スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸・R-指定・DJ松永『ミッドサマー』を語る

宇多丸・R-指定・DJ松永『ミッドサマー』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年3月24日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』にゲスト出演。R-指定さん、DJ松永さんと映画『ミッドサマー』について話していました。

(宇多丸)まあでもね、元をたどればやっぱりラジオエキスポというTBSラジオが失態をおかしかねないという件を全力を賭して盛り上げた結果、そのしわ寄せとしてのこの現在の出演、そしてその先ほどの『桜坂』による軽滑りというのがありますから。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)もう自認しちゃったよ(笑)。

(R-指定)たしかにあの日のウタさんの働きっぷりを見て、「やっぱりこの人、超人やな」って思ったもんな。エグかった。

(DJ松永)一番背負っていると思いましたよ。

(宇多丸)そうなんです。だから全てを背負ってるが故の……だからもう、キリスト的なことですよね? 原罪を……TBSラジオの原罪を背負って。私は今、十字架にかけられています。

(R-指定)フフフ、松永、メール(笑)。

(DJ松永)(メールを読む)「ええと、じゃあそろそろ映画の話、しとく?」(笑)。

(R-指定)お前な……ホンマに失礼(笑)。

(DJ松永)これはよくない(笑)。

(宇多丸)よくなくない。よくなくなくなく……。

(一同)なくなくなーい?

(R-指定)スチャダラパーですよ。

(宇多丸)もう全然いいんですよ。こんなことはいいんですよ。映画の話をしているのも事実。ファクトですからね。皆さん、これね、なんだ? ポスト・トゥルースの時代にちゃんとファクトを追求しいて偉いなー。さすが、こんな世の中にこんなファクトを追求してるバングには他にあるだろうか? いや、ない。(反語表現)。

(DJ松永)フフフ、これは攻撃だよ?

(R-指定)攻撃。グサグサと下から刺さっているから。

(DJ松永)普通に聞いていてもこれ、攻撃だからね(笑)。

(宇多丸)いやいや、まあまあ、映画の話……映画の話なんてね。

(R-指定)いや、こいつこのウタさんに映画の話をお聞きするという意味をわかっていない。本当よ。

(DJ松永)そうかー。でも、おすすめ……Rさんとかは?

(R-指定)俺ですか?

(宇多丸)最近、なんか映画、見た?(笑)。

(DJ松永)Rさん、なんか最近、映画見た?

(R-指定)俺、でも最近結構ホラーをブワーッと見ていたんですけど。『ミッドサマー』とかも見て上がって。でも最近、ぶち上げのテンションになったのは『初恋』。楽しかったですね。

(宇多丸)ああーっ! あの三池崇史さんの。俺、まだ見ていないんだよね。

(R-指定)普通に超楽しい。

(宇多丸)ああ、本当? ベッキーさんがすごいんだよね?

(DJ松永)えっ、ベッキーさんが?

(R-指定)ベッキーさん、超かっこいい! あのね、まあ「悪女」っていうわけじゃないですけど、とにかくね、ド派手アクション。もうバッサバッサと。

「『初恋』のベッキーがすごい」(R-指定)

(DJ松永)どういう映画? ホラーとは違うの?

(R-指定)じゃないですね。アクション映画。

(宇多丸)三池崇史さんがちょっとぶっ飛んでいる時代の感じに戻ってきたなんて言われてますけどね。

(R-指定)めちゃめちゃ面白かった。

(DJ松永)『初恋』ね。

(宇多丸)そういう松永さん、最近何を見たの? 一番最近で何を見たの?

(DJ松永)一番最近? 『ミッドサマー』を見ました。

(宇多丸)ああ、なんか見たらしいね。あなた、だってそういうの苦手なんじゃない?

(DJ松永)無理なんですよ。それで朝井リョウっているじゃないですか。あいつがすごく……「去年の夏に『ミッドサマー』が日本で公開されるって発表された時からずっとそれを見るために生きてきた。だから一緒に行ってくれ」っていう風に言われて。でもホラーらしいから怖いなと思っていて。でもポスターとか見るとすごい爽やかじゃないですか。

(宇多丸)ええ。白夜が舞台で明るいんですよ。

(DJ松永)それで俺、血が無理なんですよ。グロいのも怖いのも無理だからRさんに「『ミッドサマー』、グロいかな? 大丈夫かな?」って聞いたら「いや、グロいシーンとかも全然文脈とかも関係ないんで。そことかも見なくても全然わかるし。全然、怖いとかじゃなくて」「へー。そうなんだ」とかって思って。それで見に行って2、30分後には「ああ、R。殺す。帰ったら殺す」って思って。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(宇多丸)結構ね、いろんなのがある中でもグロみというか、ヤダみだよね。ああいうね。

『ミッドサマー』のグロみとヤダみ

(R-指定)でも、あれじゃないですか。そこがハードルになって見ないのはすごいもったいないなって俺は思ったから。こいつはたぶん血とかグロいっていうワードだけでシャットダウンしちゃうから。「いや、そういうことよりかはもっと違う楽しみがあって……」っていう風に。

(DJ松永)血のワシとか、すごかったよ?(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ! 血のワシね(笑)。

(DJ松永)本当に……やめろよ、お前。ああいうことをするの。ああいうことをするの、やめた方がいいっすよ。

(宇多丸)でも「そういうこと、やめろよ」っていうようなことを描く監督ではあるからね。

(DJ松永)そうなんですか?

(R-指定)前作の『へレディタリー/継承』っていうやつもぜひ。

(宇多丸)朝井さんはたぶんその前作がお好きだったんでしょうね。それだけお楽しみにされていたっていうことはね。

(DJ松永)ああ、そういうことなのかな? なんか「ディレクターズカット版を見に行く」って言っていましたよ。

アリ・アスター監督インタビュー

(宇多丸)ああ、そうですか。私、ちょうど今週が……すいませんね。映画の話、結局しちゃってますけども。今週、番組でやる映画評は『ミッドサマー』になりましたから。またね、監督にインタビューとかもしていますからね。監督、いいことを言ってましたよ。名言で。「肉体はいつか僕らを無条件で裏切る」って。だから要するに、ああいう痛みとかさ、まあ苦しみももちろんそうだけど。逃げられないじゃないですか。途中、描写でさ……まあ、なかなかネタバレになるから言えないけども。ほら。「大丈夫かな?」って。「大丈夫だ」っていう風に望んでやってる人も結局、その痛みとか苦しみには耐えられないんじゃんっていう。

(DJ松永)ああーっ、なるほど!

(R-指定)俺、でもあそこの描写がすごいフェアやなって思いましたよ。「うわあ!」っていう。

(宇多丸)「やっぱり嫌なんじゃん! 別に割り切ってねえじゃん!」みたいな。あと、その手前でさ、「古くからの知恵」みたいな感じで。「お薬をどうぞ……」なんて。嘘じゃねえかよ!って(笑)。

(DJ松永)「うわっ、うわっ、うわああああ~~~!」っつってましたよね?(笑)。

(宇多丸)だから、そういうのだよね。一見、スピリチュアルに見えるけど、やっぱりスピリチュアルってちょっとさ、肉体が勝っているんじゃんみたいな。あそこが面白いところでしたよね。

(DJ松永)あの瞬間もすごいつらかったですよ。本当に……お薬、効いていてほしかったって本当に思いましたもん。「はあっ!」って俺も思った。

(宇多丸)楽しんでいるんじゃんね。

(R-指定)「怖い」とか「うわっ!」ってなるっていうことは、ホラーを楽しめるんだろうなって。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました