スポンサーリンク

オードリー ザ・ドリームマッチ2020を振り返る

オードリー ザ・ドリームマッチ2020を振り返る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

(若林正恭)で、今回もくっきーさんとやったからそれ、両方あると思うし。もちろんどっちもいいしね。好き嫌いで言うとね。なんだけど、やっぱり自分の頭の中って狭いなって思うよ。だから塙くんと組んだら……でも真面目にやることになるよなって。あの、塙くんと4人でさ、レッドカーペットで漫才やった時、あったじゃん?

(春日俊彰)ああ、あったね。コラボカーペットみたいなやつね。

(若林正恭)あれ、でもすごい不思議だなって思うのよ。これも。途中でさ、笑い合いをするじゃない? 俺たちって。で、だから4人で笑い合う場面があったのよ。真ん中へんで。それで稽古していた時に塙くんがボソッと「これ、何なの? 途中で笑うの?」って(笑)。「それまでの流れがきれいなのに、なんなの? 急に途中で笑うのって?」ってブツブツ言ってたから、あんま好きじゃないと思ってたんだよね。オードリーのネタが。それで結構、『検索ちゃん』でネタをやっている時も全然笑ってねえからさ。俺のことを好きじゃないだろうなって。

(春日俊彰)フフフ、なるへそ(笑)。

(若林正恭)でも、ナイツの独演会に出させてもらった時、あの時はパチンコのネタやった時もすごい褒めてくれたんだよね。塙くんが。帰ってきたら袖で「最高だね!」って言っていて。でも、笑い合いは嫌いなんだと思って(笑)。

(春日俊彰)フフフ、好きな部分と嫌いな部分があるんじゃない?(笑)。

(若林正恭)塙くんってね、ぱっちりとラインがあると思う。好きなゾーンの。それがたぶん彼の強さでもあるし。相まみえない部分ももちろんあると思うんだよね。自分とは。だから結構びっくりしたんだよね。

(春日俊彰)まあ、なんかあったんだろうね。塙くんの中で若林さんとやりたいようなことが。

(若林正恭)だから本番前、塙くんとめっちゃしゃべっていたの。だからまさか自分のことを選ぶなんて、全く思ってなかったね。嬉しかったけどね。やっぱり同期だし。

(春日俊彰)まあ、そうね。

(若林正恭)でも、そうか。春日は伊達さんとか小峠さんとかとやってみたいっていうことだよね。

(春日俊彰)まあ、そうだね。いわゆるツッコミ……粗品くんとか。粗品くんも1回、行ったんだっけな? 行ってないかな? だからそういういわゆるザ・ツッコミみたいな人とやったらどうなるのかなとは思ってましたな。

「ザ・ツッコミ的な人とやってみたかった」(春日)

(若林正恭)はいはいはい。じゃあ山ちゃんとは全然やろうと思ってなかったってことを言ってるんじゃん? お前。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)それはなんでなの?

(春日俊彰)山里さん……うーん。なんで? なんでかな? まあ、ある程度知ってるからっていうのもあるからね。ちょっとだから若林さほど「どうなるかわかんない」っていうところに張ってはいないけど。知ってるから、「なんとなくこんな感じになりそうだな」みたいなのをちょっと思ってのかもね。

(若林正恭)そうじゃん? それで俺、これ本当に言葉選ぶけど……山ちゃんがずっと春日を押していたのは信じらんないもん。

(春日俊彰)なんでだよ! 言葉選んで、それかい?(笑)。

(若林正恭)だって何となくわかるじゃん? だって。絶対面白いのもわかるっていうことだよ。2人ともすごいから。それは感覚なんだろうね。「どうなるかわかんない」っていう風に思いたい人と……このメール、「上に立ちたい」っていう風に送ってきた人がいるけど、どうだろう? なんか他の人……人見知りだから離しにくかったんじゃないの? どうなんだろうね?(笑)。

(春日俊彰)いや、そうだね。うん。その可能性は……。

(若林正恭)ん? ヅカがめっちゃ言っているよ?

(春日俊彰)ああ、言ってた? その可能性はあるなって思ったんだよね。私の打ち合わせをしていて。聞かなかったけど。

(若林正恭)でもさ、どんだけ……このメンバーって結構一緒にやらせてもらってるじゃない? 散々なんか、皆さん。どんだけ人見知りなんだよ?っていう話だよね(笑)。

(春日俊彰)フフフ(笑)。そうだよ。誰とでもね。

(若林正恭)だって、岩井ちゃんと山ちゃん、一緒に番組やってるし。あと大阪で山ちゃんと一緒の方も多いだろうし。だからわからないもんだよな。

(春日俊彰)そうね。あとはまあ、ネタを作っているわけだから、誰とやってもね。私はネタを作っている人じゃないから厳しかったけどね。そういうのもあって。だから本当のところはどうなのかは聞けてないといえば聞けてないな。

(若林正恭)で、こうやって見ると「ツッコミの人ともやってみたい」とか思うからな。ツッチーとかさ。だから塙くんを押すのがみんな、怖いのはツッチーがもう答えだからなんじゃないの? もうツッチーってすごすぎて。もう嫌でしょう? ツッチーと比べられの。

(春日俊彰)まあ、そうだね。そうなんじゃない?

(若林正恭)ツッチーのツッコミがありえないもん。だから塙くん、頭を叩かれるタイプじゃないし。

(春日俊彰)だからあれがもう本当に塙くんに対する完成形というか、頂点なんだろうね。

(若林正恭)頂点だよね。ツッチーのがね。

(春日俊彰)それを超えるっていうのは……。

(若林正恭)いや、怖いよ。だから俺、ちょっとそっちかもしれない。塙くんはもちろんすごい尊敬してるけど。ツッチーより自分が何かができるって思えないよね。

(春日俊彰)なるへそ。

(若林正恭)澤部とかな、やってみたいよな。そうだよな。だからまあ、しょうがないけどな。こうじゃないとうまく組めないから。1個だけ、山ちゃんも水曜日にしゃべるかもしれないけど。本番前にネタをやる、みんなジャージを着てメイクをしてるじゃない? その時に山ちゃんが俺のところにパーッと来て。第一声で「コンビ揃って頑固ってどういうことなんだよ?」って言われて。

(春日俊彰)フフフ、ああ、そんなこと言ってた?

「コンビ揃って頑固ってどういうことなんだよ?」(山里亮太)

(若林正恭)「えっ、どうしたの?」って言ったら「コンビ2人で頑固ってどうやってるんだよ、お前たちは普段?」って言われて。それで俺、その感じの山ちゃんって結構メンタルが参ってる時の山ちゃんだから。なんかあったの?

(春日俊彰)なんかあったかな? いや、別になにも……結構スムーズだったと思うけどね。そんな「いや、これは……」みたいなことは私は言ってないけどな。なんかあったのかな?

(若林正恭)ヅカとサトミツ、稽古場を一応見てたんでしょう? どんな感じだったの? ヅカから見て。

(春日俊彰)「言い回しが……」みたいなことを私が言っていたんだっけ? うん……(サブからの音声を聞いて)フハハハハハハハハッ! ああ、そう?

(若林正恭)ああ、山ちゃんが書いてきたネタの演出を? うんうん……。

(春日俊彰)ああ、いや全然気づいてなかったわ。

(若林正恭)でも山ちゃんがそうやって思うってことは……。

(春日俊彰)そうか。結構入れてきてたんだね。それを……だからその「無視する」って気持ちもないけど。「それは違うだろ」っていう風にね、完全にはねるっていう気持ちもないけど。自然とそうなってたのか。ああ、それは……そう? そのことを言ってるんじゃない?

(若林正恭)言ってるのかな?

(春日俊彰)たぶん「嫌」とかは言ってないもん。山里さんが……そういうことじゃないもんね。たぶんね。うん……(サブからの音声を聞いて)フハハハハハハハハッ! ああ、そう?

(若林正恭)忘れちゃっているっていうこと?

(春日俊彰)まあ忘れちゃっているっていう可能性もあるし。だから、「いや、それはちょっと違うな」っていうことは言わないまでも、自分の中でそう思ってるっていう(笑)。思って入れてないっていうのも。

(若林正恭)「こうやった方がいいんじゃないかな」って自分なりに思ってるっていうことだね。

(春日俊彰)うんうん。かもね。それはあったかもな。ああ、そんなの……結構スムーズだと思っていたからな。

(若林正恭)うんうん。実際、どんな感じだったの? 稽古と本番通して。

稽古ですごく早く帰る山里亮太

(春日俊彰)稽古は……そんなになんか紛糾はしなかったけどね。結構スムーズだったよね? で、思ったのは「山里さん、すげえ早く帰るな」って思っていたのよ。「家に帰りたいのかな?」って思うぐらい。「これは○○で……」ってまだヅカと離している時にもう茶色いダウンを着てさ(笑)。リュックを背負って「じゃっ!」とかって帰るからさ。「あれ? 奥さん、迎えにきているのかな?」って。聞かなかったけどね。

(若林正恭)ああー、迎えには来てないんじゃない? わかんないけどね。

(春日俊彰)どうなのかはわかんないけど、「もう大丈夫だよね?」とか言って帰っちゃっていたよね。「帰るの、早いな」って。そこまで、だからネタを……モメるっていうか「どうしようか?」っていう風になってないといえばなっていないんだけど。空気的に。「それにしても早く帰るな」とは思っていたよね(笑)。

(若林正恭)うんうん。だからすごい言いにくいんだけど、俺が受けた印象、めちゃくちゃ仲いい感じではなかったよね。なんか。それは、どうなの?(笑)。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! ああ、そう?

(若林正恭)別になんか「楽しかった」っていう感じ?

(春日俊彰)「楽しかった」っていうのもあるし。それももちろんあるけど、トリだからさ。あそこにずっといるのが小声で「これ、どうします?」みたいな話もちょこちょこしていたんだよね。ネタの……まあ、もう作ったもんだからどうにもならないんだけどさ。「あんまりしっかりとやらない方がいいのかな?」とか。「いや、逆にちゃんと……」とか。いろいろとそういうのもあったから。結構タフだったね。待っている間に。それでひとつ前に若林さんとくっきーさんがもう訳のわかんない……(笑)。

もう後ろで2人で震えていたんだから。「これ、どうしよう……」って。まあ、もうどうにもできないんだけどさ。ネタを変えるわけにもいかないし。なんか血まみれとかにもなっているしさ(笑)。「うわっ、えらいことになっている!」っつって。「いじった方がいいのかな?」って。「やっぱり1回、いじってからネタをやった方がいいのかな? 逆にいじらない方がいいのかな?」って迷っていたね。山里さん、直前まで。

(若林正恭)はいはいはい(笑)。

(春日俊彰)それぐらいだったから、ネタに入るまでが結構大変だったなっていうね。とは思っていたな。

(若林正恭)ああー、そうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました