スポンサーリンク

木村拓哉 DJ松永とR-指定の第一印象を語る

R-指定とDJ松永 木村拓哉の優しさを語るTOKYO FM
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2020年11月1日放送のTOKYO FM『木村拓哉のFlow』に出演。木村拓哉さんがDJ松永さん、R-指定さんの第一印象を話していました。

(木村拓哉)今日はCreepy Nutsのお二人をゲストにお迎えしてこの『Flow』っていう番組をやっていくわけなんですけども。まあ、ゲストに来ていただいた方のどんな人生をフローしてきたのかっていうのをお伺いする番組ではあるんですが……まず、僕の目の前に座ってくださいってますDJ松永さん。

(DJ松永)はい。

(木村拓哉)今、30歳ということで。新潟県出身で、DJなんですけども……見た感じ、なんていうんですかね? 本当、TOKYO FMさんの1スタッフというか……。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

TOKYO FMさんの1スタッフ的なDJ松永

(木村拓哉)エンジニアリングとかをしてそうな。「あ、今日もよろしくお願いします。マイクのレベルを合わせたいんで、声をお願いします」っていう。なんかすごいそれが似合いそうな……そんな感じなんですけども。

(DJ松永)いや、本当にそうなんですよね。人間としてプレーンなんですよね。見た目が。

(R-指定)「プレーン」(笑)。

(木村拓哉)そんなプレーンな見た目なんですけれども、実績として恐ろしいんですよ、これ。2019年にロンドンで開催された30年以上の歴史を誇る世界最大のDJ大会で優勝しているんですよね?

(DJ松永)そうです。すいません……。

(木村拓哉)世界……おかしくないですかね?

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! おかしくないですよ(笑)。

(木村拓哉)いや、なんか僕の勝手な印象ね? なんかDJをやってる人って、ちょっとこう、それこそ見た目的にはピュアではなく。ちょっとキャップを斜めにかぶりなのか、ちょっとデカめのオーバーサイズのTシャツ着てるのか、指輪をゴロゴロさせての、「あ、おねがいしまっす」っていう。ちょっとけだるそうな、そんな雰囲気を漂わせているのかな?って思ったら、「なに、この好青年?」みたいな人が世界一のDJの称号を持ってるんですよね?

(DJ松永)あの、一応そうです(笑)。一応、そうなんですよ。

(木村拓哉)不思議だなー。

(DJ松永)でも、たしかに10代の頃とか、頑張ってニューエラをかぶったりしていましたね。

(木村拓哉)ああ、してたんだ?

(DJ松永)XXLのTシャツを着たりとかしていましたね。

(木村拓哉)10代の頃は?

(DJ松永)していました。

(木村拓哉)それが、20代を経て今、30歳になり……こんな感じに落ち着いたと。

(DJ松永)こんな感じに。そう。なんかやっぱりこう天邪鬼な精神でヒップホップを聞いたりしていたんですよ。それこそ、みんなJ-POPを聞いている中で中学2年生の俺がヒップホップを聞いていて。周りの誰も聞いてない世界に触れてる優越感みたいなものがあって、ヒリヒリしたりして気持ちよかったですけど。で、その格好をして初めてクラブに行った時に、全員俺と同じ格好したんですよ。

そうなってくると、天の邪鬼精神的に「あれ? 俺、結局制服を着てる感じになってるな?」とか思って。「でも、やっぱりちゃんとヒップホップらしい格好した方がやっぱり正義だな」と思ってそういう格好をしてたんですけれども……やっていけばやっていくほど、「ヒップホップは自分らしかあることが重要だ」とか。

でも、自分に自信がついていけば「ああ、ヒップホップっぽい格好に見を包まなくても別にいいのかも?」と思って。それでどんどんどんどん、その自分に自信がついていった結果、こうなったんですよね。「らしくない」……ヒップホップらしくない、DJらしくない格好に変化していったんですよね。

(木村拓哉)そこで松永さん的に「あれ? なに? 制服じゃん?」っていう天の邪鬼というか……だから、ご本人は「天の邪鬼」って仰ってるけど、その視点を持てたのはすごいっすよね。

(DJ松永)本当ですか? でもなんかやっぱり、出が不良じゃないんで。

(木村拓哉)ああ、それをまたまっすぐ言う感じもね……(笑)。割とフェイク入れて、「俺、ちょっと昔……結構悪さしてたんで」っていうのが割と今までの流れで言うと多かったように思いますけども。

(DJ松永)まあ、そうかもしれないですね。

(木村拓哉)そっち出身じゃないんですね。

(DJ松永)違うんですよ。だからそもそもその時点で「自分は違う」という意識があったんで。自分らしくいれた方が楽なんですよね。でも自分らしくいるには、ちゃんとDJとしての自信がないとやっぱり自分らしくいれる度胸がつかなかったんですけど。

(木村拓哉)面白い! うん、面白いぞ、今日のゲストは……。

(DJ松永)ありがとうございます(笑)。

(木村拓哉)そしてもう1人、R-指定さん。現在、29歳。大阪府堺市出身。そして日本最高峰のMCバトル、Ultimate MC Battleで5連覇?

(DJ松永)大阪大会というのがありまして。全国大会の大阪予選で5連覇をして。

(木村拓哉)それで2012年、2013年、2014年と3連覇を成し遂げて。これは全国大会という。で、結果、MCバトル日本一のラッパーという。現在。だから日本一のラッパーと世界一のDJが僕の目の前に座ってるっていう。

(DJ松永)いやいや、恐縮です(笑)。

恐縮する日本一と世界一

(木村拓哉)で、座っているんですけど……なんか恐縮してるんですよね。日本一と世界一が恐縮するって、おかしいですよ?

(R-指定)いや、その目の前には木村拓哉が座っているんですよ。俺らからしたら。相当なことですよ。

(木村拓哉)いや、だから……「木村」です(笑)。

(R-指定)フフフ(笑)。

木村拓哉 Creepy Nutsに「木村」発言を確認する
Creepy Nutsのお二人が2020年11月1日放送のTOKYO FM『木村拓哉のFlow』に出演。木村拓哉さんから2人がかつてラジオでしていた「木村」発言について確認されていました。 本日11時半からは #木村拓哉 #Flow🌊...

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TOKYO FM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました