スポンサーリンク

オードリー TAIGAの『アメトーーク!』での振る舞いを語る

オードリー TAIGAの『アメトーーク!』での振る舞いを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク

オードリーのお二人が2021年1月23日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中で先輩芸人TAIGAさんの『アメトーーク!』「40過ぎてバイト辞められない芸人」出演を振り返っていました。

(春日俊彰)やっぱりだから、キサラになっちゃうんだよね。我々は。

(若林正恭)だって俺たち、「キサラ出身」だもんな。それで俺、この間、吉本の有楽町のライブを見に行く時にいろんな芸人さんのスケジュールを調べたわけ。「お笑いをやるなら吉本だな」って思ったよ。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! 今更?(笑)。

「お笑いをやるなら吉本だな」

(若林正恭)だってさ、スケジュールを見たら「この人たちが待ち時間、自分たちの時間まで楽屋でしゃべっているんだ」って思って。そう思ったら、それは面白くもなるし。それで「漫才のあそこがこうだ」みたいな話もしゃべるだろうし、プライベートのこともしゃべって。それで一緒に成長していって、テレビに出始めて。それで一緒に絡んだら、それはうまくいくし。

(春日俊彰)そうよ。そのままやればいいんだから。

(若林正恭)だって俺たちだって、バー秀とビトタケシとゴールデンをやると思ったら、もうこんなにやりやすいことないよな?

(春日俊彰)ないないない。なんの不安もないよ。こう来たらこうなるってわかる。その先がわかるから。

(若林正恭)TAIGAさんとダブルネームとミラクルひかると俺らで番組をやっている、みたいなことが起こってるってことだもんね。吉本の芸人さんって。そしたらもう、やりたい放題だよね。で、たまたまダブルネームとTAIGAさんがそうでもなかったっていう話なだけで。ミラクルはね、あれだけども。

(春日俊彰)フハハハハハハハハッ! そうだね(笑)。そういうことだよ。

(若林正恭)まあ、TAIGAさんもわかんないけどね。『アメトーーク!』で。

(春日俊彰)わからんよ。

(若林正恭)こうなってくると。

(春日俊彰)いやいや、そうよ。よかったよね。『アメトーーク!』ね。

(若林正恭)でも、気付かれてないけど。あのオンエアーでは。やっぱりドシッとしすぎてない?(笑)。

(春日俊彰)たしかにね(笑)。

(若林正恭)やっぱり、ドシッとしすぎているよね? うん。

(春日俊彰)もっと席を立ってもよかったよね?(笑)。もちろん、全然面白かったけど。

(若林正恭)もちろん、面白かったよ(笑)。俺たち、知ってるからね。

ドシッとしすぎているTAIGAさん

(春日俊彰)もうちょっと5GAPさんにガッと行ってほしかったよね。一緒に立ったりしてもよかったよね?(笑)。

(若林正恭)フフフ(笑)。でも、やっぱりあそこまで喧嘩が強くて地元のヒーローだと、席を立って「ちょっと!」ってことがないんじゃない? 人生で。やっぱり30後半からはできないでしょう、だって。「ちょっと!」は。うん。

(春日俊彰)たしかになー。

(若林正恭)それで俺、思った。スケジュールを見て。「お笑いやるなら吉本だな」と思って。

(春日俊彰)いや、そうよ。

(若林正恭)テレビがそうだもんな。やっぱりな。キサラ……変な芸人だよな。オードリーって。キサラ出身で。それで、ナイツの浅草の漫才協会ほどポップに響かないじゃん。ショーパブって。あんまり知られてない感じだけどな。

(春日俊彰)そうね。うん。まあ、でもそれはしょうがないよね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました