スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定 般若『やっちゃった』を語る

R-指定 般若『やっちゃった』を語る サウンドクリエイターズ・ファイル
スポンサーリンク

R-指定さんが2020年9月6日放送のNHK FM『サウンドクリエイターズ・ファイル』の中で中学時代に聞いていたヒップホップ楽曲についてトーク。般若『やっちゃった』を紹介していました。

(DJ松永)続いて、R-指定さん。

(R-指定)僕の中学時代ね。中学時代は俺も、さっきの松永さんと一緒で小4から俺もね、バスケットボールを始めるんですよ。俺、バスケやったんです。小4からバスケを始めて俺も高1の途中までやるんですよ。バスケも。

(DJ松永)ああ、同い年ぐらいまでやるんだね(笑)。

(R-指定)そうなんですよ。で、俺も最初はホンマに友達っていうか……さっき言ったように1人っ子で周りに同い年の友達がおらんから、マジで同い年の友達と遊び方とかコミュニケーションができなくて。だから、みんなと遊んで外で遊んだりとかしなかったんですよ。運動も全然してなくて。で、とりあえずミニバス、ミニバスケットボールっていう。

(DJ松永)ミニバスって小学校? そう。小学校ってだいたいミニバスなんだよね。

(R-指定)ミニバスなんですよ。ミニバスがあったから、それにとりあえず入って。そこで、自分が「ああ、やっぱりめちゃくちゃ運動できへんねや」みたいなのを痛感させられたんですよ。とにかくまずはボールが怖かったみたいな。ボールをバッと投げられ「痛っ!」みたいな。でも頑張って、食らい付いて慣れていって。やっぱりそこで友達もできて……って感じでやっていって。実はミニバスの時に出会ったカンっていう友達がおるんですけど、そいつとは今も仲がいいし。高校までそいつとは一緒なんですよ。

(DJ松永)じゃあ、小中高とずっと同じバスケ部だったっていうこと?

(R-指定)そうなんですよ。で、そのカンっていうやつはホンマにその時は超バスケが上手くて。中学校の時もキャプテンで。あれ? 中学の時は副キャプかな? 高校の時も副キャプテンとか。超上手いやつで。

(DJ松永)よく野上少年と仲良くしてくれたね。

(R-指定)そう。でも最初は……地元の何がよかったかなと思ったのは、意外とそこであんまり見いひんかったっていうか。上手い、下手というよりかは普通に仲が良くて。

(DJ松永)ああ、いいじゃん。

(R-指定)あと、俺がカンにエロいことを教えたってのもあるかな。

(DJ松永)ああ、とりあえずスキルトレードね(笑)。

(R-指定)そう。スキルトレード。あいつはバスケが上手かったけど、俺はエロかった。なんか……。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ! かっこ悪い(笑)。「あいつはバスケが上手かった。俺はエロかった。スキルトレードだ!」って(笑)。

(R-指定)フフフ、まあみんな役割ってあったと思うけど、何とか俺はありがたいことにその役割を見つけられたっていうか。

(DJ松永)そう。「役割がある」っていうのが一番大事。役割がなかったら大変だから。

(R-指定)たまたま俺がそういう知識に長けてたから。「おう、知ってる? あれって、あれらしいで?」みたいな。まあまあ、あんまり言えないですけど、そういうのを教えてたりとかしていたんですね。情報をね。それで仲がずっとよくて。でもやっぱりね、部活が下手なんはすごいコンプレックスやったし。俺もほぼほぼ試合に出れなかったっすね。

(DJ松永)そうか。

(R-指定)「とにかくボールは持つな」って先生に言われてたんで。「お前、ボールを持ったら敵にパスするから。ボールを持たずにディフェンスだけ頑張れ」って。だから、「一生懸命走って、相手のやつにボールを持たせるな」っていうバスケの醍醐味を全部削ぎ落とされた活動をずっとしていましたね。

(DJ松永)本当に……そんなやつ、泣きながらプレーしていてもおかしくないよ。「ボールをさわるな」って(笑)。

「とにかくボールは持つな」と言われたバスケ部時代

(R-指定)それで中学までがそれで。高校になったら完全にもう試合に出してもらえなくなったというか。明確に上手いやつがもっと入ってくるから。高校のバスケ部は。で、俺がそのエロいことと同じように、もう1個そのみんなと共有したりできたのが音楽で。当時、同じクラスのやつとか、またバスケ部と別の友達も中学の時にできて。それは結構みんな、ケツメイシとかを聞いていて。

(DJ松永)ああ、そうだよね。そうだった。

(R-指定)それで俺はやっぱりラップ好きで。中学校の時からケツメイシも当然ハマっていて。たぶん他の友達が聞いているよりも割ともうちょっと掘り下げて聞いてて。で、みんなやっぱりケツメイシの曲って当時、中学生たちの俺たちになにがよかったかって言ったら、エロかったんですよ。やっぱり。ちょっとエロかった。

(DJ松永)そう。それね、大事なんだよな。

(R-指定)いや、俺らが学生の時のヒットチャートって結構ちょいエロの曲が多なかった?

(DJ松永)そうそう。たとえばリップとかもそうだったよね。

(R-指定)リップもそう。ケツメイシもそう。ORANGE RANGEもそう。ちょっとだけセクシーな要素。ちょっと色っぽい要素とか。中学生の俺たちがムクッとなるようなワードが入ってたりするんですよね。

(DJ松永)そう。そのさっき言ったNITROもそうだし。ちょっとスケベ要素ってやっぱり中学生心に刺さるんだよ。そういうのがよかったりするんですよ。

(R-指定)思春期にズバズバ来た。で、みんなはORANGE RANGEの『ロコローション』とか。言うてもリップの『楽園ベイベー』とか。ちょっとエロい歌詞とかで盛り上がっていて。俺も当然知ってて。で、ケツメイシに入ってきてみんなが当時たどり着いたのが『ケツノポリス2』っていうアルバムの『ケツメの作り方』っていう曲で。

(DJ松永)はいはい。

(R-指定)まあ、とんでもないフレーズが出てきます。この『サウンドクリエイターズ・ファイル』では決して言うこともできないワードが出てくるんですけど。でも、そのワードのある曲が出てきてみんなで大合唱とかしていて。俺は「チャンス、ここや! みんなこれに食いついているっていうことは、これもいけるぞ!」ってことでケツメイシが好きなやつには俺は般若さんを勧めていたんですよ。

(DJ松永)なるほど!

(R-指定)般若さん。もう皆さんご存知のラッパー。俺たちもよくしてもらってます。今となってはね。でも般若さんなんかはどっちかっていうと東京のバリバリやんちゃなラッパーの人手。一匹狼感のある人なんですけど。ソロアルバムの中でかっこいいキレキレのやつもやるけど、エロくて面白い曲も歌ってたんですよ。

(DJ松永)そうだね。般若さん、そうだわ。

(R-指定)般若さんは歌詞がエロかったし、面白かったんですよ。だから中学生の俺たち的にはケツメイシでゲラゲラ笑って楽しめるんやったら、絶対こっちもいける!っていうことで、般若さんの曲をみんなに。だからカラオケ行った時とかに、なんかみんながケツメイシ、リップの、ORANGE RANGEのエロい曲で盛り上がった後に、俺がこれを入れて。みんなそこで初聞きやのに、サビがあまりにもキャッチーすぎて、みんな覚えて大合唱できるという曲をちょっと今から聞いてもらいましょう。般若で『やっちゃった』。

般若『やっちゃった』

(R-指定)お聞きいただいたのは般若で『やっちゃった』でした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サウンドクリエイターズ・ファイル
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました