スポンサーリンク

曽我部恵一 くるりを語る

曽我部恵一と吉田豪『夏の魔物』と成田大致を語る 未分類
スポンサーリンク

曽我部恵一さんが2020年11月10日配信のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんとくるりについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「サニーデイと音楽性が似てるわけではないけど同じ香りがすると思うくるりについてはどういう印象ですか?」。

(曽我部恵一)くるりは、印象というのを言うほど遠くないというか。もう友達と言えば友達なんで。

(吉田豪)「同じ香りがする」っていうのはなんかわかりますね。

サニーデイ・サービスと同じ香りがする

(曽我部恵一)そうですね。お互いに学生バンドだと思うんですよ。「僕ら、学生バンドですよ」って言って出てきたんで。「プロフェッショナルなJ-POPのロッカーじゃなくて、大学生がやってるバンドなんです」っていう風情が僕は絶対いいと思って。それでやり始めたんですよね。スタイリングとかもやらず、ヘアメークとかもやらずに。なんか大学生がそのままスッてギターを持って立ってるっていうのが理想だったんですけど。

で、くるりが出てきた時も本当にそういう感じでした。京都の大学生がやってるバンドって感じで。で、「ああ、こんなバンドがついに出てきたんだ!」って思って。で、岸田くんはすごいいい曲を書いていたし。今でも、最近またファーストアルバム……メジャーファーストアルバムを聞き直したけど。やっぱり本当に、なんだろう? もうキラキラしていて、ウルウルしていて、瑞々しいんですよ。「これは永遠だな」って思って。素晴らしいバンドだなと思っています。

(吉田豪)たしかに、サニーデイ以降の「こういうバンドが出てきたんだ」っていう驚きのひとつではありましたね。

岸田繁の声

(曽我部恵一)そうですね。曲が本当にいいっていうのと、あと最近思うのは岸田くんの声がやっぱり、あのボーカリゼーションっていうのはそれまでにはなかったんですよね。僕の歌とかもやっぱり、そのフリッパーズ・ギターもそうだけど。そういうものを引きずっていたんだけど。岸田くんから完全に切れたですよね。

ローで大きい声で歌えるっていうか。いわゆるJ-POPのイディオムじゃないところでやり始めて。で、源くんとかもその流れだと思うし。だから岸田くん以降、そういう歌のあり方っていうのが本当にメインになっていったんだけど、その最初は岸田くんだったと思うんですよね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました