スポンサーリンク

バナナマン ラーメンズ小林賢太郎のパフォーマー引退を語る

バナナマン ラーメンズ小林賢太郎のパフォーマー引退を語る バナナマンのバナナムーンGOLD
スポンサーリンク

バナナマンのお二人が2020年12月4日放送のTBSラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』の中でラーメンズ小林賢太郎さんがパフォーマー引退を発表したことについて話していました。

(設楽統)ところで日村さん、話を変えますけど……見た?

(日村勇紀)「見た」? 俺、あんまり見なかったんだよなー。

(設楽統)話題の。

(日村勇紀)もう、渡部の会見は……全く見てないわけじゃないけど。まあね、多少ね。

(設楽統)ああ、渡部のね。

(日村勇紀)渡部のことでしょう? だって今、やっぱり渡部のことじゃないの?

(設楽統)俺はラーメンズ小林賢太郎のことだったんだけど。

(日村勇紀)ああ、うん。そっちか。まあ、そっちもね……コバケンも、そうね。

(設楽統)渡部の会見の方か。昨日ね。そうそう。あれ、おぎやも言っていただろうけど。マジ歌の収録をやっていたから。ちょうど同じぐらいだったから少しだけ見たんだけども。俺も。日村さんなんか、準備してたから全然見てないでしょう?

(日村勇紀)ぶっちゃけ、だからワイドショーのちょろっと見たぐらいで。あんまり見てないですよね。

(設楽統)元気そうだったね。久しぶりに。

(日村勇紀)なんか7キロぐらい痩せたとかって言ってるけど。全然、まあ肌ツヤもよかったっていうか。元気そう。もっとげっそりっていうか……。

(設楽統)「元気そう」っていうのもちょっと違うか? でも久しぶりに見たからさ。大変な感じだったけどね。

(日村勇紀)そうだね。うん。

(設楽統)まあ、しょうがないけどね。そうじゃなくて、俺が言っていたのは小林賢太郎。

(日村勇紀)コバケンね。

(設楽統)そっちもそりゃあ大変なことだけど。

(日村勇紀)結構コバケンの方が衝撃だったよ。急に言われたからさ。

(設楽統)わかるよ。衝撃だったよね。だって俺、日村さんに言っちゃったもんね。ネットニュースみたいなのを見てて。なんか楽屋にいた時に「えっ? 日村さん、知ってる?」っつって。

(日村勇紀)「なに?」っつって。

(設楽統)「ラーメンズ小林賢太郎が引退だって」って。

(日村勇紀)「引退?」って。

(設楽統)そうそう。日村さん、知らなくてね。

(日村勇紀)俺、知らなかった。だからたぶんすぐ、設楽さんはネットニュースを確認できたんだろうね。俺も結構、ネットニュースを見る方なんだけど。

(設楽統)ああ、ちょうどたまたま見てない時だったんだ。

(日村勇紀)見てなかったんだよね。

(設楽統)それで「あれ?」ってね。オークラもその後に同じ仕事で、同じ現場が会って。ちょっと後に来て。「知ってる?」って。やっぱり俺ら昔、若い頃は一緒にやったりしてたから。ちょっと「えっ?」っていう感じだったよね。ちょうど先週もそのラーメンズのコバケンの話をしていたから。俺らは別に知ってたわけじゃなくて。全然。

(日村勇紀)コバケンから連絡とかはないよね?

(設楽統)ないよ。だってここ最近はもう全然、そんな感じじゃないし。

(日村勇紀)俺もないよ。

(設楽統)なんなら、一番連絡取るであろう人はオークラだもん。そのオークラだって最近、連絡取ってなかっただろう?

(オークラ)いや、もう全然。最近は。

(日村勇紀)連絡とか、なかった?

(オークラ)なかったですね。はい。

(設楽統)だから知らなかった?

(オークラ)知らなかったです。本当に。

(日村勇紀)へー。いや、知らなかったよね。

(設楽統)それで、要はもう自分がパフォーマンスする演者として引退ってことなんでしょう? ちょっと、それはよくわかんないけど。日村さんも「じゃあ、言わなくてもいいじゃん」みたいなことを言ってたけど。

(日村勇紀)いや、まあだから俺、「なんで言うんだろうな?」って思って。最初は、申し訳ないよ。「なんでこれを言うのか……別に言わなくたって……」って。

(設楽統)だから、「ちょっと分かりづらい引退だな」みたいな話になったんだよね。

(日村勇紀)そうそう。コバケン本人のコメントとかも俺、かなり後に見たんだよね。実を言うと。

(設楽統)あの後、だって普通に収録してたもんね。

パフォーマーを引退する

(日村勇紀)収録に入っちゃったから。コバケンがただパフォーマーを引退するっていうのも、それは別にだってそんなの、言わなくたってさ。別にオファーが来なければパフォーマーなんてできないし。

(設楽統)俺らの仕事ってそうだからね。わかるよ。

(日村勇紀)そう思ったんだけど、後々やっぱり考えたら、たしかにコバケンのファンの皆さんはね、言わないとさ。見れないから。

(設楽統)その後に話して。「だから、あれなんじゃない? 言わないと、仕事も依頼されたりとか。あとは見たいファンの人とかも『最近、なんで出ないのかな?』っていう風になるんじゃないか?」っていう話になってね。

(日村勇紀)「だから言うのか」っていう話になってね。結構、「なんで言うのかな?」っていうことはぶっちゃけ、言っていた(笑)。それは否定的っていうか、言う必要がなくないか?っていうね。

(設楽統)単純な疑問としてでしょう? いや、俺はそうなんだよ。仕事的には引退とか……もちろん、何か理由があっての引退っていうのはね、それはいろいろあるだろうけど。別に言わなくても、仕事がなくなってきたらもうね、引退みたいなものだし……っていう部分があるから、そういう風に考えるのもわかる。だからそうやって……でも、ちょっとやっぱり「おっ!」ってなったよね。

(日村勇紀)いや、なるなる。全然なるよ。

(設楽統)だって、おぎやとかともちょっと話をしたりしたけど。

(日村勇紀)ああ、本当?

(設楽統)間にね、少しセッティングの時に。

(日村勇紀)マジ歌だったからね。

(設楽統)「コバケン、あれね、びっくりしたね」って話をしたけど。でも、あれはどういうことなの? 「創作活動」っていうことは、だから裏方としてとか本を書いたりとか、そういうアーティスト的な活動は続けていくってことなのかな?

(オークラ)そうみたいですね。

(設楽統)あとは足を病気? ケガをしていたの?

(日村勇紀)それも知らなかったね。そこがあるんだね。

(設楽統)いや、俺らもね、ぶっちゃけだっていつ? もう、あれをやったのなんて……。

(日村勇紀)君の席だからね。

(設楽統)一緒にやったのって、君の席が最後?

(日村勇紀)いや、君の席が最後じゃないかな? 30代前半とかじゃないの?

(オークラ)君の席が最後ですよ。バナナマンは。2001年。

君の席が最後

(設楽統)でも、その後にさ、何回か偶然会ったりとかはあったよね?

(日村勇紀)会ったっけ? コバケン。

(設楽統)たとえば、俺らも全国ツアーかなんかをやってる時に福岡かなんかで。向こうも福岡でやっている時にたまたま会ったとか。そういうのはあったよね。

(日村勇紀)うんうん。でも、それも相当前だよね。

(設楽統)相当前。

(日村勇紀)俺、片桐は朝ドラの『エール』でね、片桐も出ていたから。実はちょこっとその事前番組的なのをやって。そこで会ったんだよね。それもだいぶ久々だったんだけど。

(設楽統)片桐はまあまあ、会うよ。なんなら俺、結構このTBSラジオのところでは毎週のように「おう」なんて会うんだけど。

(日村勇紀)コバケンは会ってないんだよね。

(設楽統)だから、どのぐらい会ってないんだろうな?

(オークラ)一応、2013年の東京03のライブでバナナマンとコバケン、一緒に……一緒にじゃないですけど。日にちは違うんですけど、出て。その時にニアミスしませんでしたっけ?

(設楽統)会った?

(オークラ)バナナマンが1回、東京03の舞台に……。

(設楽統)あれでしょう? リハーサルで。

(オークラ)そうそう。リハで。

(設楽統)会ったかな? ゲストで毎日、違う人が出るっていうので。俺らと違う日にラーメンズが出た?

(オークラ)小林賢太郎だけです。で、バナナマンが最終日に出るっていうのがあったんですけども。

(設楽統)俺は会ってないね。たぶんそれは。うん。会ってないから。まあでも、最近は全然そんな会ったりとかしてなかったけど。でも、まあまあ言っても昔から知ってるし。同い年だよね? だから引退ってちょっとびっくりしたよね。言葉的に強いし。うん。まあ、もう……でも、そうか。この前、ちょうどだから出会ってライブをやるっていう、その当時の話をちょっとしてたから。「えっ?」っていうタイミングだったから。そうか。もう20何年経ったし、そういう人も出てくるよね。

(日村勇紀)そうだね。でも、コバケンってなんかやるだろうね。

(設楽統)やるんじゃない?

(日村勇紀)舞台とか、いろいろやりそう。

(設楽統)でも実際に結構そういう活動をしていたでしょう?

(日村勇紀)そうそう。だってパラリンピックとかもあるし。

(設楽統)ああ、閉会式の式典のをね。それ、聞いた。すごいよね。

(日村勇紀)それがあるしね。すごい人だよ。

(設楽統)だからまあまあ、ちょっとそっちに比重を置いてというか。そういうことでしょう? いや、驚きだけどね。でもまあ、おぎやはぎと俺らと君の席とかもやっていたし。俺らはラーメンズと2組でジェニコとかもやっていたりして。うん。なんかね、まあラーメンズ自体もあんまりやってなかったんでしょう? ここ10年ぐらいは。

(オークラ)10年ぐらいやってなかったと思いますね。

(日村勇紀)そうか。だからラーメンズファンは残念だろうね。

(設楽統)だからまたいつか、ラーメンズのライブとか見たいと思っていただろうね。もうファンはすげえ熱狂的なファンがいるからね。

(日村勇紀)それはすごいもん。

(設楽統)小林賢太郎って。熱狂的なファンが。

(オークラ)そうですね。その発表した日も結構Twitterとかでも……。

(設楽統)なったよね。まあまあ、小林賢太郎はあれだろうな。なんか良くも悪くも純粋でさ。まあ、間違いなく才能はあるから。何かしらでやっていくんだろうな。

(日村勇紀)そうだね。

(設楽統)引退……すげえな。あれ? 片桐はやめるの?

(オークラ)やめないですよ(笑)。

(設楽統)片桐はやめないか。

片桐仁はやめない

(オークラ)明日、ラジオ(『エレ片のコント太郎』)出るんじゃないですか?

(日村勇紀)片桐はだって、俳優のとかもバリバリ成立してるもんね。だってね。すごい見るもん。片桐ってね。めちゃめちゃ見るよ。

(設楽統)本当だよね。なんか昨日もさ、マジ歌とか、すごいやっているのね。今度、だから12月29日のオンエアするんだけど。収録で、毎年割と年末にやるから。それで……「日村さんが出る」とか言っちゃって大丈夫?

(日村勇紀)えっ、なに?

(設楽統)「日村さんも出る」って言って、これ大丈夫なのかな?って。

(日村勇紀)大丈夫かどうかの確認をマイクの前で言っちゃダメでしょう?(笑)。

(設楽統)でもまあ、番組のことっていうのは結構やっぱり言っちゃいけないっていうのがあるから。ちょっと僕の口からは言えないんです……。

(日村勇紀)でもこれ、たぶん全然発表されていることだと思うよ。

(設楽統)ああ、本当?

(オークラ)佐久間さんがTwitterで上げてました。

(日村勇紀)ああ、じゃあもう大丈夫だ。

(設楽統)「佐久間さん」って、『桃鉄』の?

(日村勇紀)『桃鉄』の佐久間さんのわけないじゃん! 『桃鉄』の佐久間さんがなんで「日村が出る」って言うのよ? 『桃鉄』、やってます?

(設楽統)『桃鉄』、やっている。超面白い。

(日村勇紀)桃太郎ランド、買った?

(設楽統)買うわけないじゃん! タカさんじゃないんだから、あんなのすぐに買えないよ! 1兆円……?

(日村勇紀)今回、10兆円なのね! 今回の桃太郎ランド。俺、引いているんだから。

(この後、ひたすら『桃太郎電鉄』トークが続く)

(設楽統)うん? メールです。「設楽さん、オークラさん、ステラおばさん、こんばんは」。

(日村勇紀)ステラおばさんじゃねえわ!

(設楽統)「おい、バナナマン! 渡部さんの話をしないでコバケンの話をするのはともかく、その後に『桃鉄』の話をしすぎだろう? こんな話題のある週にする話じゃねえぞ?」。いやいや、『桃鉄』だって結構最近出たんだよ。違うんだよ。だから、『桃鉄』っていうのも人生と同じでね、いろいろあるっていう話なんだよ。

(日村勇紀)そうだよ。『桃鉄』ってやればわかるけど、人生だからね。

『桃鉄』は人生

(設楽統)いい時もあれば、悪い時もあるし。ボンビラス星に連れて行かれた時なんてもうコントローラーを投げたくなるけども。でも、頑張ってやれば……。

(日村勇紀)ボンビラス星。地獄の世界だよ。なにもいいことがない。

(設楽統)「ガシャン! ガシャン!」って。「デーレレレレレレレー♪」みたいな。

(日村勇紀)三箇所に分かれていて。そこのどれかに行かなきゃいけない。

(設楽統)あれ、3回やっちゃったら地獄だよ。まあ、でももうそうなってくるとぶっちゃけ物件も全部捨てられているし。金だけマイナスだったら……でも、意外と到着したりするとゼロにしてくれたりね。

(日村勇紀)そうそう。優しさもあるんだよね。そこは。

(設楽統)ヘリポートに行っても、結構ね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バナナマンのバナナムーンGOLD
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました