スポンサーリンク

松村邦洋と吉田豪 森光子モノマネを語る

松村邦洋と吉田豪 森光子モノマネを語る SHOWROOM
スポンサーリンク

松村邦洋さんが2020年10月13日放送のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんと森光子さんのモノマネについて話していました。

(吉田豪)森光子のコメントが山ほど来てますけどね。

(松村邦洋)ああー、『放浪記』ね。林芙美子ですからね。林芙美子記念館も行きましたけど。落合にある。それまで僕もね、林芙美子さんどういう方かっていうのは分からなくて。

(吉田豪)ほとんど何も知らずに舞台に行ったわけですもんね。

何も知らずに『放浪記』を見に行く

(松村邦洋)何も知らずに。僕、有森也実さんにいつもお世話になっていて。舞台の『頭痛肩こり樋口一葉』とかそういう舞台をよく見に行っていたんですけども。「最近、行ってないな。今度、行こうかな」って思ったら『放浪記』のチラシがあったもんで。「じゃあ東京で行けなかったから名古屋の御園座に見に行こうかな」と思って。それで「有森さん、今度『放浪記』を見に行きます」って見に行って。そしたら「松ちゃん、ありがとうね。じゃあ、ちょっと森さんがいらっしゃるからご挨拶に……」「えっ、森さんが出られているんですか?」って。あれはマズかったですね(笑)。

(吉田豪)びっくりするぐらい知らないっていう(笑)。

(松村邦洋)そうそう。「えっ、森さんが出られてるんですか、『放浪記』?」「いや、森さんがやっているから『放浪記』なんでしょう?」っていう。

(吉田豪)長年やってるやつですよ(笑)。

(松村邦洋)「森さん、いらっしゃるから。じゃあ森さんに挨拶した方がいいのかな」って。「俺、有森さんを見に来たんだけどな……」って思いながら森さんのところに行ったら(森光子のモノマネで)「あら、今日は、ありがとうございます……掛布さん……」って。(掛布雅之のモノマネで)「非常にですね、森さんと素晴らしいですね、素晴らしいこれ、森さんとこうやって囲まれて。今日は森さん、こうやって継続して出られてるってことが素晴らしいと思いますね」って。

それで(森光子のモノマネで)「あら、そう……今日はよく来ていただきましたねえ、本当に。いかがでしたか、掛布さん……」って。ずっと掛布さんをやっていたっていう。横に山本陽子さんだとか米倉斉加年さんとか中島久之さんとか皆さん、いらっしゃったんですけども。朝、ちょっとメイクされてなかったんで。スタッフの方かな?って最初、ちょっと思っちゃったんですけども。だんだんだんだん、じっくりお話ししてるうちに「ああ、山本陽子さんだ」「米倉斉加年さんだ」って。

皆さんに振っていただいたのがなんか、いい思い出ですね。ずっと「掛布さん、掛布さん……」って。終わった後も森光子さんのところにご挨拶に行って。(森光子のモノマネで)「どうでしたか、掛布さん……」って。そこも「掛布さん」って4回振られたんで。「掛布さんと思われてないかな?」って思ったんですけども。そしたらちゃんとその日に和田アキ子さんに「今日、松村邦洋さんがわざわざいらっしゃったんですよ」って言っていたらしくて。「ああ、わかってらっしゃったんだな」って思って。

(吉田豪)最初にこれ聞いた時、死ぬかと思いましたよ(笑)。

(松村邦洋)(森光子のモノマネで)「あら、そう……掛布さーん……」って。

(吉田豪)「とんでもないことをやり始めた」って思いましたよ(笑)。

(松村邦洋)お葬式も行きましたね。いやー、森光子さん、マラソンで倒れた時にもお花を贈っていただいたり。本当、よくしていただきましたね。

(吉田豪)本当にだから、この前も一緒にイベントした時にちょっと言ったんですけど。かなりギリギリなことをやっているはずなのに、人間性その他で本当にちゃんとクリアにしていくというか。

かなりギリギリなことをやっているはずなのに……

(松村邦洋)いやいや、そんなクリアじゃないとは思うんですけど。勝俣さんにも「クリアじゃないよ」って言われましたけども。この間、和田アキ子さんとお仕事させていただきましたけどね。まあ、森光子さんはでも僕は大好きな女優さんで。『ギミア・ぶれいく』にも出てらっしゃいましたね。『3時のあなた』もね。(森光子のモノマネで)「『3時のあなた』、お宅の家紋を、飾らせていただきます……」って。ひな祭りの久月のコマーシャル、やってらっしゃいましたね。林芙美子で倒れてパッと亡くなった後に森光子さんがこうやって出られているっていう。林芙美子なのか、森光子なのかって言う人もいらっしゃったですね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました