スポンサーリンク
スポンサーリンク

田中康夫 新型コロナウイルス感染再拡大を語る

田中康夫 新型コロナウイルス感染再拡大を語る ナイツのちゃきちゃき大放送
スポンサーリンク

田中康夫さんが2020年7月25日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』の中で新型コロナウイルスの感染が再び拡大しつつある日本の状況について嘆いていました。

(田中康夫)それともうひとつ、この「新しい旅のエチケット」っていうのをさっき読んだでしょう?

(出水麻衣)Go Toトラベルですね。

(塙宣之)なんかいっぱい、いろいろありますよね。

(田中康夫)これ、迷走した挙げ句、「新しい旅のエチケット」って……でも、そこに書いてあることってすごく古くない? なんて書いてあるかっていうと、政府が出したもの。「体調が悪い時は旅行を止めましょう」「混んでいる時間帯は避けて後でゆっくり見ましょう」「おみやげはあれこれ触らず目で選びましょう」って……なんかさ、どこだかわかんないけど、なんか出来の悪いと言ったら失礼だけど、新設高校の校則みたいじゃないですか? これ、言われなくても子供でも分かることでしょうよ?

(土屋伸之)「感染したくない」って思ってたら自然とやることですよね。

(田中康夫)たぶんね。これを、なんか大きな声で政府が言って……私のホームページにも載っているけどサンデー毎日で「電通化する日本」っていう。前回、1ヶ月前にお話した内容をまとめたものなんだけども。

(田中康夫)やっぱりこういう文章こそ、電通……真面目な現場の人は一生懸命やっているんであれば、官邸に入っている電通の人、この「新しい旅のエチケット」の文書をダメ出ししないと。ねえ。これは違うよなっていう気はするけどね。

(出水麻衣)「新しい旅のエチケット」って打ち出すなら、もう少し具体性だったりとかね。新しい何かをね。

(田中康夫)それでいて、尾身茂さんっていう方は「医療体制が逼迫したら第二波になるけれども、今は病院の病床が逼迫してないので第二波ではない」って言っていて。「旅行では感染しない」って言ってるんでしょう? でも新幹線の中でも感染した人がいるもんね? だから「科学じゃない」っていうか。で、これを言うとね、実はPCR検査っていうのがあって、現実にニューヨークはPCR検査をいっぱいやるようになったら、その感染者数とかは……。

(塙宣之)だって今、ニューヨークはほとんどもう死者もいなくなってきているっていう。もう徹底的に隔離しているっていう感じですもんね。

(田中康夫)だからこれがすごい不思議だなって思ったのは、だって安倍さんの顔をつぶしてるんだよ? 厚生労働省とこの専門家委員会は。だって安倍さんは「1日に2万件以上は検査できるようにしよう」って言ってたわけじゃないですか。

で、それが今、どうなっているか?っていうと、あのトランプ氏のところだってアンソニー・ファウチというすごいおじさんがいることによって、1日に50万件検査をやっているわけ。あるいはドイツも1日16万件、検査をしてるわけ。フランスも1日10万件、検査をしているわけ。

(塙宣之)もう空港かなんかで今、やっているんですよね。

なぜか増えない日本のPCR検査数

(田中康夫)そう。で、日本はいまだに3万件くらいっていうんだけど。それでこれは日本経済新聞が書いていたんだけど。そうすると、また「検査しなくていい」って言っている人たちは「日経が嘘を書いてる」とかって言うんで、もうディープステートどころじゃないんだけど。ちゃんとこれ、調べて厚生労働省と国土交通省が「空港でPCRの検疫をしているのは1日に2300件です」って言っていて。それで、「9月には1万件にしたいです」と言っているの。

でも日本って、こういうコロナの状況になる前には1日に13万人、東京……羽田、成田、関空だけじゃなくて全国で入国者数が日本の人も含めていたわけなんだけど。しかも、日本の経団連まで「世界中がそういう対応なんだから」って言っていて。やっぱりだって「早期発見、早期治療」でしょう? そして早期検査でもあるし、その後の早期隔離っていう。これは人権侵害でも何でもなくて。我々だってこうやってマスクをするわけだし、風邪を引いた時はお家にいるようにするんだから。経済団体が「1日20万件やりしょうよ」って要望しているんだよ?

ところが、この尾身さんたちは「旅行は平気です」って言っていて。僕ね、これね、厚生労働省って「医系技官」ってってよく言われますよね? 尾身さんも厚労省の医系技官だったんだよね。自治医科大学を出ていて。医系技官マフィアだなっていう風に思っているの。

(土屋伸之)「マフィア」?

(田中康夫)つまり……いや、いい・悪いは別にしてだよ? 安倍首相が「検査数をいっぱい増やしましょう!」ってあれだけ会見でも言ったわけでしょう? そして、それにいい・悪いは別にして、財務省だったり法務省も一応選挙で選ばれ、議会が選んだ首相の言うことは聞いてきたわけじゃない? なのに厚生労働省やこの尾身茂さんはこれは真っ向からサボタージュしているんじゃないですか?っていう風に、そう思わない?

ところが、WHOのエチオピア出身のテドロス事務局長。「あんなのはろくでもねえ」ってネットで騒いでいる人たちがいるけど、「そのWHOで尾身さんは評価されている」とも言っていて。俺、なんか頭の中がおかしくなってきちゃうんだよね。

(塙宣之)もっとすぐ……10分とか15分ぐらいで結果が出てくるっていうのもあるみたいですね。

(田中康夫)世界中、そうなっている。だけど、これは国の問題……だからもうここがね、僕は前から言ってるように本庶佑さんっていうノーベル賞を取った人。あの人は「ちゃんと検査をして隔離をして」って……ワクチンとか特効薬だって、あのアビガンもあんなに騒がれていたのに今では誰も言わなくなっちゃったじゃないですか? もう安倍さんも言わなくなっちゃった。

「だから1年、2年でワクチンや特効薬はすぐにはできません」っていう風に本庶佑さんは言っている。でも本庶佑さんのような人を決して国は委員にはしないでしょう? でも「良薬は口に苦し」で。いいことを言っていたって、オリンピックだって……まあ池江璃花子さんが元気になられたのは本当によかったと思うんだけど。オリンピックだっていつの日か、本当に中止するのか、規模を縮小するのか、さらなる延期するのか、プランどおり実施するのか。これは日本も世界も決めなきゃいけないっていうことじゃないですか。

それで僕、すごく驚いたのは今、国がなんて言ってるか? 「オリンピックをやるためにこの秋から政府と東京都と組織委員会が一緒になって、28万人のPCR検査が実施できるようなシミュレーションをします」って言ってるの。で、よくわかんないんだけど、なぜかっていうと、1万1000人ぐらい選手が来る。ボランティア、日本の人も12万人くらいタダ働きで働く。

そこで……これは新聞に載ってたんだけども。「海外から来る選手やコーチは日本だけではPCR検査が済ませられないので、自分の国でPCR検査を済ませて、陰性の証明書をもらって入国していただくようになると思う。水際できっちり食い止めなければ……」っていうけど、じゃあ当の我々、日本に暮らしている人たちのことはどうなんだ?っていう。

だからもうここまで来ても相変わらず「PCR検査はいかん。いらない」とか言ってる人がいるけど、僕は原則に戻ったら「早期発見、早期治療」って今まで日本はそれをずっと言ってきたわけですよね? だから何かすごい私は……その意味じゃあ、日本医師会と東京医師会は経済界と同じように「そうしましょう」って言っているわけですよ。で、政府も、安倍さんはそう言ってるのに動かないこの厚労省や委員会っていう。私はもう本当に本庶佑さんに早く委員長をやってもらいたいと思っているんだ。じゃないと……しかも、「隔離をすると人権侵害になる」とかって厚労省が言い出しているでしょう?

それでハンセン病の話を出しているんだけども、ハンセン病ってのいうは実際には伝染しないのにハンセン病の人を閉じ込めていたから人権侵害だったわけですよ。でも、コロナというものは無症状の人もいるっていうことになるので。だからこれはアメリカだけじゃなくて、実は日本の人口比でのPCR検査数っていうのは今、世界で160位っていう風にネイチャー誌に載っていて。2010年にサッカーワールドカップで日本代表と戦ったカメルーンよりも日本は人口比で検査数が少ないんだって。

だから東京も大阪も……小池さんも吉村さんも記者会見じゃなくて、吉村さんなんかさっき言ったみたいに「テレビ番組で感染者数をしゃべる」っていう。これって変じゃないですか? それで会見はしないっていう。小池さんも「まあ280ぐらい」とかって……これ、人の命の話じゃないの? 「280人」とか正確に数字を言わない。そしていまだにこんなに「ITの時代です」って言っているのに、情報をFAXでやり取りしているんでしょう?

医療機関から保健所、保健所から東京都庁にFAXで。そしてその受付用のFAXが今まで2台しかなかった。それを「やっと6台に増強しました!」って胸を張ってるんだけど……でも、そのFAXでは個人情報保護ということで、名前だの何だのを黒塗りして送信しているから、その後で電話をそれぞれの医療機関にかけて、聞いているから数が出るまで3日間だか4日間かかってしまうっていう。これはやっぱりなんか違うんじゃないの?っていう気はしますよね。

情報をFAXでやり取りする東京都

(中略)

(田中康夫)でも、さっきの続きで言うとね、読売新聞っていう最も政府を支援してる新聞までが昨日の見出しで「『救える命が救えない事態も』予断許さぬ医療体制」っていうのを付けているの。で、驚いたんだけどさ。みんな「まだ平気だよ」ってなっているけど、4月5日の緊急事態宣言直前には人口10万人当たりの感染者数って日本は「5.0人」だったの。で、実は7月21日。今週は人口10万人当たり「11.7人」っていう。2倍になっているんだよね。

(塙宣之)そういうのってマスコミであんまり報道されないですね。

(田中康夫)だから本当に基本に戻って検査をして……っていうことだと思うし。マスコミもやっぱり小池さんとかが言っていることをそのまま聞いていて、突っ込まないじゃない? 今の記者って。だったらそんなの、機械が聞けばいいじゃんっていう話で。

(塙宣之)もうちょっと具体的にどうなのか?っていうね。

(土屋伸之)全国的に増えているという状況でこの連休、どうなるのか?っていうね。

(田中康夫)「国の問題」って言っているけど、そう言っている小池さんや吉村さんの問題はないの?っていう。まあ、それぞれの持ち場持ち場でしっかりしてほしいよね。

<書き起こしおわり>

田中康夫 新型コロナウイルス対策・専門家会議廃止を語る
田中康夫さんが2020年6月27日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。持新型コロナウイルス対策に関する専門家会議を政府が廃止する件について話していました。
田中康夫「電通化する日本」を語る
田中康夫さんが2020年6月27日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。持続化給付金事業など、様々な政府系事業で問題視されている電通の中抜きビジネスについて話していました。
田中康夫 大阪・松井市長の雨ガッパ提供呼びかけのその後を語る
田中康夫さんが2020年5月22日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。大阪の吉村府知事の中止発表された夏の甲子園開催を高野連に呼びかけした件や松井市長の医療用防護服ひっ迫の代替品として雨ガッパの提供を市民に呼びかけた件について話していました。
田中康夫 2021年東京オリンピック完全中止の可能性を語る
田中康夫さんが2020年5月22日放送のTBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』に出演。2021年に延期された東京オリンピックが再延期されず完全中止となる可能性について、ナイツのお二人と話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナイツのちゃきちゃき大放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました