スポンサーリンク
スポンサーリンク

髙橋ひかるとオードリー春日 ボディビルを語る

髙橋ひかるとオードリー春日 ボディビルを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

髙橋ひかるさんが2020年9月12日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』に出演。オードリーのお二人とボディビルについて話していました。

(若林正恭)じゃあ、何かしらやってるんだ。常に。

(髙橋ひかる)そうですね。何かしらにハマって、何かしら追いかけて……っていう感じですね。

(春日俊彰)だから1回、気になったらもうずっと結構凝って調べちゃったりとか?

(髙橋ひかる)そうですね。それこそボディビルもそうですし、吉本新喜劇とか。

(春日俊彰)そうだよ。ボディビル……ああ、新喜劇もそうなんだ。

(若林正恭)ああ、それも好きなんだ。それは、なに? で、ボディビルとかはなんで見に行こうと思ったの?

(髙橋ひかる)えっ! だってあそこはもう命の戦場じゃないですか。命をかけた戦場があるわけじゃないですか。そこを目の前でっ!

(春日俊彰)また興奮しているな。すごいな(笑)。

(髙橋ひかる)フフフ、いや、皆さんすごいんですよ。もう肌の光と歯の光と目の光がもう、やっぱり……あの眼光を浴びに行きたくて。

(春日俊彰)「眼光を浴びる」(笑)。

(若林正恭)「命を感じる」っていうこと?

(髙橋ひかる)命を感じる。

ボディビルは命の戦場

(春日俊彰)たしかにあれはトレーニングも大変だし、減量も……だから命を削ってね、あの舞台に立っているっていう部分はあるよ。ギリギリで。

(髙橋ひかる)それを生で感じることができるっていう。

(若林正恭)それは元々、一番最初はテレビとか雑誌とかで見て「すげえ人たちだな」と思ったことがあるわけでしょう?

(髙橋ひかる)たぶんそうなんだと思うんですけど……私、本当にそういうハマったきっかりっていうのをマジで覚えてないんで。

(春日俊彰)なんで覚えてないの?

(若林正恭)入ってきちゃっているからね。

(髙橋ひかる)なんかもう、気がついたら体の中から出ているみたいな感じで。

(春日俊彰)フェードインなんだ。「ここから」っていうのはあんまりないんだね。

(髙橋ひかる)そうですね。超新塾のコアラ小嵐さんっていう方がYouTubeでやっているマッチョ29かな?

(春日俊彰)ああ、あの集団というか、チームというか。

(髙橋ひかる)それに一時期めっちゃ、何年か前にハマって。もうそれをずっと歌っていた時があったんですけども。

(春日俊彰)歌があるんだ(笑)。

(髙橋ひかる)めっちゃいい歌なんですよ!

(若林正恭)どういう歌詞なの?

(髙橋ひかる)なんかあの、「トゥルトゥトゥーッ♪……筋肉の物語♪」みたいな感じの歌があるんですよ(笑)。

(春日俊彰)なんだよ、それ(笑)。

(若林正恭)「トゥルトゥトゥーッ♪……物語♪」って、全然歌詞が出てこないね(笑)。

(髙橋ひかる)ちょっともうビジュアルがよすぎて、ビジュアルについつい目が行っちゃうんですよ。やっぱり筋肉をついついい見ちゃうんで。

(若林正恭)それはさ、友達はさ、一緒に見に行ってくれるわけ? 「ボディビル大会があるから……」って。

(髙橋ひかる)私、でもだいたい1人で行くんですけど。仲間がいないので。

(若林正恭)えっ、ボディビル大会ってチケットみたいなのを買うわけ?

(髙橋ひかる)ああ、ビル大会には行ったことがないんですよ。

(春日俊彰)「ビル大会」って! フハハハハハハハハッ! あんまり私とかも言わないよ(笑)。

(髙橋ひかる)たぶん私が勝手に言っているだけだと思うんですけど(笑)。

(若林正恭)フフフ、ボディビルの大会には行かないの?

(髙橋ひかる)大会にはまだ行けたことがないんです。タイミングがなかなか合わなくて行けてないんですけど。たとえば、ボディビルをやってらっしゃる方のイベント。だから筋肉とかの……たとえば馬肉をプロデュースされていたら、その馬肉の発表会みたいな感じの時に抽選をして。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)あれだよね? すごいカリスマボディビルダーが馬肉を出しますみたいなやつ?

(髙橋ひかる)そうです。

(春日俊彰)イベントを見に行くっていう?

ボディビルダーの馬肉イベントに行く

(髙橋ひかる)抽選に応募して当たったら1人で行って。それでそこで友達を作るみたいな。

(若林正恭)ええっ? そこで友達を作るの?

(髙橋ひかる)できます、できます。

(春日俊彰)それはひかるくんから話しかけたりとかして?

(髙橋ひかる)席で一緒に知らない人と馬肉を食べるので(笑)。

(若林正恭)えっ、ちょっと待って? その馬肉を一緒に食べて、隣の人に「美味しいですね」みたいなところから始まるわけ?

(髙橋ひかる)そうですね。で、「いつからトレーニングを始められたんですか?」みたいなことを聞いたりとかして。

(春日俊彰)ああ、だいたいそういうところに来る人って自分もね、トレーニングをしている人とかがだいたい来るでしょう? だからあんまり……女の子もいないんじゃない?

(若林正恭)ひかるちゃんみたいなのは珍しくない? 痩せてて……だって、そんなね、自分で鍛えるっていう人じゃないのはわかるわけじゃない?

(髙橋ひかる)でも最近は女性でマッチョに憧れるっていう方もいらっしゃるので。それでカップルで来られる方も結構いらっしゃったりするので。

(若林正恭)へー! いや、すごいね。コミュニケーション能力ね。全然行けちゃうんだ。

(髙橋ひかる)そうですね。スイッチが入れば。

(若林正恭)まあでも、同じ趣味だったら行けたりするかな?

(春日俊彰)でも1人で行って話しかけるって……。

(若林正恭)18で馬肉プロデュースのイベントの抽選に応募して行ってるんだもんね。

(髙橋ひかる)はい。初めて食べました。

(春日俊彰)ムキムキの男たちの中でね。なんか「トレーニング歴は?」とか聞くのよ。

(若林正恭)で、ひかるちゃんのこの感じも業界にだんだん知られてきているけどさ。そこまではまだしゃべる機会はあんまりないでしょう?

(髙橋ひかる)そうですね。というか、一応「清純派」でデビューしたので(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました