吉田豪が語る 伝説のロッカー坂上忍楽曲の魅力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

吉田豪さんがbayfm『with you』で、現在大ブレイク中の坂上忍さんがロックミュージシャンとして歌手活動していた頃の楽曲を特集していました。

吉田豪が語る 伝説のロッカー坂上忍楽曲の魅力

(松本ともこ)さあ、それではですね、デイリーwith you ホントのところ。今日はどんな特集ですか?

(吉田豪)はい。伝説のロッカー坂上忍特集ということで。

(松本ともこ)なんか今日はいっぱいアナログを持ってきてくれてるんですけど。まあ本当に坂上忍さんはね、私なんかの世代はずっと彼を見てきて。いまの大ブレイクがすごすぎて(笑)。

(吉田豪)天才子役ぶりからね、ロッカー期からずっと見てますけど。

(松本ともこ)吉田豪がそこは見抜いていたわけでしょ?

(吉田豪)まあ、いまのどうしようもないキャラクターを最初に評価したのは確実に僕だと自負してますよ。

(松本ともこ)なんかご本人、認めてらっしゃるんですよね?

(吉田豪)認めてますね。その後もだから交流は続いて、坂上さんの舞台のパンフの原稿書いたりしてる。ずーっと。この前も実はとあるテレビ局で別口の取材があって。隣の控室が坂上忍さんだったんで挨拶しに行って。『今度ラジオで坂上さんの歌特集やりますよ』って報告しましたよ。

(松本ともこ)そしたら?

(吉田豪)『ようやくアナログがほぼ全部揃った』って言ったら、『俺も持ってないよ』みたいな感じで。

(松本ともこ)ご本人が持っていないパターンありますけど。

(吉田豪)『1枚だけCD化されているんですよ』みたいに言ったら、『いや、CD化されているのも聞いてないよ、それ』って(笑)。

(松本ともこ)ええーっ!?そんなこと?

(吉田豪)『コンピ、入ってましたよ』みたいな(笑)。

(松本ともこ)私ね、正直言ってびっくりしたんですけど。いま、流れている曲もこれはなんなんですか?

(吉田豪)だから本当、天才子役だったから、歌手デビューも早いんですよ。小学生にしてシングル大量に出してまして。これが『BIG1/王貞治』っていう、王さんに捧げる歌を。シングル、出してるんですよ。

スポンサーリンク

坂上忍『BIG1/王貞治』

(松本ともこ)本当だ。歌:坂上忍。

(吉田豪)小学生の坂上忍が。声もかわいいじゃないですか。

(松本ともこ)かわいい。すっごいかわいい。

(吉田豪)問題は、坂上さんってアンチ巨人のヤクルトファンなんですよ。

(松本ともこ)ヤクルトファンなのね(笑)。

(吉田豪)なのに巨人の応援席に座って、巨人ファンの野次に激怒して、巨人ファンと乱闘するような人が王さんに捧げる歌を歌っているっていう(笑)。

(松本ともこ)これは歪むでしょう。気持ちが。子どもとして(笑)。信じられない。ご本人はもちろん、これは覚えていますよね?

(吉田豪)もちろんもちろん。かわいらしい歌声ですけど。子どもならではの歌唱力のなさ(笑)。

(松本ともこ)でもこれをやられてたんだ。

(吉田豪)っていう人が後にロックに開眼して。ロンドンレコーディングだなんだとかするようになったっていうね。

(松本ともこ)信じられない。今日、曲は聞けるんですか?

(吉田豪)あの、最近だからバラエティーでブレイクした結果、『坂上さん、昔はバンドとかやってたんですね』って感じで。ちょっと音源流して、『きゃー!やめて、恥ずかしい!』みたいな定番の流れがあるんですけど。そこで毎回流れるのが、デビュー曲の『J.D.BOY』っていう曲で。

(松本ともこ)あ、かっこいい。あー、もうこの頃ですよ。私がかっこいいと思っていたの。

(吉田豪)これしか流れないのがイヤだなっていうので、流れないような曲ばっかり流そうっていう特集です。

(松本ともこ)お願いします!さすがです!じゃあ、どれですか?わー、すごい。いつもCDに見慣れているから・・・

(吉田豪)これ、サードシングルですかね?ええとですね・・・

(松本ともこ)すっごいかっこよかったんだよ!ってみんなに教えたい!(笑)。若い人に教えたい!かっこよかったんだよ!

(吉田豪)これがですね、ザ・モッズの森山達也さんが提供した『I’m Not Down』という曲で。ドラマ『中卒・東大一直線 もう高校はいらない!』っていうのがありまして。それの主題歌が、モッズの『バラッドをお前に』で。それの縁で交流ができて、もりやんが楽曲提供をしたという。その曲が当時のモッズの音そのもので。

(松本ともこ)すごい!貴重!

(吉田豪)タイトル曲よりカップリングの方がいい曲なんで。カップリングの方、いきましょう。坂上忍で、『I’m Not Down』。

(曲がかかる)

(松本ともこ)はい。当時をね、知っている方と、えっ!?ってびっくりする方、いると思うんですけど。『I’m Not Down』。いい感じ!

(吉田豪)ですよね。いま、頭出しで時間がかかった理由を言いますと、要はCD化されている曲がほぼないんですよ。全部僕がアナログから焼いたので。そのせいのブランクです(笑)。

(松本ともこ)そこはそういうことなんで。今日はなんとかみなさんに聞いてもらおうということで、やっています。

(吉田豪)続いてが・・・要はだから音楽好きだったんで、いろんな洋楽の日本語カヴァーをやってるんですよ。

(松本ともこ)うん、そう。当時の流れもありますからね。

(吉田豪)ファーストアルバムは入ってないんですが、セカンド以降は全部そういうのをやってまして。で、12インチとしてもリリースされた曲があるわけですよ。ええと、ビリー・アイドルの『Rebel Yell』っていうヒット曲がありましたけど。あれの日本語カヴァーを出してるんですよ。

(松本ともこ)すごいね。それ、でも彼自身は音楽好きだったって思っていいんですね?

(吉田豪)音楽、当時大好きで。どうしてもバンドやりたい!って言って。反抗心の強い頃だから、レーベルが売りだそうとしても、そういうのに反発したりとかで。大人とケンカばっかりしてた結果、音楽活動も長続きせずというね。

(松本ともこ)そうなんだ。このまま、ぜんぜんベストテンとか出てね、ヒット路線に乗っていってほしいって思っちゃったんだけど。

(吉田豪)夜ヒットで大ゲンカしましたからね(笑)。

(松本ともこ)そう!やっぱケンカ路線なんだ。じゃあ、ちょっと曲を聞きましょうか。日本語カヴァーですか?

(吉田豪)はい。ビリー・アイドルのカヴァーで、坂上忍『MIDNIGHT DANCE』。

坂上忍『MIDNIGHT DANCE』

(松本ともこ)かっこいいじゃないですか!

(吉田豪)なんというか、本当に活動してたころのヒット曲がそのまま同時輸入されている感じなんですよ。84年ぐらいですね。

(松本ともこ)で、詞も自分でつけていて。

(吉田豪)そうです。勝手に日本語にするっていう。ただ、選曲がこれぐらいわかりやすいのはそんなないんですよ。実は。たとえば、『あ、デュランデュランやってるんだ!』って思ったら、『Careless Memories』っていう曲だったりとか。

(松本ともこ)王道のヒット曲はやらないんだ。

(吉田豪)『プリンスやってんだ!』と思ったら、『Baby, I’m a star』だったりとか。もうちょっとわかりやすい曲をやればいいのにっていう(笑)。

(松本ともこ)なんのこだわりなんだろう?そこはご自身が『俺はこういうのをやりたいんだ!』っていうのが・・・

(吉田豪)『Let’s Go Crazy』もライブではやったらしいんですけど、アルバムには入ってないです(笑)。っていうね。そんな中で、いちばんわかりやすいカヴァーっていうのがあるんですけど。これが唯一CD化されていて。いま、いろんな人のカヴァーコンピに。それに唯一入っている。

(松本ともこ)でもご自身はそれに気づいていない。

(吉田豪)気づいてなかったという。それ、聞いてみましょうかね。フレディ・マーキュリーの『I Was Born To Love You』のカヴァーで、坂上忍さんのやつです。

坂上忍『I Was Born To Love You』

(松本ともこ)もう、心の底からこのまま彼がアーティストだったらって想像して。アナログの写真を見るたびに。私、好きだったもん。

(吉田豪)最近見ている写真と違うっていう(笑)。シャープで素敵!っていうね。

(松本ともこ)本当にかっこよかった。

(吉田豪)こういう当時の。リアルタイムで流行っている曲に勝手な日本語詞をつけるっていう。ただ、フレディ・マーキュリーって異常な歌唱力で有名じゃないですか。坂上さん、声細いんですよね(笑)。

(松本ともこ)そうね。ロックなんだけど、叫ぶっていうか。繊細ですね。細い。

(吉田豪)細いんですよ。ちょっとそこが不安定な歌唱力なんですけど。それがプラスになっている曲があるんです。実は。これがですね、アルバムの『恋して夢中を抱きしめて』っていう曲なんですが。これ、原曲がわかんないんですけど、坂上さんが作っていて。ただ、声質がはまってるなって思うのが、曲調がたとえば沢田研二さんが『晴れのちBLUE BOY』っていう、大沢誉志幸さんがアダム・アントばりにジャングルビートに挑戦した。そんな感じの曲なんですよ。

(松本ともこ)はいはい。

(吉田豪)しかも、坂上さんの作品って、元ドクター・フィールグッドで現在ガン闘病中のウィルコ・ジョンソンっていうね、伝説のギタリストがいまして。その人が参加していることで有名なんですけど。その人が唯一参加している曲っていうのが、これなんですよ。

(松本ともこ)はい。いまから聞いてもらう曲。

(吉田豪)ギターのキレのいいカッティングが有名な人なんで。それが聞ける!と思ったら、後藤次利さんのベースが前面に出過ぎていてぜんぜんわかんないんですよ(笑)。

(松本ともこ)なんなの、それー。

(吉田豪)『えっ、どこがウィルコ・ジョンソン、これ?』っていう感じの(笑)。

(松本ともこ)でも、参加していることは間違いないと。

(吉田豪)と、思いながら。でも、曲はすごいかっこいいんで。これを聞いてほしい。

(松本ともこ)後藤次利さんのベースが、録音で前に出過ぎてるの?(笑)。お願いします。

(吉田豪)坂上忍さんで、『恋して夢中を抱きしめて』。

(松本ともこ)坂上忍さんですよ、みなさん。

(吉田豪)フルでかけられましたね(笑)。

(松本ともこ)かけた(笑)。たぶんね、with you聞いている方の中にも、私世代の方も多いし。『あ、そうなの。坂上忍さんってね・・・』っていう方は、もしかしてもうアナログ手放しているかもしれないじゃないですか。そうすると、ときめきますよね。当時の。

(吉田豪)まあね。聞ける環境にない人も多いでしょうからね(笑)。

(松本ともこ)そうだね。そうすると、with you。今日貴重な放送になりましたね。坂上さん自身が音楽にもう1回目覚めることはないのかな?やりたいと思わない?

(吉田豪)んー。面倒くさいんじゃないかな?

(松本ともこ)こんなにやっていた。でも、やったらまた反抗するんですかね?大人の・・・

(吉田豪)現役で反抗し続けてますからね。

(松本ともこ)こういう人が、こんな素敵なアーティスト時代があって。自分でアナログぜんぶ揃ってないのかな?ぜひもう一度。それを見たくなっちゃうんですけどね。見てみると、武部さんがアレンジされていたりとか。ものすごい、豪華な・・・

(吉田豪)豪華ですよ。だいたい、初期のころはNOBODYか・・・曲を、後藤次利さんかがやっていて。

(松本ともこ)反抗心がすごくて、いまの坂上さんがいるんだから、しょうがないか。今日、ご紹介して『あ、知ってた!』という方がいらっしゃったら、ぜひご感想を。坂上さんによろしくお伝え下さい。with youで完奏させていただきました。『恋して夢中を抱きしめて』でした。

(吉田豪)名曲!

(松本ともこ)名曲だな。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする