スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永 プレーンな服装に変えてみた話

DJ松永 プレーンな服装に変えてみた話 ACTION
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永さんが2020年6月10日放送のTBSラジオ『ACTION』TBSラジオ『ACTION』の中で衣替えについてトーク。街に埋もれるようなプレーンな服装に切り替えている件について話していました。

(DJ松永)東京都心はもう最高気温が今日は31.7度を記録して。暑いですねー。

(幸坂理加)真夏日ですねー。

(DJ松永)で、今の赤坂の気温が29.7度ということで。もうね、早いんですね。真夏日になるのが。で、梅雨入りもちょっと?

(幸坂理加)関東は「明日かも」って言われてますね。

(DJ松永)こんな暑いのに? 俺、せっかく衣替えしたんだよ?

(幸坂理加)本当。今日、半袖ですね。でもいつものアロハ的な感じじゃないんですね。

(DJ松永)そんなアロハみたいな格好、している、俺?(笑)。親指と小指立てて「アロハ~♪」みたいな感じ、してる?

(幸坂理加)うん。なんか変わりましたね。

(DJ松永)そうなんです。私、衣替えしまして。いつもは襟つきのシャツしか着てなかったんですけれども。今年からはもう真っ白いシャツ。それで初めて……これまでは革靴で革のバッグみたいなのを持っていたんですけども、もうリュックサックですよ。で、スニーカーも正直、買いました。ありがとうございます!

(幸坂理加)ええっ!?

(DJ松永)もう10年以上ぶりにスニーカーを買いました。

(幸坂理加)松永さんが履いているところ、見たことがないですよ。

(DJ松永)でしょう? 革靴しか持ってなかったけど、買いましたね。

(幸坂理加)えっ、どうしたんですか?

プレーンな服装をしたくなる

(DJ松永)いや、何だろうな? なんかなるべく最近、どんどんプレーンな格好をしたくなってきて。見る人に何も情報を与えない、プレーンな格好をしたくなってきたんですよ。で、ファンの人も服を着てるとその服を特定するんですよ。

(幸坂理加)ああ、どこのブランドとか?

(DJ松永)とか。俺、それがすっげえ嫌で!(笑)。

(幸坂理加)いや、真似をしたくなるんですよ。

(DJ松永)いや、真似するのも恥ずかしいし。だって街に俺があふれていたら、嫌じゃないですか。で、ライブをする時に客席に俺がいたら……俺と同じ格好しているやつがいたら、もう超恥ずかしいし。もう絶対にその服は着たくないって思っちゃうタイプなんですよ。

(幸坂理加)ええっ? だって木村拓哉さんが着ていたら、同じ服を着たくなるじゃないですか。

(DJ松永)いや、木村拓哉とメンタリティー、違うもん、俺(笑)。わかるだろ?(笑)。いや、しかも特定されるのも、マジでブランド名とか書いてない服を着てるのに、もうみんなすぐに特定。特定班がすごくて。しかもその値段が高くても恥ずかしいというか。「ああ、こんな値段の服を買っているんだ」って思われるのも恥ずかしいし。安い服を買ってると思われるのもなんか恥ずかしいし。「じゃあ、いくらのを着ればいいんだよ!?」とか俺は思うだから。だとしたら一番特定されない服ってなったらもう、Tシャツ。白のTシャツでワンポイントも付いてないやつを着る。そうなってくると、今まで持ってた服が合わなくなってくるんですよ。革のカバンを持つのもこれ、変だから。

(幸坂理加)なんか時計も変わってますしね。

(DJ松永)時計も。恥ずかしいな……気づくんじゃねえよ(笑)。

(幸坂理加)もう全身、変わっているわけですね?

(DJ松永)で、スニーカーも買う。スニーカーもあれですよ。スニーカーってあれ、絶対にロゴが入ってるでしょう? 両脇に。両端に。

(幸坂理加)ああ、ニューバランスとかナイキとか。

(DJ松永)だから、もう見たことねえブランドのやつを探して。ロゴの入ってないスニーカー、探して買いましたよ。それは通販で買ったのでまだ届いていないですけども。

(幸坂理加)そこまでします?

(DJ松永)そこまでまるっと揃えて。だからもう本当に今年の夏はガラッと変わりましたね。でもそうやって……だから白いTシャツをネットで買って。それを着てこの間、それこそリュックとかを買いに街に出たんですよ。リュックとかはサイズ感もあるから。パソコンとか入れたりするから。ネットで買うのはちょっと怖いなとか思ったんで、表参道に……。

(幸坂理加)あら、おしゃれ!

(DJ松永)ありがとうございます(笑)。シティボーイなんで(笑)。それで表参道の街を歩いたら、本当に俺としかすれ違わなかったんですよ(笑)。俺。これ、白いTシャツを着た中肉中背の人。もう100人ぐらいとすれ違って(笑)。もうマジですげえ恥ずかしかった……(笑)。

(幸坂理加)えっ、でもそれを望んでいらっしゃるから……。

(DJ松永)なんか、街には埋もれているなと思うけど、俺とばっかりすれ違うのはめっちゃ恥ずかしいし……あと、職場に行っても俺みたいな格好をしているやつばかりだし。ディレクターのスガヤさんも……。

(幸坂理加)今日もね、スガヤさんと同じ格好を。

どこに行っても同じような格好の人がいる

(DJ松永)俺と同じ……いや、恥ずかしいんだけど、でもこういうことなんですよね。街に埋もれるってこういうことだもんなって思って。

(幸坂理加)ペアルック率が高まりますよね。誰かとペアルックになっちゃう。

(DJ松永)それで相方のR-指定が昨日、黒い無地のTシャツを着ていて。なんか色違いのペアルック感がすごくて。めちゃくちゃ恥ずかしい!(笑)。

(幸坂理加)アハハハハハハハハッ! いいじゃないですか。ユニットなんだから(笑)。

(DJ松永)いや、衣装だとしてももうちょっと着飾らないと……お互いプレーンすぎてめちゃくちゃ恥ずかしいなと思って。でも、本番前に打ち合わせをしてて。幸坂さんに「松永さん、痩せましたか?」って言われて。全然痩せてないんですよ。痩せてないんです。で、横で作家のミヤハラさんが「いや、痩せたんじゃなくて、髪を切ったんですよ」って言われて。いや、俺は髪も切ってなくって。フハハハハハハハハッ! もう全部間違っていて(笑)。

(幸坂理加)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)だから俺、誰にも見られてないんだって本当に思って。いや、おごりですよね。誰にも見られていない。しかも、俺のおごっているのがプレーンな格好をしてるじゃないですか。そのプレーンな格好をして街で埋もれてるけど、「俺は違うでしょう?」っていう風に根底では思っているっていう(笑)。いや、俺は超思っていて。「プレーンな格好をして街に埋もれているけど、俺はそんなやつらとは違う素晴らしい人間。だからこそ、同じような埋もれるプレーンな格好をしても大丈夫なんだぞ、貴様ら」って思ってるから。思っちゃってるから。

(幸坂理加)フフフ、面倒くさい(笑)。

(DJ松永)よくない。本当によくない。よくないんですよ。

(幸坂理加)でもプレーンが着れるっていうことは素晴らしい人っていうことですよね。行きついた先がプレーンってことじゃないですか。

(DJ松永)ああ、「紆余曲折してプレーン」みたいなのも偉そうですけどね(笑)。

(幸坂理加)いや、でもお似合いですよ。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 聞いた、今の? 思ってないでしょう?(笑)。

(幸坂理加)思ってます、思ってます(笑)。

(DJ松永)嬉しいです(笑)。

(幸坂理加)ねえ。夏ですねー。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! 今、思ってない(笑)。ちょっと幸坂さんが感情がこもった言葉を放てなくなったところでハガキを読みます!

(幸坂理加)行きましょう(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ACTION
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました