スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー若林 あこがれのデニス・ロッドマンTシャツを語る

オードリー若林 あこがれのデニス・ロッドマンTシャツを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2020年7月4日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で中高生の時にあこがれていたデニス・ロッドマンのTシャツを手に入れた件について話していました。

(若林正恭)それでちょっとね、まあ石井ちゃんも言ってたんだけど今、結構……水口ちゃんも言ってたし。あのネットフリックスの『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』っていうマイケル・ジョーダンの動画を見たなんて話で結構我々おじさんは盛り上がっていて。それで、ちょうど中高生ぐらいだよね。ジョーダンとかブルズがNBAですごかったのが。

(春日俊彰)まあ、そうだね。靴が流行ったりとか。まあ中学、高校ぐらいの時か。

(若林正恭)だから90年代だよね。それで、まあ春日さんはわかると思うけど、ブルズのあのデニス・ロッドマン。すげえ人気で日本にも来たりしたんだけど。で、そのロッドマンTシャツっていうのがあったんだよね。

(春日俊彰)あった、あった。あの顔がプリントされて。カラーのね。

(若林正恭)背中にでっかくロッドマンの顔がプリントされているTシャツ。ナイキのやつね。それがすごい俺、その時にバスケも好きで、欲しかったんだけど。あれ、バイトしていないと買えないから。俺、部活やってたから買えなくて。でも欲しかったの。すごい。ロッドマンTシャツ。もう有名なのね。でっかくバーンって。

(春日俊彰)そうね。

(若林正恭)で、俺はそれを買えないから、コイケっていう絵の上手いやつに体操着の背中にロッドマンの顔を書いてもらって。マジックで。授業に。で、それを俺は着てたんだよ。

(春日俊彰)はいはい。まあ、ロッドマンTシャツではあるしね(笑)。

(若林正恭)そうそう(笑)。これは(マネージャーの)岡田並みに譲らないから。「ロッドマンTシャツです」っていうのは。で、コイケが絵が上手かったから描いてもらって。それでロッドマンTシャツだってことで、それを着て歩いてたの。マジックで書いたね。それぐらい欲しかったのよ。お金、なかったから。それで今、大人になってネットフリックスとかを見て「いいな。やっぱりあの時代のブルズ、すげえな」って思って。そしたらなんかロッドマンTシャツが復刻されたりしていて、売っているわけよ。

(春日俊彰)へー! ああ、そう?

(若林正恭)もう今は買えるじゃないですか。

(春日俊彰)買える。もう余裕だよ! 何枚買えるかっていう話でしょう?

復刻版を今なら買える

(若林正恭)まあまあ、もう貯金ギリギリだけども。奥さんにね、頭を下げて「買わせてくれ」っていうことで。それでロッドマンTシャツを買ったわけ。もうこれは、その高校の時に買えなかった自分へのプレゼントのように着ているわけですよ。

(春日俊彰)うんうんうん。まあ、憧れの品だよね。

(若林正恭)気持ちはわかるでしょう? その、もう着たいから着ている感じ。あの頃、買えなかったからね。

(春日俊彰)はいはいはい。

(若林正恭)で、ロッドマンTシャツはまあ、いいんですよ。1回、置いときます。で、次はすね毛の話なんだけど……。

(春日俊彰)急に変わるな。

(若林正恭)で、その買ったロッドマンTシャツには短パンが合う感じなんですよ。スポーティーだから。

(春日俊彰)ああ、なるへそ。そう来るのね。はいはいはい。

(若林正恭)これもわかるでしょう? で、短パンを履くんだけど俺、基本的には毛は薄いんだけど。ずっと思ってたんだけど、すね毛だけ濃いのね。

(春日俊彰)ああー、そういう人、いるよね。うん。はいはい。

(若林正恭)で、なんかね、それがなんか納得できなかったのよ。実は去年あたりから。

(春日俊彰)ああ、まあ全身が濃いんだったらいいけど、なんですね毛だけ濃いんだ?って。バランスね。

(若林正恭)なんかこのすね毛の濃さは若ちゃんっぽくないなと思ってたんだよね。

(春日俊彰)なるへそ! やっぱりその、顔がかわいいから?

(若林正恭)まあそれ、もうお前しか言ってないけど。

(春日俊彰)だからそれはね、顔がゴツかったらすね毛が濃くても……逆に薄いとギャップになるじゃない? おじさんみたいなゴツい感じの人が薄かったら。それと同じ、逆だよね。

(若林正恭)謎なのよ。腕とか胸毛とか全然ないのに、俺はすね毛だけ濃いのよ。なんか髪の毛が、たとえば俺が金髪だったら顔の割になんか背伸びしたいかつさ。でも、なんかおかっぱにするにしてはおかっぱっていうほど、なんかそんな感じでもない。そういった意味ではもう俺のすね毛ってもう、すねをモヒカンにしているぐらい「男」なわけよ。

(春日俊彰)へー!

(若林正恭)で、それは誰も見てないのもわかるんだけど、自分では納得してなかったわけ。でも、短パンを履くからって全部を剃っちゃうと、うーん。なんかおかっぱ頭なのよ、それは。なんていうんだろう? おとなしすぎる。全部剃るにしては。

(春日俊彰)つるつるっていうのも不自然になっちゃうっていうね。

(若林正恭)でも、もうすね毛がモヒカンなわけね。で、「どうしたもんかいの?」状態で。それで調べたら……「すね毛 濃い おじさん」で調べたら、どうもなんかバリカンの9ミリとかで剃ると短めになっていいですよ、みたいな情報が舞い込んできたんですよ。

(春日俊彰)なるへそ。全部無くすじゃなくて、刈るっちゅうことね。短くするっちゅうことね。ああ、そのパターンがあったか。

(若林正恭)で、家電量販店に行ったんですよ。そして、もうバリカンを買おうと思っているの。もうすね毛を刈るために。

(春日俊彰)はいはい。まあ普通のバリカンを。すね毛用のなんて、ないでしょう?

(若林正恭)で、電気屋さんに行ってバリカンを探してたら、なんか「男の美容グッズ」みたいなコーナーで目に飛び込んできたのよ。なんか「男のすね毛のお手入れ」みたいな。すね毛専用バリカンみたいなのが。

(春日俊彰)ええっ? そんなの、あるの?

(若林正恭)で、2000円。

(春日俊彰)安いじゃない!

(若林正恭)で、まあ「貯金もギリだな」って思ったんだけど。

(春日俊彰)ロッドマンTシャツ、買っちゃっているからね。

(若林正恭)でも、ポイントがたまってるし、買えるわって思って。

(春日俊彰)へー! そんな、専用のがあるんだ。それは知らなんだな。

すね毛バリカンを購入

(若林正恭)でね、そのすね毛専用バリカンを俺、買ったわけ。で、家に持って帰ってさ、なんか新聞広げてさ、すね毛を剃ったというか、刈ったんですよ。で、やっぱりどんどん薄くなっていくわけ。

(春日俊彰)ああ、それは普通のバリカンとは違うの? 髪の毛をやるやつと。

(若林正恭)違う。アタッチメントがついてるけど、すね毛専用だっていう話。

(春日俊彰)フフフ、それ、どう違うの? そんなにゴツくないっていうこと? バリカンよりも?

(若林正恭)お前、そこ詰めるなよ! 焦るだろう?

(春日俊彰)何で焦るんだよ?(笑)。

(若林正恭)中盤で……トークゾーンの中盤で穴を突いてきたら焦るだろう?

(春日俊彰)別に穴じゃないじゃない。その、形とかが想像できないから……。

(若林正恭)青銅さん、こんなの俺は予定てしないですわ。中盤で春日が穴を突いてくるなんて……グラつくだろう、お前?

(春日俊彰)フフフ、いや、意外にそっちの予想以上に私がちょっと食いついちゃっているからさ。「そんなのあるんだ!」と思って。「どんなんだろう?」って。

(若林正恭)ほら、ボディービルダーのT・春日はさ、すね毛と陰毛を剃っていたじゃない?

(春日俊彰)それはもう全剃りだからね。カミソリで……あれはもうビルダーにとっては短かく刈っても仕方ないから。ツルツルに見えないから。

(若林正恭)でも俺はなんか短くして、すね毛をブーッとそのバリカンでやっていたわけ。でもね、まあ今、こういう状態なんだけども……。

(春日俊彰)ああ、うん。そのビフォアがわかんないからなー。そんな言うほど濃くはないね。モヒカンになっていないから、成果は出ているっていうことだね。今、見てそんなに濃いなとは思わないもんね。これぐらいだと。

(若林正恭)でしょう? これ、だいぶ短くなってるの。だから、俺の毛ってくせ毛だからもうすね中に陰毛が生えているような感じだったから。そのくせになる手前で刈っている感じなのよ。

(春日俊彰)ああ、まあ普通だよね。普通の成人男性ぐらいの。

(若林正恭)すね毛のお手入れを私、したの。家でね。で、刈ったら刈ったで寂しい気持ちもあったの。

(春日俊彰)ああ、その今まであったものが?

(若林正恭)自分のすねが弱々しかった。刈ったら刈ったで。

(春日俊彰)もう、どっちなんだよ? なんだよ?

(若林正恭)フフフ、まあいいや。で、とにかくすね毛専用バリカンですね毛を刈ったんですよ。私は(笑)。短パンを履くために。ロッドマンTシャツを着るために。それで、短パンがこれで履けるなと思って、お気に入りのロッドマンTシャツと短パンを履いて仕事現場に行ったんですよ。で、春日さん、今週ね、春日さんもいた仕事。ハウススタジオのお仕事、ありましたよね?

(春日俊彰)ありましたよ。

(若林正恭)で、ハウススタジオにロッドマンTシャツと短パンで入ったんです。でも別に自分がロッドマン好きで着てるわけだから、おしゃれだとは思ってないけども。自分的にはすごい大満足の格好。好きなバスケット選手のTシャツを着て短パン。すね毛を刈って短パンを履いているから。

(春日俊彰)そらそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました