スポンサーリンク

高田文夫 神田松之丞・六代目伯山襲名披露パーティーを語る

高田文夫 神田松之丞・六代目伯山襲名披露パーティーを語る ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

高田文夫さんが2020年2月10日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』の中で神田松之丞さんの真打昇進・六代目神田伯山襲名披露パーティーの模様を話していました。

(高田文夫)しかし昨日は羽生より滑ったな、松村。

(松本明子)フフフ(笑)。

(高田文夫)もう羽生よりもすっごい滑っていたけども。羽生どころじゃないだろう、あの滑り方?

(松本明子)羽生くんはもう優勝ですよ。すごかったですね!

(高田文夫)昨日はほら、松之丞くんの伯山襲名のパーティーがあったんですけどもね。一言、俺が「いっそ、死んでくれ。松村、たのむから」って(笑)。そしたら俺が家に帰ったらうちの固定の電話にさ、うちのカミさんが「なんか松村さんから連絡が思い詰めた声で入ってますけど……どうしたのかしら?」って。それで俺、聞いたらさ、「先生、本当にすいませんでした。本当にすいませんでした……」って思い詰めた声で留守電が入っていて。「これ、誰かしら?」って……お前、なに笑ってるんだよ?(笑)。

(松本明子)フフフ、松村さんから電話が来て。「高田先生、大丈夫でしたか? 高田先生、大丈夫でしたか?」って(笑)。

(高田文夫)「なんか先生のお顔に泥をお塗りしたようで……」って。俺、もう泥パックかと思ったっつーの。本当に(笑)。まあ、わかりやすく言うと昨日は松之丞の晴れの舞台ですよ。昨日ね、もう浅草ビューホテルという、このスタジオと同じような絨毯を敷いた、もう立派なまあ浅草の……もう超一流ですよ。浅草一だから!(笑)。

(松本明子)すごいですね!

(高田文夫)そこにもうすごい数が集まって。400人弱が。それがさ、もう今日は新聞休刊日って。これ、すごいだろ? 昨日、あんだけのパーティーをやっても、今日は新聞休肝日。家に新聞届かないんだよ。で、ここへ来て見たら結構記事になってたけど、エガちゃんのYouTubeがもうドーンと載っちゃって、松之丞は隅っこになっちゃって(笑)。

(松本明子)エガちゃん(笑)。

(高田文夫)「100万人突破、芸人最速、9日で」って。これ、すごいだろ? 「新伝説 草なぎと同日達成」って、これどういうことなの?

(松本明子)日本人で二番目。一番目の嵐に次ぐいでエガチャンネルが100万人突破っていう。

(高田文夫)でもまあ、昨日はすごかったな。

(松本明子)すごかったですね。盛大でございましたね。

(高田文夫)もうさ、伯山襲名ということでさ、みんな何か理由つけてさ。欠席の理由を考えるんだよな。みんな、欠席のハガキが多すぎるんだよ。それで見たら何か理由をつけちゃあ……俺のテーブル、笑ったよ。なあ。ジブリのは鈴木さんがいてさ、俺がいてさ、アッコもいてさ。隣がさ、滝沢カレン(笑)。もうさ、あの(『松之丞カレンの反省だ!』の)スタッフが付きっきりでさ、メシとか食っているのをずーっとアップで撮っているんだよ(笑)。

(松本明子)よく撮ってましたね!

(高田文夫)ずーっとさ。「なに、今度番組名、変わるの?」「うん、変わりますね」「どうなるの?」「伯山カレンの反省だ!っていう……」「変わってねえじゃねえか!」っていう(笑)。芸名が変わったんだから。そうだよ、襲名なんだからっていうね。それで松之丞がスピーチを「どうでしょうか? カレンさん、まず言って、どっと笑いを取って。それでカレン、ジブリの、高田先生。この流れ、どうですか?」「なんだよ、カレン、ジブリの、高田って……カタカナ、カタカナ、俺かよ? おい、嫌だな、カタカナ、カタカナって……」って(笑)。

(松本明子)「カレン、ジブリ、高田先生」(笑)。

(高田文夫)まあ、鈴木さんはしっかりしてるけどさ。なあ。それでさ、カレンちゃんが面白いんだよな。

(松本明子)面白かったですね!

(高田文夫)説明してあげてよ。手紙を読んだんだよな。「緊張してしゃべれないので、手紙を書いてきました」なんて。それで松之丞が立っている横で読んでな、朗読したんだよ。

(松本明子)そうなんですよ。「今日はこんなにたくさんお客様、お集まりいただいて、ありがとうございます」って……(笑)。

スポンサーリンク

滝沢カレンの手紙朗読

(高田文夫)みんなが「お前の会じゃない!」って突っ込んで(笑)。「お前のために集まったんじゃない!」って全員が突っ込んだっていうさ(笑)。いきなりさ、「どうも、私のようなものに……この度、下の名前が変わるようで……」って(笑)。なんだ、その「下の名前」って(笑)。

(松本明子)「松之丞さん、下の名前が変わるようで……」って(笑)。

(高田文夫)「すいません。私、講談の『ら』の字も知らないので……」って(笑)。なんだよ、その「講談の『ら』の字」って(笑)。それは「落語の『ら』の字」だろ?っていう(笑)。「講談の『ら』の字も知らないので、こういうところはよくわからないんですけど……」って(笑)。もうトンチンカンで大爆笑だったよな? いや、もう本当だよな。言葉の魔術師。もう司会の赤江珠緒が言っていたもん。「さあ、お待たせしました。言葉の魔術師の登場です!」って(笑)。

(松本明子)フフフ(笑)。

(高田文夫)そんな紹介の仕方、あるかっていう(笑)。赤江珠緒もよ、あいつもさ、芝生に寝転んで司会をやっているのな(笑)。

(松本明子)「たまむすび」って(笑)。

(高田文夫)寝っ転がって。ゴロゴロゴロゴロさ。「芝生を敷いてくれ」って言い出して。「なにを寝転んでるの?」みたいな。寝転びながら「さあ、言葉の魔術師の登場です! カレンさんです!」なんて。それで爆笑取ってさ。あとはジブリの鈴木さんは真面目だからさ、なんかさ、工事現場のおとっつぁんみたいな感じでさ(笑)。なんか工場長みたいな感じだったろ?

(松本明子)工場長(笑)。

(高田文夫)なあ。で、あの後ろ幕を作ったんだってな、鈴木さんが。ぽんぽこ狸の縞の合羽に三度笠の、ヤクザもののこういう形の、狸のね。あれで寄席を回るんだから。あれを後ろに垂らして。後ろ幕。

(松本明子)あれはいいですよね!

スポンサーリンク

神田伯山・後ろ幕

(高田文夫)そしたら今日さ、新聞休刊日だと思って来たらいろいろと書いてあったよ。そしたらやっぱり俺のコメントが光ってると、みんなどの新聞も褒めているね。「高田文夫氏はエールを送った。本当に松之丞は嘘つきです」って(笑)。

(松本明子)開口一番(笑)。

(高田文夫)「嘘つきで小生意気なのは芸人にとって非常に大切なことです。談志師匠もたけしさんもずっと嘘つきで小生意気でした」って(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)めちゃくちゃ言ってるよ、俺も(笑)。それでさ、どうのこうのって言ってさ。「まあまあ頑張ってね、60、70まで頑張れば一流になって名人とかになればいいと思います。まあ、要するに70超えたら再婚すりゃいいんですから」っつって「ドッカーン! 待ってました、そのセリフ!」みたいな感じになって。みんな(笑)。「70すぎたら再婚すればいいんです。あ、ちょっと最近、知り合いでちょっとそういうことがあったもんで……」とかって言ったのさ、「ドッカーン!」って来て。それで俺、自分の席に戻ってメシを食ってたらさ、着物のおばちゃんが突進してくるんだよ。「先生、ありがとうございまました。松之丞です」って。松之丞のカミさんなんだよな(笑)。「先生、ありがとうございました。松之丞です。私は、ゴホンゴホン……早死にします!」だって(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)そんな怒らなくても……(笑)。「私は、早死にします!」って(笑)。「おお、怒っているぞ、相当……かなりカチンと来てるな、お前?」っていう(笑)。あれも負けてないからな。あそこのカミさんも。面白いよ(笑)。「私は早死にします!」とか言っていたもん。面白かったな!

(松本明子)すごかった。すごい会でした。相当すごかったですね。志の輔師匠もいらしていて。次、もうパルコに行かなきゃいけないから。

スポンサーリンク

パルコに向かう志の輔師匠

(高田文夫)そうだよ。3時からもうパルコがあるんだから。だからさ、談春が酔っ払って来てさ、「先生、本当にすいません。また先生に恥をかかせました」って。「どうしたんだ?」っつったらさ、「いや、こういう噺家のパーティー、立川流はあんまりよく知らないんですよ」って。だってポンポンと乾杯の音頭をして、もういきなり中締めってやるだろう? 要するに噺家はみんな忙しいから。寄席がいっぱいあるから。もうすぐに中締めを1回、しちゃうのよ。「よー、シャンシャンシャン……」って。そしたら、そのきっかけでスッとはけていいわけよ。暗黙の了解で。

(松本明子)ああ、なるほど!

(高田文夫)それから飲み食いが始まるわけだろう? でもあと5分、10分で中締めになるはずだったんだよ。小遊三師匠が上がろうとしている。そこで志の輔がジタバタして。「じゃあほらちょっと、パルコ行くわ。パルコ行くわ」って。5分待てないのか?っていう(笑)。「もう段取りを知らなくてすいません……」って談春が(笑)。もうすぐに中締めが始まって。「小遊三師匠の中締めがあったのに……」って(笑)。

(松本明子)行っちゃった(笑)。

(高田文夫)そうだよ。みんな忙しいからね。しょうがないよ。

(松本明子)盛大でしたね、本当にでも。

(高田文夫)色んな人がいっぱいいたから面白かったね。でもさすがにマムシ先輩がいたから俺、飛んでいったんだよ。さすがに俺もさ、俺から挨拶しなきゃマズいなと思ったからさ。そしたらあっち、赤江珠緒とかいっぱいいるだろう? TBSグループが。俺が行ったからワーワーなっちゃってさ。そしたらもうはぶ三太郎が思いつめたような顔をしてさ。はぶ三太郎ってマムシさんの弟子ね。

スポンサーリンク

「高田先生、ジェーン・スーがご挨拶をしたいと……」

「高田先生、高田先生……ジェーン・スーがご挨拶をしたいと言っているんですけど、どうしましょうか? ジェーン・スーがどうしても先生にご挨拶を……」って。「知らねえよ、そんなことは。なんだよ、ジェーン・スーって?」って(笑)。「先生、ジェーン・スーが先生にちょっとご挨拶を……」って(笑)。「ああ、こんちは。知ってるよ」っつったんだよ。ジェーン・スー、佐良直美みたいな顔をして(笑)。この裏でしゃべっているんだろう?(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)そうなんだよ。大変だよ。わけがわからないよ。

(松本明子)ああ、あの方がジェーン・スーさん!

(高田文夫)ほら、知らない。わかってないだろう? 声は知っているけど。だからマムシさんのテーブルにブワーッとTBSの人、いただろう?

(松本明子)いらっしゃいました。TBS軍団の方々が。

(高田文夫)TBS軍団で松之丞がそうだから。で、だから太田くんがTBSの生放送があって来れないから。それでだから奥さんの光代さんが来ていたんだよ。代わりにな。で、TBS軍団がブワーッといたんだよ。そこでここぞとばかりにさ、赤江珠緒がさ、「それではラジオビバリー昼ズ、高田先生の番組を代表しまして松村さん、どうぞー!」って。それで滑るだけ滑ってるんだよ(笑)。俺の顔、もう泥パックだよ、本当に。俺はもう立つ瀬がないよ、本当に(笑)。最初はだって余興だって浪曲を玉川太福がやってさ。松之丞との思い出を浪曲にして。

(松本明子)素晴らしかったですね!

スポンサーリンク

ラジオビバリー昼ズ代表、松村邦洋

(高田文夫)それで坂本頼光がさ、なんのフィルムかは言えないけど、活弁でしゃべってさ。もう両方ともバカウケなんだよ。それで「さあ、いよいよトリはビバリー昼ズを代表して、高田先生から送り込まれました! 松村さん、どうぞ!」「ツルーン!」みたいなさ。もうさ、羽生結弦も真っ青だよ、あの滑り方は。いやー、本当に死んでほしい。死んでほしいね、俺は。

(松本明子)フフフ、前のお二人がすごくウケたんで、緊張していたんじゃないですかね?

(高田文夫)だってさ、なぜかって松之丞のパーティーなんだから、松之丞のことをしゃべらなきゃダメじゃない? ネタに絡めてさ。だからさ、浪曲を作ってきたり、映画の活弁を作ってきたり。松村はただ営業のネタをやっているだけなんだからさ。それもさ、松之丞の「ま」の字もなくてさ。オープニングでいきなりさ、「ああ、どうも。今日はここ浅草ビューホテルの近くに吉原がありますんで、先ほど松之丞さんとソープに行ってきました」って。「ウソをつけ! それで笑うか?」っていう(笑)。もう全員が引いちゃってるの(笑)。「なに言ってるの、この人?」っていう(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)「今、ちょっと軽くソープに行ってきました」って……そんなわけねえだろ! 笑ったな、あれは。すごかったろ?

(松本明子)いや、本当にすごかったですね。

(高田文夫)立ちくらみした。今日の週刊ポスト、ご祝儀で1ページ、丸々「八丁荒らし」と見事のイラストになっていますんで。ぜひ見てください。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました