スポンサーリンク

高田文夫 突然死した有名人たちを語る

高田文夫 突然死した有名人たちを語る ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

高田文夫さんが2020年7月20日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』の中で突然、世を去っていった有名人たちについて話していました。

(高田文夫)だからあの日にさ、志村けんさんも東村山を聖火ランナーで走るはずだったでしょう? だから駅のメロディーがね、『東村山音頭』がもう1回、カムバックして使われたっていう風に言われてたでしょう? そう。だからこんなんじゃオリンピックなんかできやしないよな。

(松本明子)そうですね。

(高田文夫)本当に……もう強盗トラブル(Go To Travel)だよ。どうなってんだよ、これ?

(松本明子)先生の記事もね、びっくりしましたよね。

(高田文夫)ああ、それ? 俺、たまたまフッと思って……2週間前ぐらいかな? 月刊誌だからさ。『月刊Hanada』っていうね、ちょっと偏っちゃっている雑誌だけどもさ。連載をやっているんだよ。爆笑問題の太田くんもやっていると思うんだけども。それでフッとね。「ああ、そうだ。突然死って世の中、いろいろあるな」って思って。志村さんが亡くなったりして。それで、思い出しながら一気に書いたんだよ。そしたら、この前の三浦春馬くんのことが起きたからさ。びっくりでさ。

明日、発売なのにさ。月刊誌なのに俺が全部書いているんだよ。だから、最初に出会ったのはジェームズ・ディーンの死なんだよ。突然、死なれたのは。で、赤木圭一郎がさ、ゴーカートでぶつかって死んだっていう。俺はわかんなかったんだけど、お姉ちゃんが2人とも泣いていたんだよ。「ああ……永遠のトニー」なんて言っちゃってさ。「トニーは永遠じゃないんだよ」みたいな。そう。死んだんだよ。そしたら八波むと志が死んだんだよ。俺が一番大好きだった喜劇人。あれは学校を休んだもん。布団をかぶってワンワン泣いて。そういう人を思い出していたんだよ。力道山。いきなり刺されて39歳だよ。いきなり死んじゃったりさ。いろんな……。

(松本明子)たこ八郎さんも。

(高田文夫)そう。全部書いてあるんだけどさ。思い出すままに。坂本九さんなんか、飛行機が落ちただろう? あの時、俺はかわいがられていて九さんの仕事をずっとやっていたんだよ。で、たこちゃんは亡くなる1週間前にテレビ東京の『気分はパラダイス』っていう番組でたけしさんと2人でホストをやっていて。毎週いろんなゲストを呼んでトークするんだけども。

その日、いつになくたこちゃんが真面目に「人生、こういうことがありましてね。ボクサーになって、それで由利徹さん、由利の親父に拾ってもらったんです」とか。全部しゃべったのよ。真面目に。「今日はたこちゃん、真面目だったね」「本当だな。たこちゃんがあんなに真面目に話すなんて、珍しいな。俺がやっぱりボクシング好きだからな……」みたいに話していたらその1週間後に「たこ、溺死」って。海に帰っちゃったんだよ。

(松本明子)突然でしたね……。

たこ八郎、海に帰る

(高田文夫)それで大久保の汚いアパートでね、本当にたこちゃんさ。それで路地から路地に霊柩車が入ってくるんだよ。狭いところをさ。で、たこちゃんの遺体だからちっちゃいんだよ。その棺桶をみんなで運んでさ。霊柩車に運んで。そしたら師匠の由利徹さんがさ、「今日は集まっていただきまして、ありがとうございます。たこちゃんはよくやったと思います。次の舞台に行きますので、じゃあ三本で締めたいと思います。よおーっ!」って。それで「シャンシャンシャン……」って。もうかっこよくて。粋なもんだろう? 三本締めだよ。それで車がスーッと出ていったら「よっ、たこちゃん! 日本一! たっぷり!」とかって声がかかって。泣けたねえ、あれには。たこちゃん、海に帰る。だからそういうのを思い出してさ。いろいろなのを……。

(松本明子)景山民夫さんもそうでしたね。

(高田文夫)景山なんか焼死だからね。最後の言葉が「あちち」だからね。「そういうことを言うな」って談志に叱られたけどさ。談志が「お前は鬼だな。友達が死んだ遺言を勝手に面白くするんじゃない!」だって(笑)。さすがの談志も「お前、いくらなんでもそれはひどいだろう?」とかって(笑)。「師匠、知ってます? あの民夫の最後の言葉。『あちち』って言ったらしいですよ?」「バカヤロー!」って。本当に怒られたけどね(笑)。で、民夫だって50だからね。

(松本明子)若いですね……。

(高田文夫)太地喜和子さんなんてあれ、熱海で車でドンと落っこちて。あれも若い時さ、たまたまゴールデン街で2人だけで朝まで飲んだことがあるんだよ。もうずーっと。不思議だったね。2人だけで話したことがあったね。まあ、いろんな人のことを思うね。

(松本明子)明日、先生の記事が載ったものが出るということで。

(高田文夫)だから今回もびっくりしたよ。まあこういう時はみんながそっとさ、いろんなメールだとか番組宛てにだとか、いろんなところを通してさ。太田くんなんかそっとまた手紙を……ラブレターがさ。そっとさ、机の下から。持ってくるからさ。「爆笑問題太田です。いろいろとご苦労さまです。いろんなことがありました」って。で、俺が桑田さんのことを書いたのよ。「それをメールで桑田さんに送ったら喜んでいました。伯山TVの紀伊国屋ホール、見ました。まさかここに来てYouTuberデビューをするとは……」って。うるせえな、コノヤロー!(笑)。

(松本明子)フフフ(笑)。

(高田文夫)「HIKAKINもびっくりですよ」だって(笑)。「ビデオで出ていた『幕末太陽傳』の先生のトーク、見ました。抱腹絶倒でした。つかみで出てくるなりいきなり『裏口入学の太田です』と言っていただき、すごく嬉しかったです」だって。バカだねえ(笑)。

(松本明子)フフフ(笑)。

(高田文夫)いろいろと書いてあるよ。「くれぐれも高田先生、須田ちゃんの飛沫にはお気をつけください。毒性が高いと思われますので」って(笑)。

(松本明子)松村くんの(笑)。

(高田文夫)「須田ちゃんです」だからね。

(松本明子)『5時に夢中』でもやり倒してましたよ(笑)。

業界人注目の野末陳平Twitter

(高田文夫)それで野末陳平さんもさ、ほら、Twitterを始めたからさ。毎日、日記書いているんだよ。それはいいんだけど、結構業界の人はみんな見てるんだよ。陳平さんだからさ、どんな発言をするのかな?って思ったらさ、いきなり昨日のがさ、「大好きなロック座にもなかなかいけません。高田先生も誘ってくれません」ってバカヤロー!(笑)。なんで俺を巻き込むんだよ?(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ! 名指し!

(高田文夫)俺を巻き込むんじゃない! 1人で行け! 志ららと行けよ! なんだよ、「誘ってくれません」って? 「ロック座に行く機会はまだ未定。果たしてロック座はコロナ前のにぎわいに戻るのだろうか? せっかく伯山先生から1枚もらった招待券」って(笑)。みんな人任せじゃねえかよ!(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)自力で動け、自力で! 自力で動かないんだから。本当だよ(笑)。

(松本明子)Twitterで(笑)。

(高田文夫)それで今日、出たポストがあれだよ。俺、そういう先輩ばっかりをダーッと書いたんだよ。そしたら永六輔さんとか大橋巨泉さん、前田武彦さん、塚田茂とかいろいろと書いていて。そして野末陳平って書いたんだけどさ。ズラッと俺の先輩……放送作家で面白い人、超一流の人。ずっと書いたんだけど、1人だけ野末陳平、まだ生きてたわ(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ! お元気です!

(高田文夫)原稿、書いているだろう? 野末陳平、永六輔、大橋巨泉、前田武彦って。青島幸男とか、みんな書いているだろう? 1人だけ生きてるんだよ。あとは全員死んでるんだよ、これ。考えてみたら、俺の周り。本当だよ。

(松本明子)Twitterでメッセージ来ますよ? 「行きたいなあ」って(笑)。

(高田文夫)「行きたいなあ」って。でもみんなそれぞれさ、面白いよね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました