スポンサーリンク
スポンサーリンク

高田文夫 リトル・リチャードを追悼する

高田文夫 リトル・リチャードを追悼する ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

高田文夫さんが2020年5月11日放送のニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』の中で亡くなったリトル・リチャードを追悼していました。

(高田文夫)(リトル・リチャード『のっぽのサリー』を聞いて)おお、いいねえ。

(松本明子)うわっ、かっこいい!

(高田文夫)リトル・リチャードだよ。1日待ったってニッポン放送じゃあ誰一人、追悼しねえだろう? リトル・リチャード。一応、FMもやっているんだよ、ニッポン放送は?

(松本明子)そうですね。ニッポン放送、FMもやっておりますので。

(高田文夫)もう神様だから。俺にとっては。この人に憧れてみんな、エルヴィス・プレスリーもビートルズも俺もだよ。ロックンローラーとして育ったわけだよ、わかる?

(松本明子)えっ、先生、ロックンローラーだったんですか?(笑)。

(高田文夫)ビートルズもエルヴィスもボブ・ディランもそうだよ。俺も。みんなこの人を師匠として……だから立川流家元みたいなもんだよ(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)ロックンロールの家元みたいなもんだよ。

(松本明子)家元ですか。うわーっ!

ロックンロールの家元

(高田文夫)リトル・リチャード。87歳。でもコロナじゃなくてよかったね。ガンだったらしいんだけども。「ロックの草分け、87歳。ガンで逝く」という。リンゴ・スターがね、「永遠のヒーローです」と。ミック・ジャガーは「最も影響を受けた人です」っていう。俺もそうだね。

(松本明子)先生も!

(高田文夫)俺も談志、永六輔よりもリトル・リチャードだね。俺、元々はロックンローラーだから。

(松本明子)ベースが?(笑)。

(高田文夫)実は俺、隠しているけど。これからまたローラーとして行くから。内田裕也さんが亡き後、ローラーとして。ガンガン行くから。リトル・リチャードの遺志を継いで。これだよ!

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(高田文夫)だからこの『のっぽのサリー』なんかあれだよ? ほら、武道館でビートルズが来た時にさ。客席には俺とか沢田さんとか志村けんとかみんないたんだけどね。その時に前座で出たのがドリフターズ。で、ドリフが歌ったのがこの曲だから。

(松本明子)ええっ!

(高田文夫)『のっぽのサリー』。これだから。すごいだろう? 仲本工事が歌ったんだよ(笑)。ここまで知っているの、いないだろう? 仲本工事が。お前、1分45秒ではけたんだから。長さんが「逃げろ!」って言って。やるだけやって歌って。

(松本明子)すごいですね!

(高田文夫)これだよ。『のっぽのサリー』。『Long Tall Sally』だよ。

ビートルズ来日公演・ドリフターズ『のっぽのサリー』

(松本明子)すごいですね。客席で見ていたんですね。先生は。

(高田文夫)そうだよ。俺、生き字引だもん。

(松本明子)高校生の時に。

(高田文夫)みんなに言われちゃったよ、お前。週刊ポストを開いたらさ、三波伸介と林家三平の絵が書いてあって。「先生、三波伸介からリトル・リチャードまで語りますね!」なんて。語るんだよ(笑)。

(松本明子)芸の幅が広いですね、先生は!

(高田文夫)広すぎるんだよ。そしたらお前、「江頭2:50の父親を追悼したのはここだけです」だって(笑)。「江頭2:50のお父さんを追悼したのはビバリーだけですよ」って(笑)。先週の金曜日な(笑)。幅広すぎだっつーんだよ。エガちゃんのお父さんの遺影、見た? お前。お父さんと俺が肩を組んで「イエーイ!」ってVサインの写真。俺、一緒に焼かれちゃったんだよ、お前?

(松本明子)フフフ(笑)。

(高田文夫)俺、焼かれちゃったんだから。葬式で江頭のオヤジと一緒に。冗談じゃないだろ、お前(笑)。松村、言っていたよ。「師匠、見ましたよ」なんて。

(松本明子)「先生、一緒に映ってましたよ」って(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました