スポンサーリンク

R-指定 カラオケを語る

R-指定とDJ松永 人に憧れられるように振る舞う覚悟をした話 サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

R-指定さんとDJ松永さんが2020年9月27日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中でカラオケについて話していました。

(DJ松永)じゃあ、続いて。Rさんはどうですか?

(R-指定)まあ俺はね、趣味は……。

(DJ松永)Rさんはでも、多趣味な方だよね。きっとね。

(R-指定)俺は結構やっぱりね、いろんなところに興味が分散してしまうというか、逆に集中力がないというか。だから好きなもんが多かったりして。その分、たぶん浅かったりすると思うんですけど。まあまあ当然、ラップも好きやし、映画も好きやし、ホラーも好きやし。怖い話、怪談とか、怪獣とかUMAとか、そういうのが大好きなんですよね。で、そういうのばっかりを漁っているのが全部、曲にそのまま出てるとは思うんですけど。普通に普段の私生活で「遊ぶ」って言っても、レジャーもアウトドアも全くしないんですよね。で、遊びの趣味って言ったらも、1本太いのがあって。それがカラオケなんです。

(DJ松永)カラオケね。たしかにRにとっては1本、太いよな。カラオケな。

(R-指定)太い趣味がカラオケで。それで俺はカラオケでラップが上手くなったんですよ。昔、中学校の時にカラオケに行っていろんなラッパーの人の特徴を物真似しながら歌っていて。「ああ、この人はここでアクセントをつけるからこう聞こえるんや」「この人はここで伸ばし棒を入れるから気持ちいいんや」「この人、ここはなんかもうちょっと喉をこうやって開いて歌ってるぞ?」とか研究して、特徴をつかんでいったみたいな感じなんですよね。

で、カラオケって言ったら絶対やっぱり地元のツレと行った時が一番、最高に楽しいんですよね。もうお互いにツボがわかっているから。「こいつがこの曲入れたら、俺がこのパートをカバーすりゃいいんやろ?」とか。「お前がその曲入れた後は俺がこの曲でさらに盛り上げればいいんやろ?」みたいなのができてますから。

(DJ松永)カラオケフレンズがね。

地元のカラオケフレンズ

(R-指定)で、最近ね、自分の地元に帰った時にいつも遊ぶカラオケフレンズでケンタロウっていうやつがおるんですけども。そいつから最近教えてもらった、めっちゃかっこいいミュージシャンがいて。それは地元の南大阪の連中なんですよね。岸和田のラップグループで、それがG.B.Cっていう名前なんですけども。総勢でたぶん10何人ぐらいおるラップグループで。そのグループが岸和田のグループなんやけども兵庫の佐用町というところでスタジオを借りて合宿して作ったアルバム『G.B.C CAMP 2020 in SAYO』っていうアルバムがあるんですけど。そのアルバムをケンタロウに教えてもらって、それがすこぶるよくて。で、その曲をちょっとこの後にかけたいんですけど。

R-指定 G.B.C『Real Love』を語る
R-指定さんが2020年3月10日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中でG.B.C『Real Love』を紹介していました。

それで地元に帰った時にそのケンタロウと「カラオケに行こうぜ。遊ぼうぜ」って言ったらケンタロウってだんじり祭に入っているんですけども。その祭の後輩として連れてきたのがそのG.B.CメンバーであるBEAR Bっていうやつで。それが普通にだんじりの青年団としておったんですよ。で、元々知り合いやったのにケンタロウはそれを知らずに俺に紹介していて。普通にラッパーとして紹介して、曲だけ知っていて。で、後でMVを見て「いやいや、これ、ヒデキやん」って。まあ「ヒデキ」っていうんですけども。

(DJ松永)それ、すごっ!

(R-指定)で、後々知り合って。「じゃあ、一緒に飲もう」ってなって。

(DJ松永)すげえ。えっ、R、一緒に飲んだの?

(R-指定)一緒に飲んだんですよ。もう俺、ヒデキって呼んでいる。BEAR Bじゃなくて。

(DJ松永)もうツレじゃん(笑)。

(R-指定)で、あっちも最初は「Rさん」やったけど「恭平くん」って呼ぶようになって。

(DJ松永)えっ、年下?

(R-指定)年下やった。2個下。で、一緒にカラオケ行ってみんなで歌って超楽しかったんですけど。そのヒデキの途中でね、マジで地元のカラオケっぽいんですけども。みんな、朝方になったらヒデキが「ちょっと彼女、呼んでいいっすか?」って。「おう、呼べや、呼べや」って。で、彼女が来て。で、その彼女が来る前にヒデキがチェホンっていうレゲエアーティストの『Baby Don’t Cry』っていう、まあまあまあ、プロポーズソング的な愛の歌を歌っていて。

で、彼女が着いた時にはもう別の曲になってたんですけど。俺とケンタロウで「やっぱり彼女の前で歌った方がいいんちゃう、ヒデキ?」とかって言って。で、ヒデキはその、ラッパーというよりかはレゲエディージェイなんですよ。レゲエの歌い手なんで超上手いんですよ。チェホンさんの曲とか。で、彼女が来て「ちょっとヒデキ、『Baby Don’t Cry』、もう1回歌って?」「いやいや、もういいっすよ。恥ずかしい……」「いやいや、彼女に向けて歌えよ」みたいに言って。ケンタロウが「コマゲンありちゃう? コマゲン?」って。

で、「コマゲン(Come Aagain)」っていうのはレゲエの用語で。レゲエではライブで曲がブワーッと盛り上がった時に「プーロー(Pull Up)!」って言って「キュルキュルキュルキュル……」って曲を止めるんですよ。それで「コマゲン!」ってもう1回、頭から曲をやるんですよね。そしたらもっと盛り上がるみたいなのがあるから。それに引っかけてケンタロウが「ヒデキ、コマゲンして。コマゲンありちゃう?」って言ったらそのヒデキの彼女がヒデキの耳元にペタっとくっついて「プーロー」って言ったんですよ。超かわいかった!(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! かわいいー! いいカップル。最高だね。

(R-指定)で、そのヒデキはもちろん素晴らしいアーティストなんですけども。そいつのおるG.B.Cというグループの曲を聞いてもらおうと思います。これはもうヒデキ……BEAR Bのいいところが大爆発しています。サビがBEAR Bなんですけども、超かっこいい。聞いてください。G.B.Cで『Mash Up 2 Night』。

G.B.C『Mash Up 2 Night』

(R-指定)お聞きいただいた曲はG.B.Cで『Mash Up 2 Night』でした。ねえ。かっこいいんですよね。

(DJ松永)かっこいいね! サビ、ヒデキだったんだ、これ。

(R-指定)そうそう。「Somebody Mash Up 2 Night♪」っていうあの感じ。微妙にちょっと半拍ずらしてとかっていうのが超上手いんですよね。

(DJ松永)いいね。俺、このサビ超好き。

(R-指定)超かっこいいよな。最高。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました