたね。

(田中康夫)いくつかの新聞が書いただけなんだけども。これはだってやっぱり、その言われた相手方の会社の名誉回復のためにも僕はきちんとメディアは言ってあげることが大事だと思いますよ。私の原稿がホームページに載ってますから。

「ヘイトの楽園」

(田中康夫)だから「日本は『カエルの楽園』だ」って言ってた『ホラのモンTV・虎ノ門テレビ』の人たちがいるんだけど。本当に世界から「日本はヘイトの楽園になっている」って。袴田さんの問題がいまだに解決しない。それでオリンピック・パラリンピックの費用は史上最大の金額だって胸を張ってしまうっていう……これ、どうよ?

<書き起こしおわり>

田中康夫 史上最大規模に膨らんだ東京五輪開催予算を語る
田中康夫さんが2020年12月26日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。史上最大規模の予算に膨れ上がった東京オリンピック・パラリンピックの開催予算について話していました。 BBCニュース - 東京五輪、予算を増額 ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイツのちゃきちゃき大放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました