スポンサーリンク

宇多丸・Creepy Nuts・サ上 RHYMESTER『前略』を語る

宇多丸・Creepy Nuts・サ上 RHYMESTER『前略』を語る AbemaTV
スポンサーリンク

宇多丸さんCreepy NutsのDJ松永さんとR-指定さん、サイプレス上野さんが2020年4月8日放送のAbemaTV『水曜THE NIGHT』の中でライムスターの過去のアルバム楽曲についてトーク。アルバム『ウワサの真相』より『前略』について話していました。

(DJ松永)次は2001年に発売されたアルバム『ウワサの真相』です。傑作です、これ。最高です!

(R-指定)傑作アルバム『ウワサの真相』ね。これから……。

(宇多丸)また『前略』かよ! オールナイトで……。

(R-指定)いや、ずっと『前略』ですよ!

(宇多丸)「ずっと『前略』」ってなんだよ!(笑)。

(DJ松永)いや、このアルバムは本当に全曲、粒ぞろいすぎて震えますし。

(宇多丸)「禅譲」にしますか?

(DJ松永)あの、ウタさん。静かにしてください(笑)。

(宇多丸)フフフ(笑)。

(サイプレス上野)もうしゃべりたくてしょうがない(笑)。

(DJ松永)どうぞ、Rさん。

(R-指定)でも、この……散々好き放題やって「どうぞ、Rさん」って(笑)。でも、この『前略』はホンマに俺らCreepy Nutsがもうすごいライムスターの中でも大好きな曲なんですよ。で、この『前略』のウタさんのバースは泣けるんですよね!

(DJ松永)泣ける!

(宇多丸)そうなのかね?

(DJ松永)2人とも、もうフル泣きできる!

『前略』の宇多丸バースは泣ける

(R-指定)そうなんですよ。このね、「前略 What’s up My 童貞時代」っていう入りから……当時、これを聞いてる時に俺はまさしく童貞でしたし。で、「未来は全てお前のその腕次第」っていう。それで「どう運転したい?」とかあるんですけども。「社会の一歩手前 いわば安全地帯 ほぼ他人事だろ TAXや電気代 そのくせやっぱセックスは実践したい」っていう。

(宇多丸)「TAX」と「セックス」っていうね(笑)。

(R-指定)素晴らしいライムですよ! で、これ全然、不良でもインテリでも普通のやつでも全員が通る、全員が思う感情っていうか。それで散々ね、言っていって。それで「気になってしょうがねえべ他人の目 今となっちゃそんなもん もう屁でもねえ そこらの雑誌とか呼んで しょうもねえ一語一句がお前にとっちゃとどめ」っていう。これ、どんな止めをウタさんが当時、刺されてきたのか?っていうのも結構、やっぱりラジオを聞いていて「ああ、こういうのが当時、ウタさんにはグサグサと突き刺さって傷ついてきたんだな」っていうのも今となってはわかるんですけども。だから俺らにとってもたくさん、こういうとどめを刺されまくってきた人間やからこそ、ここがグッとくるし。

(宇多丸)あと、この「とどめ」からのさ、「目処」とか「とめども」って。ここのね……。

(R-指定)「テレコ韻」ね。上手い!

(サイプレス上野)「テレコ韻」(笑)。

(DJ松永)ウエーイ!

(宇多丸)構造ね。この構造。

(DJ松永)フフフ、急に誇りだしたよ?(笑)。

(R-指定)それでまた、「夢フカすだけで当然芽も出ねえ」っていう。この「芽も」って同じ響きをつないでいっているっていう。

(宇多丸)構造ね!

(DJ松永)そう。韻の構造よ?

(宇多丸)これね、ちゃんと建築的によくできているからね?

(R-指定)これは「他人の目」から続いていますからね。「屁でもねえ」とか。これ、響きとしても気持ちいい、文章としても気持ちいいっていう。これ! いいですね。でも、それはやっぱり早い話がよくいる普通の中坊の話なんですよ。普通の中坊やけども、こんだけいろんな思いが詰まっているんですよ。「普通の中坊」って言って切り捨てることもできるけど、そいつの中身はこんなパンパンないろんなねえ思いとかがある。で、「お前の取り柄は唯一、無数の希望」っていう。未来の……。

(DJ松永)俺、もう泣きそうだわ……。

(R-指定)ここ、ヤバいよな?

(DJ松永)もう泣くよ。

(宇多丸)お前、本当に泣くからな?(笑)。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

本当に泣くDJ松永

(R-指定)この「お前の取り柄は唯一、無数の希望 言い換えりゃ選択肢は無限大だ たとえば今とは異なる現在が待っているかも あとは任せた P.S.……」。

(R・松永)「そのシャツ、マジだっせーな!」。

(DJ松永)泣いてます! これ、言っている時はもう泣きながらですから!

(R-指定)この締めがね、すごいグッと来るんですよ。

(DJ松永)グッと来る!

「P.S. そのシャツ、マジだっせーな!」

(DJ松永)いや、ウタさん、やっぱり普通の男の心のやわらかい部分を一番刺激できるラッパーだよね。ぶっちぎりで。もう聞いていて本当にドキッとする。本当のウタさんのラップを聞いていると。

(R-指定)心のやわらかいところを本当にね。「僕の心のやわらかいとこを今でもまだ締め付ける♪」なんすよ! 「あれから僕たちは……♪」なんすよ!(笑)。

(宇多丸)やっぱりね、人体で言うとその蟻の塔渡り的な、一番弱い部分を……?

(DJ松永)もう本当に「ここが蟻の塔渡りだよね?」ってなぞられるっていう。ウタさんに(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)「ここだよね、君?」って。

(宇多丸)「ここだよね?」「はぁん!」って(笑)。

(DJ松永)「はうぅーっ!」「前略!」みたいな(笑)。

(R-指定)前立腺やん(笑)。

(DJ松永)『前略』が俺の塔渡りをなでたんですよ(笑)。

(サイプレス上野)フフフ、お前ら、ちょっとバカにするんじゃねえよ(笑)。

(DJ松永)だって上野さんも塔渡り、なでられたクチでしょう?

(サイプレス上野)「はふぅ!」って(笑)。けど、横でウタさんがこんな縮まっていくのはじめて見たから(笑)。なんか、骨抜きにしすぎだよ(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
AbemaTV
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました